今月の読本「熱狂する「神の国」アメリカ」(松本佐保 文春新書)カトリック視点で読むアメリカ政治の原動力

今月の読本「熱狂する「神の国」アメリカ」(松本佐保 文春新書)カトリック視点で読むアメリカ政治の原動力

これほど不思議な展開を見せるとは誰も予想していなかったかもしれない、ここ最近の国際政治状況。

特に、あまりに極端な候補者が両党から擁立される事が確定的になった今回のアメリカ大統領選挙の行方は、外の人間から見ると余りに不可思議に思えてきてしまいます。

この状況を誰も読み切れなかった中で執筆の準備がなされ、続々と本屋さんの店先に送り込まれる関連書籍の中で、それを何とか補正するためでしょうか、更に異色なキャッチコピーの帯を巻いて並べられた本書は、内容もアプローチも、これまでの「アメリカ本」とは一線を画す内容を持っています。

熱狂する「神の国」アメリカ今月の読本、「熱狂する「神の国」アメリカ」(松本佐保 文春新書)のご紹介です。

本ページでは著者の前著「バチカン近現代史」(中公新書)もご紹介していますが、本書はその続編として捉えて良い一冊。題名だけ見ると、類書にあるようなプロテスタントの国としてのアメリカ政治における福音派の政治的影響力が描かれるように思われますが、実際にはプロテスタントの動向を描くより遥かに多くのページをアメリカにおけるカトリックとその政治的な影響力の変化を描くために費やしていきます。

前著で触れられたバチカンとアメリカの外交関係を持つ前から現在まで続く水面下での関係や、バチカンの影響力の行使と共に、プロテスタント国におけるマイノリティとしてのカトリックの社会的地位の推移とそれに伴う政治的な影響力の変化を、ケネディの就任をピークとしてアイリッシュカトリックから現在の中南米の移民(サンベルト)への流れとして描いていきます。プロテスタント視点で描かれる本が圧倒的なアメリカのキリスト教関係の書籍で極めて珍しいカトリック視点(著者は前著のあとがきでクリスチャンではないと明言していますが、カトリック系の学校で教育を受けています)で描かれる本書は、やや傾倒気味ながら、それだけでも興味深く読む事が出来ると思います。

カトリック視点でのアメリカキリスト教史が描かれる一方、もちろん主要なプロテスタント宗派の動向とその政治的な影響力、特に各大統領の信仰する宗派から見た影響勢力の変遷についてもきっちりと述べられていきます。更には前著に続いて、新書という限られたページ数にも拘らず要所を抑えた判りやすい記述には特に感心させられます。

交わるところが無いように見えるカトリックとプロテスタントの政治的影響力が、ニクソンからカーターへというアメリカ政治の失望期に、プロライフを代表とした宗教的保守の思想の元で、レーガンを支えていく重要な勢力として纏め上げられ、結果的に共闘する形が採られていくという点を、歴代大統領の通例である記念博物館、公文書館の史料から見出していくのが本書最大の白眉。前著を読まれた方であれば、この共闘の先に冷戦終結の道筋が開き始めたと読み解く事が出来る筈です。また、キリスト教シオニストに言及して一章を起こし、戦前に遡って英国との関係に言及する点は、アメリカが何故イスラエルをこれほどまでに擁護する事への疑問に対する一つの回答として、ヨーロッパ史の研究を主軸に置く著者の面目躍如といえる著述かと思います。

コンパクトに纏められたカトリック視点でのアメリカのキリスト教と政治の切り離せない関わり合いを述べる本書。ブッシュ・ジュニアを支えた福音派とネオコンの台頭と、その後の潜伏状態までで本書の著述は終わっており、オバマ時代の宗教的な動きや帯にあるようにトランプ云々はほんの付け足し程度に述べられるに過ぎません。その代りに最終章で描かれる内容が本書のもう一つのハイライト。アメリカのカトリック礼拝に訪れるだけでなく、福音派の結集力の源泉でもあるメガチャーチで実際に礼拝に参加した体験が述べられていきます。万を超える聴衆を集める集客?力、それを支える魅力的な説教と、広大な土地に散在して生活するバイブルベルトの生活環境における、普段は希薄な対人関係を繋ぎ合わせるコミュニティとしての存在感の大きさに打たれる著者の想いが切々と伝わってきます。

その上で、現法王(著者はやはり教皇と表現しますが)フランシスコと穏健な福音派との相互理解の先に社会的な問題点の解決策を見出そうとする著者の視点は、何処までもカトリック的である所には、やむを得ないとはいえちょっと片手落ちな気もしながら、著者が述べているように、日本では余りにも希薄な宗教を視点から決して逸らしてはいけない事を改めて見つめ直させる一冊です。

熱狂する「神の国」アメリカと類書<おまけ>

本ページより関連する書籍をご紹介。

 

 

広告

雨が上がった夕暮れ(2016.6.25)

梅雨らしい天気が続く日々。

撮影には向かない日々はちょっと憂鬱になりますが、それでも農作物にとっては大事な梅雨の雨。

そんな部屋籠りが続く中で、お天気が回復してきた日曜の夕暮れに外に出た時の一コマを。

P1070868蓼科山と北横岳を目の前に望む蕎麦畑。

小さな白い花が咲き始めています。

P1070856日差しが戻ってきた圃場。

P1070865a綺麗に整えられた田圃にゆっくりと西の空に沈んでいく夕日が雲間から零れてきています。

梅雨空もあと数週間ほど。そろそろ夏の声が聞こえて来そうです。

 

梅雨間の美ヶ原でレンゲツツジを(2016.6.18)

季節が早回りでやって来る今年。

既に奄美は梅雨明けを迎え、時期的にはまだ梅雨の真ん中にある筈のこの界隈でも、土曜日には盛夏を思わせる日差しが降り注ぎました。

梅雨間の晴れ上がった空の下、開花を迎えたとの話を聞いて、界隈でもなかなか行く事が叶わない場所に再び出掛けます。

美ヶ原のレンゲツツジ1八ヶ岳南麓の在所から西へ北へと車を走らせること2時間ほど。

二つの峠を越え、猛暑となった上田平の縁に位置する武石から狭くうねる山道を上り詰めると(いや、普通は松本から上がれば良いかと…)、真っ青な空の下にその花々は山裾で咲き誇っていました。

美ヶ原、想い出の丘の案内看板ビーナスラインの終点、一大観光地である美ヶ原でもルートの関係で直接ビーナスラインからアクセスする事が出来ない裏側に位置する武石側にある、思い出の丘。それでも、シーズン中で珍しく快晴となった土曜日の昼下がりには駐車場が満車(キャパは十数台ですのであしからず。止められない場合は道が狭いですので路駐などせず、2kmほど先にある終点の自然保護センター前の広い駐車場まで進みましょう)になってしまう程の観光客の方がお越しになっていました。

普段なら、車で流しながら撮影をするのですが、せっかくの好天、カメラ片手に稜線沿いの山道を少し散歩してみました。

美ヶ原のレンゲツツジ2思い出の丘方向を振り返って。

足元に見えるのは上田平の街並みです。

美ヶ原のレンゲツツジ3こちらは松本市街側。

美ヶ原のレンゲツツジと北アルプス眩しい日差し、正面に残雪を残す北アルプスの山並みを望みます。

美ヶ原のレンゲツツジ45分ほど山道を登ると、レンゲツツジの花の向こうに思い出の丘のモニュメントが見えてきます。

美ヶ原のレンゲツツジと北アルプス2思い出の丘からは、北アルプスの山並みが一望できます。

遮るものなく水平の稜線と重ねて北アルプスを望めるのは、松本側だけの特権。東京方面からのアクセスは悪く、著名な観光ポイントもなく、美しの塔のようなアイコンもないですが、美ヶ原を語るには是非見ておきたい景色です。

武石峰への小路普段ならここで折り返しなのですが、お天気が良いので更に足を延ばしてみます。

綺麗に整備された歩道が天空に伸びていきます。

美ヶ原のレンゲツツジ5遠くに伸びる山並みは浅間山。高い空の上に筋雲が連なります。

美ヶ原のレンゲツツジ6道沿いに広がるレンゲツツジの花はもう見頃。普段より1~2週間早いようです。

武石峰山頂荒涼としたガレ場に、強烈な風に煽られて東側に枝を伸ばす木が僅かに生える、武石峰の山頂。

遮るものが無い静かな山頂は涼しい風が吹き続けます。

ラジオから流れてくる猛暑を伝えるニュースで語られる気温よりも10度以上も低い、気温21℃。

武石峰と登山道植生の乏しいガレ場の斜面を山道が下っていきます。

真っ青な空は夏を想わせますが、今はまだ梅雨の真っ盛り。

武石峰から王ヶ頭を望んで1正面には空に浮かんだ大地に広がる美ヶ原の草原と、王ヶ鼻、そして主峰の王ヶ頭が見えてきます。

青空の向こう、遥か彼方には諏訪富士とも称される、蓼科山の特徴的な山並みが見えています。

美ヶ原で一番好きなこの景色。良いタイミングで訪れる事が出来ました。

美ヶ原のレンゲツツジ8周囲にはレンゲツツジの群落が広がります。

美ヶ原のレンゲツツジ9

美ヶ原のレンゲツツジ10

美ヶ原のレンゲツツジ11

美ヶ原のレンゲツツジ12

美ヶ原のレンゲツツジ13レンゲツツジの花々をしばし堪能。

足元の道路にはひっきりなしに車が通過していきますが、山道での撮影中に通りかかる方は、ほんの数人。

武石峰から王ヶ頭を望んで2県下随一の観光道路であるビーナスラインの一部として組み込まれるはずであった、美ヶ原の稜線を抜ける道路沿いに点々と広がるレンゲツツジの群落。

武石の峠を貫く有料トンネルへ下るアプローチもはるか昔に閉鎖され、台地の頂上部を抜ける道へはもはや繋がることは無いこの道を行く全ての車、自転車は1km程先にある終点の自然保護センターで折り返してくることになります。

観光地としてマイナーな状態から何とか脱却したいと願う松本市は、今年から途絶えて久しかった路線バスの乗り入れを久しぶりに再開(昔の駒越林道経由ではなく、美ヶ原林道経由。松本に下って来る時に2便とすれ違いました)しましたが、正面に見える王ヶ頭の向こうに広がる一大観光地としての美ヶ原とは別世界のように静かなこの場所。

道路沿いの崩れた山裾と、森の中に点々と存在する牧場の、のんびりした景色を眺める度に、この天空に広がる地の複雑な歴史に思いを馳せながら。

夏至間近、夕暮れの諏訪湖再び下って、夕暮れの諏訪湖にて。

夏至を間近に迎えた日差しは、杖突峠側からぐっと北に寄って塩嶺の正面へと下っていきます。

日曜日の今日は再び梅雨空に戻った八ヶ岳南麓。本当の盛夏はもうしばらく後になりそうです。

 

今月の読本「憲法改正とは何か」(阿川尚之 新潮選書)理想の元となった原典へのアプローチ

今月の読本「憲法改正とは何か」(阿川尚之 新潮選書)理想の元となった原典へのアプローチ

昨今、とかく話題になるこの表題。

本題のテーマとしては絶対に手を出さないのですが、著者を見て、そして副題(キャッチーな主題と帯に気を取られると選択を誤るのが、このシリーズの玉にキズ)に惹かれて、これは読まねばと手に取った次第。

現在では、ちくま学芸文庫に収蔵されている名著「憲法で読むアメリカ史」の著者、アメリカでのロイヤー経験を有する阿川尚之先生が再び一般向けに贈る、アメリカ憲法を解説した一冊です。

憲法改正とは何か今月の読本「憲法改正とは何か」(阿川尚之 新潮選書)のご紹介です。

本書も前著と同じ、アメリカ合衆国憲法について書かれた一冊ですが、アプローチはやや異なります。前著が合衆国憲法の成立とその後を、憲法制定者達、そして憲法の最終判定者ともいえる合衆国最高裁判所の首席判事「コート」たちの判例の変化から読み解き、アメリカの歴史を著述するという、アメリカ史の著作としては極めて独創的なアプローチが話題を呼んだ訳ですが、本書ではその特徴であった通史としてのアメリカ史、合衆国憲法史が描かれる訳ではありません。

本書でも同じように合衆国憲法の解釈を基軸に置いていますが、そのアプローチは合衆国憲法の成り立ちを軸に置き、立法に与えられた憲法修正の権限の起源と修正条項成立の経緯、施行し時には超越する行政の運用。判例の積み重ねで乗り越え、確立した司法の違憲立法審査権という権能。それぞれの権能が有する憲法解釈の加え方の方法論を三権それぞれから個別に事例を挙げて列挙していく、合衆国憲法における憲法解釈を行う際の事例集といった纏め方になっています。従って、前著を読まれた方は内容的にある程度重複してしまうと思いますし、歴史的な連続性を確認しながら読まれたい方にとっても、やや読み辛い印象があるかもしれません。

更に言えば、本書を手に取られた多くの方が期待する、日本の憲法について本書を通して述べる事を著者は実質的に拒否(それでも1章を起こして、誤謬を含む事を当然として傍証を述べていますが、はじめにで、きっぱりと結論を述べる事は否定しています)しています。前著をそれこそ枕元に置いて繰り返し読むほど気に入っている私としては、著者のその見解に大いに同意した上で、本書を読んだことを述べておきます。

一方で、アメリカ通史など全部読んでいられない((全)と付されているにも関わらず、前後が大分圧縮された前著のちくま学芸文庫版でも約460頁、原著のPHP新書版は上下巻で600頁強)、とにかく合衆国憲法制定の経緯と修正の事例やきっかけを手短に理解したいという方には、本書の方が叶っているかと思います。特に前著ではどちらかというと判事たちの思想や法解釈感といった人物を軸に置いていましたが、本書ではむしろシステム、具体的に憲法解釈を変えていこうとするベクトルとそのアプローチ(もちろん拒絶例も含む)ついてより詳細に描かれていきます。

やや断片的な内容に終始する本書ですが(お時間が許す方は、是非本文だけでなく、註も読んで頂きたいです。本文より面白いかも)、それでも歴史的な成り立ちが合衆国憲法にとって特に重要な事を改めて示すように、「ザ・フェデラリスト」におけるジェームズ・マディソンの記述を繰り返し引用してきます。成立の時点から、契約社会として成立した植民地における危急に際して、統合の実として、とにかくその延長線である成文憲法を求めた制定者達と、それを阻止せんとした反対派への妥協としての改正方法の盛り込みと見做されがちな憲法改正条項(5条)ですが、著者は制定者達にとってもその危急さ故に完璧さに自信が持てない、それ故に改正の余地を残した(更には、それを実証する為に権利章典を承認させるように働きかけた)と見做してきます。制定者達の着目点も判断も今となっては知る事は出来ませんが、それでも現在の憲法判断に於いて、制定者達を想定した判例を積み重ねていく点を観ると、その制定の思想、理想を今でも掲げ続ける想いが見えてきます。

その上で、修正条項を提起して承認する、判例を積み重ねて既成事実として定着させる、時には解釈によって乗り越えていく。そのアプローチは様々ですが、共通する内容として理想は決して歪めず、事実と社会性の変化に基づいて適用を変えていくことで、憲法自体の価値を築き上げていくという点があると思えます。その際には、築き上げてきた判例の性急な変更は決して望ましい物ではなく、その経過した年月の重みも加味することが必要であることを述べる点は、社会安定性という観点からも着目すべき事柄かと思います。

著者が繰り返し述べるように、全文を書き換える様な改正を行えば、基準法典としての憲法の安定性を損なうことになりますし、それは革命と同義になってしまいます。また、社会的な要請をその都度書き込むと、これはまた変化に付いていけない時代遅れの条文が連綿と受け継がれる結果になってしまいます。それでも、変わらない、最古かつ最長寿の成文憲法といわれる(実質的には違いますが)合衆国憲法にも27の修正条項が付記される一方、その改正は決して容易ではなく(議員の2/3の賛成と州の3/4の批准が必要、日本の場合は議員の2/3は変わらないが、国民の過半数)、昨今では修正が極めて困難となっている事も述べられています。

改正は決して容易ではなく、大きな社会的要請や変化が充分に満たされた時にかぎり修正されるようにも見受けられる合衆国憲法ですが、リンカーンやルーズベルトの例を用いて、修正を行わず、時にその憲法解釈の拡大適用による危機の克服を述べると共に、終身制で憲法の最終判断者でもある最高裁判所判事たちの判断がたとえ下ったとしても、実際に施行するのは行政府であり、戦中や明らかに社会的に不適正な判決であればそれを執行する力は司法にはない事も明確に述べていきます。行政府と立法、司法が鋭く睨み合ったニクソンの事例を用いて、その理想が最後の最後で守られたと著者が述べる度に、共和制というシステムが極めて微妙なバランスの上で成り立っている事を思い知らされると共に、その理想の結集点としてのアメリカ国民の合衆国憲法への想いの強さを感じさせます。

最終章に述べられる日本国憲法の議論は、本質的に著者が望んでいらっしゃらないようですので割愛しますが、暗示として述べる「アメリカ人は憲法を大切にするが、神聖視しない。それに対して日本人は憲法を神聖視するものの、それほど大切にはしない」という一文だけ引用しておきます。

この国の現用憲法制定の歴史、そしてそれを提案した人々が理想として見た原典の成立と、それを現有の物として使い続けるために加えられてきた積み重ねの歴史をその方法論から述べる本書。その理想を更に推し進めるために織り込まれた仕組みをどう理解し、使いこなすかは我々自身に課せられた課題なのかもしれません。

著者が述べるように、憲法は解釈せずして運用できず。その解釈は時代と共にゆっくりと変容し、織り込まれた仕組みはその時のために備えられているものだから。

「憲法改正とは何か」と「憲法で読むアメリカ史」本書を読まれて、アメリカの憲法にご興味を持たれた方は是非お読みいただきたい、同じ著者の「憲法で読むアメリカ史」。現在は、ちくま学芸文庫版のみ入手可能です。

<おまけ>

本ページでご紹介している、関連する書籍を。

雨上がり、麦秋の午後(2016.6.5)

梅雨入りが発表された6月最初の日曜日。

朝からのどんよりとした空模様は、夕暮れ前になると、雲が晴れて青空が広がり始めました。

P1070667富士山がうっすらと見える圃場には、広々と麦畑が広がります。

ここ数年で周囲にも広がってきた麦畑、梅雨の晴れ間の青空の下で、黄金色に実りの頃を迎えています。

P1070669西に目を向けると鳳凰三山と、甲斐駒。

山に囲まれた標高の高い圃場は、空に手が届きそうです。

P1070660八ヶ岳の上にあった雲も、少しずつ流れ始めています。

雨に洗われた青空が眩しい夕暮れ。

P1070675

P1070692

P1070683

P1070653

P1070639暫し、黄金色の麦の群れに酔いしれてしまう夕暮れ時。

刈り入れまではあともう少しですが、今シーズン、このようなお天気の良い麦秋に恵まれるのは、あと僅かかもしれません。

夕暮れの圃場雨上がりの圃場の先に、ゆっくりと夕日が沈んでいきます。

 

 

曇り空の梅雨の午後は「緑響く」(御射鹿池2016.6.4)

八千穂高原から車を駆って麦草峠を越えると、八ヶ岳の西側へ。

標高2000mを軽く超える峠の界隈は、下界の初夏を思わせる気候とは一線を画す、まだ春先の様子を留めています。

落葉松の緑曇り空の中で瑞々しい緑色を湛える、落葉松の若葉。

黄緑色の小さく細い葉で山肌が染められるこの時期、標高が高い日差しが雲の向こうに隠れてしまった麦草峠界隈の気温は12~3℃。風が吹けば、半袖だと鳥肌が立つほど。

落葉松の緑2森の中を抜けていくと、落葉松の緑に包まれます。お天気は勝れない分、しっとりとした緑が楽しめます。

緑響く御射鹿池4八千穂高原から峠を越えて1時間ほど、何時もの場所に戻ってきました。

奥蓼科、御射鹿池です。

こちらもレンゲツツジが咲き始めています。

緑響く御射鹿池6まだ見頃とまではいきませんが、一部の木では満開近くまで花を開かせています。

緑響く御射鹿池5お天気の悪いときこそ、この場所は緑が深まります。

風は少しありましたが、湖面も穏やかな水面を魅せています。

緑響く御射鹿池7白樺の向こうに緑が広がる午後。

湖畔を歩く人も少なく、落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

緑響く御射鹿池3湖畔の向こうに広がる落葉松林の足元にはレンゲツツジが僅かに蕾を付けているのが判ります。

緑響く御射鹿池2弱い日差しが移り変わり、ほんの少し明るくなった時、湖面の緑と山の緑が混じり合っていきます。

緑響く御射鹿池1しっとりとした緑を楽しむ事が出来る、梅雨時ならではの御射鹿池。

梅雨時の八ヶ岳にお越しになって、お天気が悪くて残念…と思った時には、ちょっと観光名所を離れて、森の中に入ってみるのは如何でしょうか。きっと素敵な「緑響く」に出逢える筈です。

【ご注意andお願い】

只今、御射鹿池の湖畔では周辺環境整備事業(湖畔道路の拡張、付け替えと、湖畔遊歩道の整備)が進められており、湖畔部分では大規模な伐採と重機を使用した道路の付け替え工事が終日実施されています。

御射鹿池周辺は元々駐車場が少ないため路肩駐車をされる方が多く見られますが、現在片側交互通行のため、路肩への駐車は一切できません(規制は8月初旬まで)。また、湖畔沿いの駐車場(3か所)のうち、麓側の1か所と、明治温泉側の半分は工事関係施設設営のため、駐車できなくなっています。現在の湖畔周辺の最大駐車台数は10台にも満たない状態です。無理な駐車は工事の迷惑(重機が頻繁に行き交います)ともなりますので、現地誘導員の指示に従ってください。

なお、御射鹿池に登るアプローチルートの麓にあるもう一つの溜池、笹原溜池(真田丸2話で撮影に使われていましたが)での撮影をお考えの方へ、現在溜池は水を抜いての工事が行われており、堰堤自体も切っています。入口は駐車スペースを含めてゲートで封鎖されており、池自体も暫くは湛水される事はないと思われます。

梅雨を前に、ちょっと早くレンゲツツジが満開となった八千穂高原へ(2016.6.4)

季節の巡り替わりが例年以上に早い、今年。

仕事が一件はねて、少し肩の荷が下りた週末(実は、はねた仕事に力入れ過ぎて、更に追い打ちを掛けるネタを放り込まれた末の現実逃避中とも謂う)、梅雨を前に既に見頃を迎えたとの皆さんからの報告を受けて、普段であれば2週間ほど遅く訪れるはずの八千穂高原に、再び足を運んでみます。

麦秋の午後自宅近く、三分一湧水の麓には、この辺りでは珍しい、麦畑が広がります(以前は水田だった筈ですが、標高が高い場所の為でしょうか、転作したようです)。今日は甲斐駒も雲の向こう。梅雨の走りのようなはっきりしない空模様です。

梅雨前の八千穂高原レンゲツツジ3八千穂高原まで上がってみると、既に白樺林の中は、レンゲツツジの花に包まれていました。

レンゲツツジと白樺のコラボレーション。八千穂高原ならではのお楽しみですが、周囲のあらゆる場所で楽しめます。

梅雨前の八千穂高原レンゲツツジ6白樺林の散策路をてくてくと歩けば、お気に入りのポジションがきっと見つかるはず。

梅雨前の八千穂高原レンゲツツジ10レンゲツツジなんて興味ないよ、といった方でも、一面に広がる白樺林を散策するのは気持ちが良いはず。地上より10℃近く低い気温は、日差しが隠れると半袖だと肌寒いくらい。

梅雨前の八千穂高原レンゲツツジ9けもの道を伝って、白樺林の奥に進んでみます。

梅雨前の八千穂高原レンゲツツジ5少し曇って来た空の下、いっぱいのレンゲツツジに囲まれる午後。

梅雨前の八千穂高原レンゲツツジ4暫し、その華麗な色合いに酔っています。

梅雨前の八千穂高原レンゲツツジ8遊歩道沿いに咲くレンゲツツジと白樺林を。

梅雨前の八千穂高原レンゲツツジ2撮影中にほんの少し日差しが戻ってきた瞬間の一コマ。軽やかな白樺の緑と、レンゲツツジを重ねて。何時より早い咲き始めだったからでしょうか、ピークになると、お気に入りの花の前で順番待ちの列が出来る程になる三脚の群れも、今日は観られません。

梅雨前の八千穂高原レンゲツツジ7蕾が次々と花を開かせるレンゲツツジは、かなり長く花を楽しめます。まだ蕾がいっぱいの八千穂高原、既に夜になって外は梅雨入りを予感させる雨模様になってきましたが、これから暫くは秋の紅葉と並ぶベストシーズンに入ります。