今月の読本「高校図書館デイズ」(成田康子 ちくまプリマー新書)「優秀生」たちが抱く、こそばゆい程にソリッドな想いを受け止める本達と陽だまりの場所へ

本を読みますか。

私はこの本を仕事の昼休みの時間にこつこつ読んでいましたが、学位持ちすら珍しくないスタッフが何十人も集うこの場所でも、お昼休みに本を広げる人はまず居ない。いわんや文芸関係の話題など雑談でも決して出てくることは無いという現実。

本離れが叫ばれて久しい昨今で、自分の周りにある現実と、この本に描かれた、まるで高度成長期を思わせる(内容は間違いなくこの数年の出来事なのですが)、ノスタルジーで古びたアルバムの片隅に残された写真のような物語のギャップに戸惑いながら読み進めた一冊。

今月の読本、「高校図書館デイズ」(成田康子 ちくまプリマー新書)をご紹介します。

著者は札幌近辺の高校で長年に渡り司書を務められた方。表題からすると一見して司書さんが其処に集った学生たちを紹介していく体裁に見えますが、内容は少々異なります。

13人の高校生(卒業生を含む)たちそれぞれが自分の言葉で話し始める体裁を採った物語、ある種の文集に近い感じで纏められた物語達は、著者の手によって描かれてますが、その内容は全て本人たちに内容を読んでもらって纏め直したもの。実質的には13人の高校生たちが自ら綴った高校生時代を語る一ページとして捉えられるようになってします。

それぞれの登場人物たちは「今時」で「普通」の高校生とはちょっと異なります。読書感想コンクールで賞を取ったり、ビブリオバトルで東京の決勝大会に挑んだり、文集に寄稿したり、中学の頃から作家を目指していたり、帰国子女だったり…。著者の職場である図書室に集った彼らは、図書委員(図書局員と呼ぶ)であったり、他の部活と掛け持ちであっても本を求めて図書室に良く訪れていたりと、既にこの場所に集う前から何らかの形で本との結び付きを持った生徒達です。そこで語られる本達も所謂文芸書が殆どで、最も同年代で読まれるであろう「活字」であるラノベはおろか、漫画や実用書、歴史や学術系の書物が触れられる事は殆どありません(中には、飯間浩明さんの著作に興味を抱く、文字に魅せられた辞書好きといった極めて個性的、いや将来有望すぎる生徒も)。そのような意味では、既に本を読む事を普段のワンシーンに取り込んでいる、あまり一般的とはいえない生徒たちの読書物語なので、この本を以て読書離れの昨今に対して何らかの表明を行おうとか、読書のきっかけを提示しようとかという、読書に対する遅ればせながらの啓蒙を意図する感じはみられません。

現在を啓蒙するより遥かに遠い過去、まるで昭和という時代にその場所で語られたであろう、文芸に触れた若者の余りにもソリッドでナイーブな反応をそのままに集めた文集のような体裁に纏め上げた著者。本シリーズが岩波ジュニア新書と並んで学生層までをターゲットとした作品を揃えているために余計に感じるのですが、その綴られた内容が余りにも現実離れした内容、いいえ、懐古的なテーマとエピソードを敢えて拾い出しているような感触に強い違和感を感じたのでした。

それでも、クラスや部活といった時間軸で拘束されたり、固定化された仲間であったり、学生ゆえの成果を求められる場とは異なる、図書室という緩やかに生徒が集う特別な時間と空間、その空気を作り出す、全ての生徒に対してニュートラルな立場を採れる司書という立場。ソリッドな想いをダイレクトにぶつけてくる生徒たちと、それを優しくも何処かに誘導する訳ではなく、ありのままに受け止めようとする著者。自らの豊富な読書経験と、豊かな物語が詰まった図書室という空間を最大限に生かして、物語と出会う広がりを与えてあげる事で、少しずつその想いが豊かさを増し、着地点を自ら見つけ出していく生徒の瑞々しい言葉たちを、なるべく損なうことなく拾い上げていこうとしていきます。

皆一芸に秀でた「優秀生」ならではの抱える想いに、彼らが手にした本と物語がどう響き合い、応えて来たのか。著者の読書への想いと生徒たちの想いが交わる暖かい場所、図書室を舞台に綴られた物語に、もう絶滅してしまったかと思っていたそんなシーンが、北の大地でしっかりと今も息づいている事を確かめながら。ちょっとピュアすぎる登場する生徒たちのその想いに、眩しさと羨ましさを感じつつも(年ですなぁ)、物語を読むってこんな事だったよねという、原点を再び思い出させてくれる一冊です。

今週、貴方が手に取った一冊は、どんな思いを語りかけていますか。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中