落葉松の季節へ(八ヶ岳西麓を御射鹿池へ)2016.10.29~30

10月も今日と明日でおしまい。

遅れていた秋の深まりも、徐々にではありますが進んできているようです。

このシーズンを一年中待ちわびているといっても過言ではない(八ヶ岳の麓に居を置いている最大の理由と言っても言い過ぎではない)落葉松の黄葉に包まれる時期が、ようやく訪れたようです。

安定しないお天気だった週末。晴れ間を縫いながらカメラを持って、外に出ます。

p1080853まだ日差しが充分に残っていた土曜日の昼下がり。

刈り入れの終わった葛窪の蕎麦畑から望む編笠山。ぼんやりとした落葉松の黄葉が中腹より上側に広がっています。正面より左側の山裾の中では、来年の大河ドラマの撮影も??

p1080872aもう少し廻り込んで、立沢の集落より。漸く落葉松の広がりが見えてきました。

既に西の方から張り出してきている雲によって、山腹の落葉松林は日影に落ちてしまっています。

p1080863ぐっと標高を上げて、八ヶ岳農業実践大学校の牧場前。

正面に見えるはずの阿弥陀岳と赤岳は残念ながら雲の中ですが、大学校の奥に広がる森は黄葉と紅葉が見事に入り混じっています。

p1080856更に登って、鉢巻道路の上側、落葉松の黄葉の向こうに、強い風を受けて高く飛び続ける鳶を見上げて。

この後、急速に雲が広がり、夜半には雨模様となった八ヶ岳西麓。

p1080883翌日、薄曇りながら午後には日差しも差し込んできました。

ぼんやりとした薄絹雲の下、落葉松の黄葉が広がります。

p1080894トンガリ頭の落葉松の黄葉。

短い夕暮れの陽射しを浴びた落葉松の色は、刻一刻と変化していきます。

p1080876琥珀色に輝く落葉松の森へ。

p1080896p1080890まだ浅い、日差しを受けた落葉松の輝きに、暫し酔いしれます。

p1080904落葉松の森を抜け、視界が開けると、足元には何時もの場所。

この高台からも、湖畔に多くの観光客の方の姿を捉える事が出来ます。

p1080922湖畔に下ると、夕暮れ前の日差しを浴びて、木々が輝いています。

奥蓼科、御射鹿池が最も輝く時。

p1080918既に湖面の中央は、日が西に傾いて暗くなりかけています。

紅葉は徐々に終盤に向かっています。

p1080914西日を浴びて輝く、御射鹿池と落葉松の黄葉。

今年から湖畔に降りる事は出来なくなってしまいましたが、美しい景色は湖畔沿いからでも存分に楽しめます(日中は警備員の方が常駐しています、絶対無茶な事はなさらないように)。

p1080928山を下りると、もうどっぷりと夕暮れの空。

秋が更に深まる11月、一年で一番昼の短いシーズンに入っていきます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中