梅雨を前にレンゲツツジの森で(2016.5.29)

お天気が不安定な週末。そろそろ梅雨の走りになって来たようです。

それでも日差しが出て来た日曜日の午後に、少し外に出てみます。

昼下がりの八ヶ岳。既に山から雲が降りてきています。

午前中までは穏やかだった風も、午後になると俄然、強く吹き付けてくるようになりました。

P1070471それでも日差しはまだ充分。

5月らしい、菖蒲の花が圃場の脇を彩ります。

P1070486少し山の方に入っていくと、伐採跡で明るくなった林の中にレンゲツツジの群落が出来ていました。

人工林ならではの景色です。

P1070477陽射しが差し込む林の中で花を咲かせるレンゲツツジ。

まだ伐採されてから数年の場所なので、枝ぶりは低く小さいですが、しっかりと花を咲かせています。

P1070481樹冠が広い間にめいいっぱい花を咲かせて枝を広げようとするレンゲツツジたち。草原地帯とは違い、赤松と落葉松が再び枝をいっぱいに広げるまでの僅かな間に自分たちの仲間を増やそうと懸命に花を咲かせています。

P1070495八ヶ岳の懐に登っていく道沿いには、そこかしこでレンゲツツジガ花を開かせています。

P1070500午後の陽射しを受けるレンゲツツジ。標高が1000~1200m程の場所では、既に見頃から散り始めへと向かっているようです。

P1070504周囲には、たわわに花を付けた涼しげな藤が、高い木の枝から下がっています。

P1070503複雑な色合いを見せるレンゲツツジの花。

P1070493手入れをされているのでしょうか、鮮やかな色合いを魅せる、霧ヶ峰牧場の事務所前に咲くレンゲツツジ。

P1070490霧ヶ峰まで上がって来ると、流石にレンゲツツジはまだ花開く前。

それでも、半袖で気持ちの良い陽射しと、例年に比べて1~2週間ほど早いレンゲツツジの開花が、季節の移り変わりを感じさせます。

既に梅雨の前触れを思わせる複雑な雲が広がる八ヶ岳の午後、今夜から本格的な雨模様になる予報です。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中