4月の雪、御射鹿池(2017.4.1)

3月も終わりになって、すっかり春めいてきた日々。

標高780m、甲斐駒を正面に望む七里岩の段上に位置するこの場所に植えられた枝垂桜は、この界隈で一番最初に花を咲かせます。蕾も大分膨らんで、いよいよ開花を待つ状態に…などと呟いていたのですが、昨晩から再び雪に。

カメラ不調で露出が定まらない状態ですが、重たい春の雪は、周囲の木々を真っ白に染め上げていきます。午後になって小降りになった雪の合間を突いて、何時もの場所へ。

真っ白になった、奥蓼科、御射鹿池周辺の落葉松林。お休みの日ともあって、小雪の中、一人、また一人と観光客の方が訪れています。

湖面は霧で真っ白に。新雪に白く彩られた白樺の木を重ねて。

静まり返った湖面。木々も真っ白に雪化粧をしています。

暫くすると、霧が少しずつ晴れてきます。

霧の中から稜線が見え始め、落葉松の木々が湖面に映り始めます。

雪雲に覆われた中から、すっと姿を現した御射鹿池の全景。

雪が止んだ湖面。湖面に映る落葉松から静かな旋律が流れます。

重たい春の雪は、山々も真っ白に染め上げていきます。墨絵のようなモノトーンに包まれる湖面。

このシーズンだけ望める風景。周囲の環境は大分変ってしまいましたが、小さなこの場所の美しさは変わりません。

再び霧が降りてきた湖畔にて。雪化粧をした木が一人佇みます。白と白のコントラスト。

春の雪は、重たくどどっと降りますが、アスファルトの路面には殆ど積もらず、陽射しがもたらされなくともすぐに溶けてしまいます。純白と漆黒が折り重なる湖畔が望めるのは僅かな時間だけ。そうして、雪と暖かな日を繰り返しながら、山里にも少しずつ春が訪れます。

4月の雪は暖かく、気温0℃でも上着も着ずにシャッターを切り続けていると、ふと岡崎律子さんの「四月の雪」の歌詞を思い出します。

♪でておいでよ 寒くないよ

四月はじめの雪

もう春だよ 冬にさよなら♪

春、四月のスタートです。