華やかなGWの夕暮れ(Lumix DMC-GM5 and LEICA DG Summilux 15mm f1.7)2017.5.4

華やかなGWの夕暮れ(Lumix DMC-GM5 and LEICA DG Summilux 15mm f1.7)2017.5.4

曇りがちなGW。

夕暮れになって、雲が少しずつ西へと流れていきます。

西の空は厚い雲に覆われていますが、僅かに夕日が峰々の際から覗いています。

もう少し、西に車を走らせてみましょう。

鮮やかな夕日が雲の下から覗いていました。

圃場の水面に揺れる、夕日をしばし眺めて。

水面の揺らぎが止まると、水平線のように広がる圃場の先に、夕日と木々が映り込んでいきます。

そして、空はゆっくりと暗闇に落ちていきます。お休みの日に、移り変わりの早いお天気がくれた、ちょっと嬉しいプレゼントでした。

body : Lumix DMC-GM5

lens : LEICA DG Summilux 15mm f1.7(f:4.5,1/200sec,-0.7EV,color:vivid)

長野県諏訪郡富士見町先達および、富士見町乙事。

 

広告
500,000アクセス到達のご挨拶(ご訪問頂きましたすべての皆様に改めて感謝を)2017.5.4

500,000アクセス到達のご挨拶(ご訪問頂きましたすべての皆様に改めて感謝を)2017.5.4

2012年の12月からスタートした本サイト。

開設から約四年を経て、遂に500,000アクセスに到達しました。

こんな辺鄙で、大して情報がある訳でもなく、ちょっとヘタレの写真と本の紹介しかないようなサイトですが、多くの皆様にご覧頂けているようで、只々、驚くばかりです。

時に本サイトからの引用が意外な場所で流れていたり、掲載した写真が別名義で転載されていたりと、ネットらしいアクシデントもありましたが、こちらは個人的な興味とその道程をただ綴るだけ。そんな個人的な書きつけが、皆様の隙間を埋めるほんの少しのお役にたてれば、それはもう望外の喜びです。

何時も暖かいコメントを寄せて頂くフォロアーの皆様、SNSを通じてフォローして頂いております皆様、全てのご覧頂きました皆様に改めて感謝を申し上げます。

 

それでは、恒例のネタばらしとして、これまでのアクセスランキングをWordpress.comの解析エンジンのデータで見ていきたいと思います。

上位の皆様のラインナップです。

一番下で約2300アクセスになります。

やはり、AvantiHeart of  Sunday、実質的なトップアクセスであるレインボーストーブ(中の人じゃないですからね!)といった例年アクセスの多いテーマは、情報が古くなっても引き続きご覧頂く方が多いという、検索エンジンの学習能力機能が強く働いているのがよく判ります。その中でも、昨年ブラタモリで大きく取り上げられた赤色立体地図に関するテーマは、放送中から大きくアクセス数を伸ばし、現時点でも24時間アクセス数では最大を記録しています(流石に1時間アクセス数が1000件を超えてくると驚きを通り越します)。

また、情報が少ない中で、アクセスを集めているのがBlackberry Passport。既に販売は終了しており、Blackberry自体も端末の開発からは手を引いていますが、未だにご興味を持たれる方が多くいらっしゃるようです。同様な理由でアクセスが多いSX4や、中古価格が高騰しているらしいLumix GM5と併せて、ご使用のユーザー様に於かれては末永くお使い頂ける事を願っております。

同じような理由で、行政系の観光案内から非常に冷たい扱いを受けている小淵沢駅に関連する情報には、引き続き多くの皆様のアクセスがあるようです(昨年度は中の方も真田丸関連含めて積極的に発信されていたのですが、拠点故にどうしても「東側」軸ですね。今年は冷え冷え….)。7月には長々と紆余曲折を経た末に、遂に新駅舎が竣工する小淵沢駅。可能な限り、タイムリーに情報をアップできるようにしたいと考えています。

そして、一番下になってしまいましたが「ザ・ベストテレビ」。昨年は、「ふたりの桃源郷」と、「人生フルーツ」という、TVドキュメンタリーの名作が立て続けに映画化、それぞれが受賞を果たすという、民放発のドキュメンタリーが再び見直される機会が訪れる、嬉しい一年でもありました。

ここまでで、1000アクセスちょっとなのですが、例年更新の小淵沢駅の小海線臨時列車時刻表以外、2016年に新たに登録したテーマが一つもない!という、かなり悲しい結果となってしまいました(この一年で新規登録したテーマのアクセストップは、何と「Oppo F1」。東南アジアからのアクセス数が伸びまくりです)。

そんな中で、ちょっと嬉しかったのが、課題図書のネタ探し目的とはいえ「ルイス・ミショー」をご紹介したテーマを多くの方にご覧頂けた事でしょうか。これをきっかけに、多くの皆様が訳書に触れられる事が出来ればと願っております(大抵訳書って、テーマも身近でないばかりか、活字も小さく分厚いので、それだけで敬遠されてしまうのですよね)。

検索エンジン様の影響力が最も反映されるアクセスキーワードのランキングです。

まぁ、判りやすいのですが、今回目立つのが、やはり「仙境都市」。数年来掲載しているテーマを検索数で一気に抜き去るところは、流石にあの方の影響力は凄まじいですね(2項目セットで2000件程、全体で3000件弱と、ネタばらししておきますね)。

そして、多くのブロガーの皆様、特にアフェリエット等を運営の原資とされている方(当方は持ち出しです)にとって、少なからずの影響があったのかもしれません、2月に実施された検索エンジン様のポリシー変更。Wordpress.comはデフォルトでAMP対応になっているので、影響は少ないと思われましたが、前年比でアクセス数を比較すると、投稿数を絞っていた事情もありますが、2月以降がっつりと下がっている事が判ります。

別にコピペサイトではないのですが、こんな部分でも検索サイトの強い影響下に置かれている事が判りますね。なお、10月と11月になるとアクセス数が急上昇するのはもちろん、他のサイトからの迂回アクセスを含めて「御射鹿池」観光ガイドページと化しているからでしょうね。

そんな訳で、ぼちぼちと呟き、撮り続けながら彷徨う本サイトですが、この地に留まり続けた刻の記録として、もう暫く続けられればと考えています。

♪ふとした時に気付くもの

居場所を探してた 私 ここにいたい♪

♪いまこの一瞬が続いてく

大切な場所が此処にある だからいくよ♪

大好きなCoorieの歌詞から(アルバム、トレモロより、いろは)

 

改めて、ご覧頂きました全ての皆様に感謝を。

静かなGWの一コマを、小さな春の夕暮れ(2017.4.30)

静かなGWの一コマを、小さな春の夕暮れ(2017.4.30)

GWの徒然を綴る中、ふと思うのが、これだけの一大観光地とはいえ、地元の皆様の生活と、観光でお越しになった皆様との接点というのは意外なほど薄いという事。

インターの周囲やアウトレットモール、観光施設が集積する場所では、それはもう都会が引っ越してきたような騒ぎですが(コンビニとかスーパーもね。買い物、ちょっと困る時も)、地元の商店街を下り、路地を一本入ると、普段と変わらない日常が淡々と流れています。

そんな落差にちょっと複雑な想いを抱きながら、夕暮れの集落を抜けていくと、何時も気になる場所にちょっと足を止めてみたくなります。

甲斐駒を望む台地の縁に並ぶ集落の端。

すぐ先には深い谷戸が広がり、どん詰まりの小さな丘の上に立派に枝を広げる桜が、最後の春を謳歌しています。

足元には供養塔が並ぶこの場所。崖の縁という事もあって、心地よい風が吹き抜けています。

夕日を浴びる大きな山桜の木。ねじれるように幹を伸ばす桜の木が多いですが、この一本は青空の下、すくっと立ちあがっています。

真っ白な花びらと、僅かに緑色を帯びた花弁。印象的な姿です。

桜の木を振り返ると小さな祠。少し近づいて覗き込むと、遠く西日の先に立つ御嶽山を祀った、御嶽講の石碑である事が判ります。

北側には八ヶ岳。

真っ直ぐに八ヶ岳を見つめる松の木の根元には、たくさんの馬頭観音が眠っています。

集落の外れに位置するこの場所、畦道を少し入ると、木々に隠れるように小さな表示板が取り付けられており、「血取場」と記されています。

その昔、牛馬が弱った時に、悪い血が病気を引き起こしていると考え、その血を抜いた場所に与えられた名称を持つこの場所。その実は屠殺場であったかもしれないと思わせる、集落の果て、暗い谷戸の縁に立つこの丘を見守る3つの山と数々の石碑たちが、地元の方々にとって畏敬を持つ大切な場所であったのかもしれないなどと思いながら。

夕暮れになって、風が凪いでくる頃。山里の春は足早に次の季節に向かいます。

 

静かなGWの一コマを、田端森新田の鼎談桜(2017.4.28~5.4)

GWの八ヶ岳山麓。

有名な観光地やアウトレットモールには朝からひっきりなしに車が押し寄せていますが、メインルートをほんのちょっと外れると、普段とほとんど変わらない静かな時間が流れています。

普段ならGW前に満開を迎える諏訪郡富士見町信濃境、田端森新田の鼎談桜。今年はGWに開花が掛かることになりました。

GW直前の冷え込んだ朝。

すっきりと晴れた青空の下で、開花を待つ鼎談桜。

圃場に張られた水面に映る、甲斐駒と鳳凰三山の雪渓。

少し涼しくも、心地よい朝の空気に包まれます(4/28)。

開花を迎えた朝。水面に移る甲斐駒の雪渓も大分減ってきました。

咲き始めた鼎談桜。

2本(正確には3本?)の桜が並び立ちますが、左の桜の方が先に咲き始めます。

遠方からお見えになった方が、「もう散ってしまったのですか」と語りかけてこられたので、お見せした一枚。ここの桜は山桜の系統に属するようで、周囲の桜達より更に開花が遅くなります(但し、山桜らしく、開花と同時に葉も開き始めます)。

田圃の畔には、次の季節の到来を伝える菜の花が咲き始めています(5/2)。

雨は降らないまでもお天気が今一つのGW中盤。

日が昇り始めて、雲が切れかかったタイミングで、急いで自宅を飛び出します。

ほぼ満開となった鼎談桜が水面に映ります。

霞んだ5月の空をバックに花を開かせる、鼎談桜。

2枝に分かれた木の間から、南アルプスの山並みを望みます。

青空の向こうから射す日差しを受けて白と新緑の緑が交じり合う。既に葉桜になり始めた左側の鼎談桜。

雲を纏った甲斐駒をバックに。

こうして観てみると、確かに3本にも見えますね。

今週中にはあっという間に満開から散ってしまうであろう、鼎談桜(地元の写真家の方が名付け親です)。この時期だけ山里に広がる水面の畔で、名残の春を静かに謳歌しているようです。

撮影後には再び雲にすっぽりと覆われた八ヶ岳西麓。

緑に染まり始めた畔の向こうに広がる、今年の農作業シーズンを待つ畑には徐々に鍬の入る音が響き始めます。

 

 

静かなGWの一コマを、霧ヶ峰(2017.4.30)

世間はGW。

普段は静かなこの地も、この時期ばかりは有数の観光地ということもあり、多くの人々が押し寄せます。

インターから溢れ出す車から逃げるように、ちょっと静かな場所を探して。

この地域でも一、二を争う観光地でもある霧ヶ峰。

ドライバーの皆さんが車を走らせるビーナスラインからほんのちょっと外れた池のくるみへ下る道端にて。メインルートの裏側となるこの場所は車もほとんど通らず、枯草を揺らす風の音だけが響き渡ります。

何とも言えない碧空の色と、枯草が広がる霧ヶ峰。遠くにグライダーが横切っていきます。

丘の上に登ってみましょう。

日差しを浴びて、頭上を一気に旋回していくグライダー。

風の強い日には、上空を優雅に舞うグライダーの姿が楽しめます。

スポイラー(エアブレーキ)とフラップを一杯に広げて、アプローチに入るグライダー。

五月晴であれば、滑走路の向こうに雪を戴く中央アルプスや御嶽山が望めるはずですが、春霞に隠れてしまいました。

吹き流しのポールが斜めになるほどに強い風が吹く昼下がり。

ぼんやりした春らしい空の下、たっぷりの雪を湛えた八ヶ岳を遠望しながら手作りパンをかじる、ちょっと素敵なお昼休みです。