梅雨間の美ヶ原でレンゲツツジを(2016.6.18)

季節が早回りでやって来る今年。

既に奄美は梅雨明けを迎え、時期的にはまだ梅雨の真ん中にある筈のこの界隈でも、土曜日には盛夏を思わせる日差しが降り注ぎました。

梅雨間の晴れ上がった空の下、開花を迎えたとの話を聞いて、界隈でもなかなか行く事が叶わない場所に再び出掛けます。

美ヶ原のレンゲツツジ1八ヶ岳南麓の在所から西へ北へと車を走らせること2時間ほど。

二つの峠を越え、猛暑となった上田平の縁に位置する武石から狭くうねる山道を上り詰めると(いや、普通は松本から上がれば良いかと…)、真っ青な空の下にその花々は山裾で咲き誇っていました。

美ヶ原、想い出の丘の案内看板ビーナスラインの終点、一大観光地である美ヶ原でもルートの関係で直接ビーナスラインからアクセスする事が出来ない裏側に位置する武石側にある、思い出の丘。それでも、シーズン中で珍しく快晴となった土曜日の昼下がりには駐車場が満車(キャパは十数台ですのであしからず。止められない場合は道が狭いですので路駐などせず、2kmほど先にある終点の自然保護センター前の広い駐車場まで進みましょう)になってしまう程の観光客の方がお越しになっていました。

普段なら、車で流しながら撮影をするのですが、せっかくの好天、カメラ片手に稜線沿いの山道を少し散歩してみました。

美ヶ原のレンゲツツジ2思い出の丘方向を振り返って。

足元に見えるのは上田平の街並みです。

美ヶ原のレンゲツツジ3こちらは松本市街側。

美ヶ原のレンゲツツジと北アルプス眩しい日差し、正面に残雪を残す北アルプスの山並みを望みます。

美ヶ原のレンゲツツジ45分ほど山道を登ると、レンゲツツジの花の向こうに思い出の丘のモニュメントが見えてきます。

美ヶ原のレンゲツツジと北アルプス2思い出の丘からは、北アルプスの山並みが一望できます。

遮るものなく水平の稜線と重ねて北アルプスを望めるのは、松本側だけの特権。東京方面からのアクセスは悪く、著名な観光ポイントもなく、美しの塔のようなアイコンもないですが、美ヶ原を語るには是非見ておきたい景色です。

武石峰への小路普段ならここで折り返しなのですが、お天気が良いので更に足を延ばしてみます。

綺麗に整備された歩道が天空に伸びていきます。

美ヶ原のレンゲツツジ5遠くに伸びる山並みは浅間山。高い空の上に筋雲が連なります。

美ヶ原のレンゲツツジ6道沿いに広がるレンゲツツジの花はもう見頃。普段より1~2週間早いようです。

武石峰山頂荒涼としたガレ場に、強烈な風に煽られて東側に枝を伸ばす木が僅かに生える、武石峰の山頂。

遮るものが無い静かな山頂は涼しい風が吹き続けます。

ラジオから流れてくる猛暑を伝えるニュースで語られる気温よりも10度以上も低い、気温21℃。

武石峰と登山道植生の乏しいガレ場の斜面を山道が下っていきます。

真っ青な空は夏を想わせますが、今はまだ梅雨の真っ盛り。

武石峰から王ヶ頭を望んで1正面には空に浮かんだ大地に広がる美ヶ原の草原と、王ヶ鼻、そして主峰の王ヶ頭が見えてきます。

青空の向こう、遥か彼方には諏訪富士とも称される、蓼科山の特徴的な山並みが見えています。

美ヶ原で一番好きなこの景色。良いタイミングで訪れる事が出来ました。

美ヶ原のレンゲツツジ8周囲にはレンゲツツジの群落が広がります。

美ヶ原のレンゲツツジ9

美ヶ原のレンゲツツジ10

美ヶ原のレンゲツツジ11

美ヶ原のレンゲツツジ12

美ヶ原のレンゲツツジ13レンゲツツジの花々をしばし堪能。

足元の道路にはひっきりなしに車が通過していきますが、山道での撮影中に通りかかる方は、ほんの数人。

武石峰から王ヶ頭を望んで2県下随一の観光道路であるビーナスラインの一部として組み込まれるはずであった、美ヶ原の稜線を抜ける道路沿いに点々と広がるレンゲツツジの群落。

武石の峠を貫く有料トンネルへ下るアプローチもはるか昔に閉鎖され、台地の頂上部を抜ける道へはもはや繋がることは無いこの道を行く全ての車、自転車は1km程先にある終点の自然保護センターで折り返してくることになります。

観光地としてマイナーな状態から何とか脱却したいと願う松本市は、今年から途絶えて久しかった路線バスの乗り入れを久しぶりに再開(昔の駒越林道経由ではなく、美ヶ原林道経由。松本に下って来る時に2便とすれ違いました)しましたが、正面に見える王ヶ頭の向こうに広がる一大観光地としての美ヶ原とは別世界のように静かなこの場所。

道路沿いの崩れた山裾と、森の中に点々と存在する牧場の、のんびりした景色を眺める度に、この天空に広がる地の複雑な歴史に思いを馳せながら。

夏至間近、夕暮れの諏訪湖再び下って、夕暮れの諏訪湖にて。

夏至を間近に迎えた日差しは、杖突峠側からぐっと北に寄って塩嶺の正面へと下っていきます。

日曜日の今日は再び梅雨空に戻った八ヶ岳南麓。本当の盛夏はもうしばらく後になりそうです。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中