少し霞んだ五月晴の午後は新緑の落葉松日和

GWも中盤を迎えて気温がぐんぐんと上がって来た、今日この頃。

その代わり、お天気の方は少しずつすっきりしない空模様になって来たようです。

観音平から甲斐駒東京から列車で3時間ほど掛けて登って来ると標高881mの小淵沢駅。もう気温は25度目前と夏を想わせる昼下がりですが、そこから車で僅か20分ほど走れば、標高は一気に1500mを越えて気温は18度程とぐっと涼しい場所に到着します。この時期ならくっきりとした雪渓が眺められるはずの観音平から望む甲斐駒ですが、霞んで空に溶け込んでしまっています。

落葉松と山桜1観音平から少し下っていくと、一面の落葉松林。林の奥に白い花が見えています。

落葉松と山桜2林の中の小路を入っていくと、まだ花を咲かせている山桜が。

落葉松の新緑とのコラボレーションが楽しめるのも、1400m弱とちょっと標高が高いこの場所ならでは。

陽射しが差し込んでいても空が何となく霞んでいて遠望が利かない、そんな時にちょっと楽しみたいのは、八ヶ岳山麓ならではの落葉松の新緑です。

観音平の落葉松新緑3周囲は落葉松の若々しい緑に囲まれます。

観音平の落葉松新緑4鬱蒼とした林の中で輝く新緑。

人工林でもある落葉松林ならではの景色。

観音平の落葉松新緑1枝の先には可愛い若芽がびっしりとついています。

観音平の落葉松新緑2午後の日差しをいっぱいに受け止める落葉松の若芽。落葉松の人工林らしい、鬱蒼とはしていても明るい林間を生む理由はこの透き通るような小さな葉のおかげ。

牧草と八ヶ岳観音平から野辺山に足を延ばしても相変わらずの霞んだ陽射し。それでも5月を迎えて牧草の緑は美しく輝き始めています。

恵みの森の落葉松3野辺山で落葉松を楽しめる場所は多々ありますが、昨年末から解放された筑波大学の演習林「恵みの森」もそのひとつ。展示林となった落葉松林の向こうに野辺山天文台のパラボラアンテナ群を望みます。

恵みの森の落葉松4午後の陽射しを浴びるぐっと背の高い林冠部の新芽は黄緑色に輝いています。

恵みの森の落葉松5演習林なので、こんな小さな落葉松の幼木もあったりします。

恵みの森の落葉松2細い枝の先で若芽を開き始めた落葉松の幼木(トリミング済み)。

恵みの森の落葉松1可愛い落葉松の若芽。まるでリズムを刻むかのように、枝先に向かって芽を開いていくようです。

鉢巻道路の桜と新緑名残の桜を前に夕暮れの鉢巻道路の落葉松と赤松の混交林。

桜と針葉樹の新緑が交わるのも落葉松林ならでは。

落葉松の緑と赤松の緑が僅かに違う緑を湛えているのが判りますでしょうか。

水田の水面麓に下ると、水田には水が張られ始めました。

時刻は5時を過ぎたにも拘わらずまだ日差しがたっぷり。霞んだ空の向こうに西日がゆっくりと下っていきます。

南アルプスから続く山並みが途切れ、日が沈む先に位置するのは諏訪大社上社。明日から数えで7年に一度の盛儀、御柱祭のクライマックスとなる里引きと建御柱が始まります。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中