秋色と空は移ろいながら(春日渓谷and大河原峠)2017.10.8

秋の週末連休。前日からの崩れた天候がなかなか回復しなかった土曜日から一転して、好天に恵まれた日曜日。少し暑いくらいの日差しの中、秋色を求めて、八ヶ岳の東側を廻ります。

色付きが進んできて秋の装いが深まってきた、清里、東沢大橋から望む八ヶ岳。

昨日と今日は甲府一高の強行遠足の日。生徒たちの一群が、それぞれのペースで山道を連なって登っていきます。

野辺山まで登って来ると、八ヶ岳の上空を覆っていた雲が取れはじめてきました。

一週間前と比べて、八ヶ岳の色あいも大分深まってきました。

山肌が目立ち始めた東側から望む八ヶ岳。

裾野を覆う落葉松林も徐々に色濃くなってきています。

更に八ヶ岳を東に廻り込んで、大河原峠に上がる蓼科スカイラインへ。

途中、鹿曲川林道が長期閉鎖中の為入る事が出来ない、春日渓谷を望める対岸から紅葉を眺めます。

まだ、緑が多めですが、山肌に彩が広がります。

大河原峠側を望むと、谷筋は黄葉に染まっています。

正面の尾根筋に点々と見える建物が、とある方の紹介で有名になってしまった、標高1800mに広がる廃墟謎の別荘地、蓼科仙境都市の別荘群(実働中)です。

暫くしていると、蓼科の麓から霧が上がってきました。

辺りには、あっという間に霧が広がってきます。

霧に追い立てられるように紅葉の森の中へ。

鬱蒼とした森の中に入り込むと、彩に溢れていました。

標高1800mを越えるこの場所は、もう秋真っ盛りです。

実は、この後に大河原峠を通過したのですが…物凄い車の列で駐車するどころの騒ぎではなく(予想はしていましたが、連年増えていく)、そのまま夢の平林道側へスルー。途中のエスケープゾーンに車を止めて、今まで上がって来たルートを俯瞰します。

付近は秋色真っ盛りです。

麓側の落葉松の森の中に、新しく建設が進むJAXAの深宇宙探査用地上局が見えているのが判りますでしょうか。

大河原峠を見上げます。

華やかな秋色に包まれる蓼科の山並みです。

そうこうしているうちに、再び霧が降り始めてきました。

霧に沈んでいく大河原峠へのアプローチルート。

全山が紅葉に包まれています。

霧の晴れ間に山並みをアップで。

大河原峠まで登っても、まだ落葉松の黄葉は始まる前。山は華やかな3色に包まれています。

女神湖まで降りてきました。

空は複雑な雲が浮かぶ、ちょっと秋らしくない天気。周囲の山々に広がる落葉松は、鮮やかな黄金色に色付く前の、暗く沈んだ色合いに包まれています。

落葉松以外の落葉樹たちは色付きの真っ最中。軽やかな色合いに森の中は輝きます。

麓まで降りてくると、八ヶ岳の西麓は、眩しい日差しと広がる青空。

あっけに取られながらも、山の天気だからと妙に納得しながら。

お天気に恵まれた連休の中日、どのように過ごされましたか。

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください