季節は寄せ返す波の如くゆっくりと春へ(八ヶ岳南麓晩冬の点描)2017.3.26

暖冬だとは云われても、山里の冬は寒く、氷点下10度を下回る日が続く厳冬の2月を越え、3月になって少しほっとする日々。

雪山にもスキーにも縁遠い身としては、綺麗に磨き上げられた空の下、麓から見上げる山々の美しさが、冬の数少ない慰めでもあります。そんな日々の点描を少し。

キンと冷え込んだ朝の中央本線、小淵沢駅。

中央本線開通以来と伝えられる、雄大な八ヶ岳をバックに佇む、山間の小さな駅舎は今年の7月には新しい駅舎に移転することになっています。ベンチが並ぶ小さな待合室と、ガラス越しに駅員さんが手売りで指定席や特急券の応対をし、その向かい側では美味しそうな出汁の香りを漂わせる名物の駅そばをおばちゃんが手際よく茹で上げていくという、懐かしさ溢れる情景も、そろそろ見納めです。

駅から少し下ったところから振り返って望む、冬の八ヶ岳。町全体が八ヶ岳の懐に抱かれているようです。

駅を降りると、正面に広がる甲斐駒と鳳凰三山のパノラマ。撮影したのは2月の末ですが、畑には既に鍬が入れられています(2/24)

一度雪が降り出すと、麓の山里も森も真っ白な雪に覆われてしまいます。こんもりとした雪を被る落葉松林の山裾(3/2)。

夜半の雪が止んで朝を迎えると、まだ雪雲が残る中、新雪を戴く凛とした甲斐駒が姿を見せてくれる時があります。雪渓のコントラストもはっきりと現れてくる3月の初旬。小淵沢町を降りて下った正面に位置する小淵沢総合支所前から望む、一番お気に入りの甲斐駒の雄姿です(3/7)。

良く晴れた朝にもう一枚。くっきりした甲斐駒の雪渓を眺められるのもあと僅か(3/16)。

厳冬期を抜けて、少し空の蒼さが抜け始めた3月半ばの朝。春を待つ神田の大糸桜から眺める雄大な南アルプスの山並みを。山里の桜のシーズンは4月も10日を過ぎてから。標高の幅も広く、染井吉野より江戸彼岸や山桜が多いこの地では、5月の始め頃までの一月ほど桜を愛でる事が出来ます(3/17)。

季節の変わり目になると、逆に雪の日が多くなるこの地(信州の方の言葉を借りれば「かみ雪(かみの言葉は京に通じるため、南方側で降る雪)」が舞った朝、八ヶ岳は再び真っ白な雪化粧です。

重たい湿った雪が残していった湿り気が山を霞ませる朝。この時期だけの雪山と淡いブルーの空が作り出す絶妙なグラデーション(3/22)。

移り変わりの早い春の空。その分、様々な雲が描き出す空のキャンバスが楽しめます。コートを脱いで、空を眺めながら圃場の畔をのんびりと歩きたい午後。

春の薄日を浴びて溶けだした雪渓が輝く、午後の甲斐駒。下り坂の天気を予感させる空模様。

夕暮れになると、薄く桃色に色付いた雪雲が再び迫ってきます。八ヶ岳の雪渓も雪解けが早いのでしょうか、細かな皺が目立つようになってきました(3/25)。

再び雪となった今日26日。重たい湿った雪は、木々には積もっても地温が高まった春先にはアスファルトの上には留まる事が出来ず、湯気のように靄が立ち込めてきます。夕暮れにかけて雨交りになった3月最後の週末。そして、少しずつ春へ近づいていくようです。

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中