彩の季節、始まる(御射鹿池2016.10.1)

天候不順が続く日々。

それでも日一日と、秋は深まっていきます。

秋の訪れを確かめるために、週末の夕暮れ、何時もの場所へ久しぶりに訪れます。

img20161001170638梅雨時から始まった整備事業が佳境に入った奥蓼科、御射鹿池。

山間を奥深くへ詰めていく細い道が抜ける山筋の脇に、ぽっかりと見える小さな溜池といった、鄙びた景色が心地よかった場所だったのですが、ご覧のように大幅に拡張された道路と広大なエスケープゾーンが広がる、立派な公園へと様相を変えていくようです。

p1080431湖畔から望む木々は少しずつ色付き始めているようです。

静かな湖畔。霧が山から下りる中、ぽつりぽつりと訪れた人がシャッターを切っていきます。

p1080428白樺の黄葉は既に始まっています。

p1080426日没を迎えて、暗闇に包まれ始める湖畔はひんやりとした空気に包まれます。

落葉松の森の中、所々にツタウルシの鮮やかな赤い紅葉が見え隠れしています。

p1080424既に色付き始めた湖畔の木々を眺めて。

周囲の景観はすっかり変わってしまいましたが、湖畔からの落ち着いた眺めはそのまま。この景色が何時までも愛でられることを願って。

既に紅葉のピークを迎えたツタウルシから始まり、白樺、カエデ、そして最後を装おう落葉松の黄葉がピークを迎える月末にかけて彩を変えていく御射鹿池の紅葉。周辺の工事はその間を含む11月末まで続く予定になっています。自動信号による片側交互通行や駐車場所の規制も併せて行われていますので、訪問される方はくれぐれもご配慮願えますよう、お願い致します。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中