燃える落葉松の秋色(2016.11.12)

クリアーな秋晴れに恵まれた土曜日。

里にも季節外れの雪が降るのではないかと冷や冷や(実際に麦草峠は前倒しで冬季閉鎖となりました)だった今週、遠出をしたい思いをぐっと抑えて、朝から冬支度に勤しみます。それでも、昼過ぎには一通り完了。短い午後の陽射しを追って八ヶ岳の西麓を進みます。

立沢大橋と八ヶ岳裾野を鮮やかに染めた立沢大橋から望む、昼下がりの八ヶ岳。

先週降った雪がまだ残っています。

晩秋の落葉松麓の落葉松もすっかり色付いてきました。

落葉松の森の中から鹿の声が響く頃、季節は晩秋から初冬へと歩みを進める八ヶ岳の西麓。

落葉松の黄葉と雪を戴く八ヶ岳1青空の下に落葉松の黄葉を添えて、雪を戴く八ヶ岳を。

落葉松の黄葉と雪を戴く八ヶ岳2落葉松の黄葉もそろそろ終盤、更に山の奥へと進んでいきます。

晩秋の池のくるみ八ヶ岳の峰々を遠望する、霧ヶ峰、池のくるみは木々の葉も落ちてすっかり冬の装い。

乏しくなる日射しを追って、山の西側に廻り込みます。

落葉松色に染まる森1燃えるように輝く落葉松の黄葉。

他の木々が葉を落とした後、落葉松の森は一斉に黄金色に輝きます。

落葉松色に染まる森2西日が落葉松の黄葉を染め上げていきます。ウィスキーにも似た、琥珀色の輝き。

落葉松色に染まる森3夕暮れまでの僅かな時間だけ楽しめる、輝く落葉松の黄葉。

それそれの木々に、それぞれの紅葉や黄葉もありますが、唯一つ、山を彩る針葉樹の中で一斉に森を輝かす落葉松の黄葉は、心を捉えて離しません。

落葉松色に染まる森4麓側に降りて振り返ると、西日に染められて、真っ赤に色付く紅葉する木々。

彩が色あせていく季節を前にして、最後の輝きを魅せてくれます。

日暮れの諏訪湖山を下り、諏訪湖まで降りてくると、まだ5時前ですが日差しはどっぷりと山の向こうに。

山々を巡る季節の速さに相乗りするように、麓も初冬の装いへと進んでいきます。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中