遅れて来た春と、その先の季節へ(2017.4.29)

標高1000m近くに位置する、八ヶ岳の麓。

既に初夏を思わせる陽射しとなる場所がある一方、ほんの僅かに移動するだけで季節の進み具合は、全く違った装いを見せてくれます。

少し寒気が入って冷えた朝。すっきりと晴れ渡った空の下には、まだ開花しない2本の桜の木。

八ヶ岳西麓の桜シーズンの最後を飾る一本、田端森新田の鼎談桜は、過ぎ去る蒼色の季節を惜しむように、もう暫しの眠りについているようです。

一方、標高1000mを越える高原に位置する、原村、中新田。

地元の方々によって催される、深叢寺のライトアップは今年も実施されています。

華やかというより、少し儚さすら感じさせる4月終わりの夜桜。

華やかな春の名残を惜しむ多くの方々が今夜も訪れます。

まだ少しひんやりする高原の夜に満開の夜桜。

名残の桜と、まだ咲かない桜に想いを馳せながらも、人の営みは季節に添って移ろっていきます。

水温む頃となって圃場に張られた水面には、まだ豊かに雪渓を湛える甲斐駒と南アルプスの山並みが映り込んでいきます。

週が明ければ清々しい風と緑溢れる、5月がやって来ます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中