軽やかな黄金色の小路へ(八千穂高原の白樺林)2017.10.1

今日から10月、8月の終わりから11月の末まで続く、長い長い八ヶ岳の秋もそろそろ折り返し地点。

山々の色付きが本格的に始まるシーズンに突入します。

昼下がりの野辺山。

東に広がる秩父の峰々はまだ夏の装いを脱ぎ始めたばかり。広がる圃場では、長い冬に備えて牧草の刈取りが進んでいます。

八ヶ岳を東に廻り込んで、小海へ。

小海町高原美術館の裏側に広がる高原野菜の畑は、最後の収穫のシーズンを迎えています。朝の最低気温が0度に迫る10月の初旬、霜の降りるタイミングと睨み合いながらの日々が続きます。

標高1500m、八千穂高原まで上がってきました。

周囲の山々はまだ緑が残りますが、目の前に広がる白樺林は、既に黄葉が始まっています。

白樺以外はまだ色付き始めの八千穂高原界隈。

緑と黄色のコントラストが見られるのは、この時期ならでは。

周回道路沿いの白樺林は、もうすっかり色付いています。

他の木々より1週間ほど早い、白樺の紅葉シーズンはもう見頃を迎えています。

では、黄金色に染まり始めた白樺林の中にご案内。

白駒池の大渋滞(駐車場が満車なので、麓からシャトルバスが走っているらしいです)をよそに、訪れる方もそれほど多くない(レンゲツツジのピーク時より少ないです)、少し早い八千穂高原の秋色は、軽やかな白樺が彩ります。

午後の陽射しが差し込む湖畔の遊歩道。

色付きの季節はゆっくりと他の木々にも移ってきています。

八千穂高原を離れて、更に八ヶ岳の山懐へ。

佐久から八ヶ岳で2番目に高い車が通過できる峠となる大河原峠に上がる蓼科スカイラン。飴色になった落葉松林が続く中腹に、ISASが建設した臼田の64mパラボラアンテナに代わる、JAXAの新しい深宇宙探査用地上局となる、54mパラボラアンテナが建設中です。完成は2年後、現在飛行中のはやぶさ2の管制でデビューの予定です。

まだ秋本番にはちょっと早い八ヶ岳。

少し足を延ばして、標高1800m、大河原峠の入口まで上がってみましたが、一面黄色に染まる別荘地の木々はまだ緑が多く残る状態。

それでも、曇り空となって乏しい日差しの中、木々の色付きは着実に進んでいきます。

秋色始まる八ヶ岳の山懐。

これから冷え込みが強くなる度に、木々の色付きが濃くなっていくはずです。

広告

軽やかな黄金色の小路へ(八千穂高原の白樺林)2017.10.1」への2件のフィードバック

    • ご覧頂きありがとうございます。まだ八ヶ岳の紅葉は始まったばかり、これから更に深く鮮やかな色合いになっていくと思います。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください