新緑の八千穂高原とトウゴクミツバツツジ(2016.5.21)

お天気の良い週末。

穏やかな朝の陽射しに、これはきれいな水田の水面が撮れそうだと、いそいそと家の片づけを進めているうちに、徐々に山からの吹き下ろしの風がきつくなり、こりゃあかんと。

そんな訳で、ちょっとシーズンより早いのですが、緑溢れる場所に足を延ばしてみます。

八千穂高原の新緑8緑溢れる木漏れ日に包まれる、白樺林。

東洋一を謳う、八千穂高原の白樺自生林の小路です。

八千穂高原の新緑6

八千穂高原の新緑9

八千穂高原の新緑4残念ながら、名物のレンゲツツジはまだ蕾。

それでも白樺の新緑から零れる、薄い緑色に囲まれるのは、とても気持ちの良いひと時。

八千穂高原の新緑2

八千穂高原の新緑5

八千穂高原の新緑3

八千穂高原の新緑1標高1600mに位置する農業用の大きな溜池でもある八千穂レイクの周りは白樺だけでなく、多くの木々の新緑に囲まれています。

少し眩しい陽射しを遮ってくれる周囲の林に囲まれた遊歩道をのんびりと散歩するには丁度いい気温18℃。

静かな黄葉の秋とは違って、新緑のこのシーズンはまだ生まれたばかりのエゾハルゼミの心地よい(ちょっとにぎやかででしょうか)鳴き声に囲まれます。

八千穂高原の新緑10やっぱりレンゲツツジには早すぎたか…と残念がっていると、白樺林の遠くに紫色の花が見えてきます。

八千穂高原のトウゴクミツバツツジ7淡い紫色の花を付ける、トウゴクミツバツツジ。レンゲツツジより少し早く見ごろを迎えていたようです。

八千穂高原のトウゴクミツバツツジ4

八千穂高原のトウゴクミツバツツジ6

八千穂高原のトウゴクミツバツツジ1朱に染まるレンゲツツジは少し色がきつくて苦手という方も、トウゴクミツバツツジの少し柔らかな紫色には惹かれるのではないでしょうか。

八千穂高原のトウゴクミツバツツジ5

八千穂高原のトウゴクミツバツツジ3

八千穂高原のトウゴクミツバツツジ2レンゲツツジのシーズンは、ちょうど梅雨に当たるのでなかなか良い天気での撮影が難しいですし、その時期になると周囲の白樺を始め木々の緑も色濃くなってくるため、このような軽やかな色合いの躑躅の写真を撮るのはちょっと難しいかもしれません。今だけのお楽しみ。

八千穂高原の新緑7陽射したっぷりの新緑を堪能した、梅雨の前のちょっとしたぜいたくな午後です。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中