落葉松色に燃える八ヶ岳西麓の午後(2017.11.5)

終日、晩秋の心地よい晴れ模様となった連休最後の日曜日。

観光客の皆さんが続々と帰路に就く中、夕暮れが近くなってくると、山麓に住む者にとって、ちょっとしたお楽しみが。

午後の陽射しを浴びる、八ヶ岳西麓の山裾。

びっしりと植えられた落葉松林が、西日に照らされて赤く染まっていきます。

立沢大橋の下に通じる、旧橋へ下るスロープから、振り返って八ヶ岳の雄大な裾野を望みます。

一面が落葉松に覆われた山裾、八ヶ岳西麓の秋を彩る落葉松の黄葉も終盤を迎えています。

青空の下、午後の陽射しを一杯に浴びる、落葉松林と、鮮やかに黄葉する落葉松林に包まれる南八ヶ岳の山々。

右から、編笠山、西岳、そして左端に映るのが主峰、赤岳です。

日暮れ近くなって、歩く人もまばらになってきた、原村の八ヶ岳自然文化園内、まるやち池。

標高1200mを越えるこの場所は、紅葉していた木々の葉も落ち始め、既に初冬の雰囲気を漂わせています。

すっかり日暮れが早くなった11月初旬。

午後4時を過ぎると、夕暮れに差し掛かります。

夕日を浴びて、真っ赤に染まる八ヶ岳の山々。

赤々と染まる山裾を染める落葉松林。

頂上の方から徐々に落葉が進む八ヶ岳の山々は、足早に冬の支度を整えているようです。

晩秋を迎えて、沈む夕日の方角は塩嶺側から杖突峠を経て、南アルプスの山並みへと移ってきました。

西へと旅路を急ぐ飛行機が足跡を伸ばしていく、クリアーな夕暮れの空。

心地よい日差しに恵まれた晩秋の一日。八ヶ岳の山麓は落葉松の黄葉を追って、季節は冬へと一歩ずつ進んでいきます。

広告

落葉松色の川上村の朝(2017.11.5)

連休の最終日。

ぐっと冷え込んだ朝、八ヶ岳南麓は再び青空が広がりました。

ひんやりとした朝の空気を胸いっぱいに吸い込んで、シーズン最後の落葉松の黄葉を眺めに、再び八ヶ岳の東側、川上村へと向かいます。

八ヶ岳の東麓側は昨日の夕方に降った雪の影響でしょうか、山の周囲は雲に覆われています。

抜けるような青空の向こうに八ヶ岳を望む、川上村、信州峠の麓。

朝の日差しを浴びて、圃場の落葉松も輝きます。

山の向こうまで、落葉松色に染まっています。

山を埋め尽くす落葉松の群生林。圃場の脇に立つ木々は葉を落としていますが、最後に紅葉を迎える落葉松の黄葉は今がピーク。

朝の日差しを浴びて輝く圃場の向こうに広がる、女山と落葉松の群生林。

黄金色に染まる圃場の向こうに連なる落葉松の群生林。朝の日射しを受けて輝きを増しています。

撮影中の気温はカメラを持つ手がかじかんでくる4℃。日が昇って来ると、八ヶ岳の周囲を取り巻いていた雲も取れはじめました。

黄金色に輝く落葉松色の山並み。

谷筋を渡って八ヶ岳の裾野側に移動します。

男山を正面に望む高原野菜の圃場ではシーズン終わりの収穫真っ最中。トラクターと集荷のトラックが忙しく動き回っています。

収穫の終わった圃場では次のシーズンに向けて準備が進んでいます。

降雪時期以外は植え付けと収穫が繰り返し続く高原野菜の栽培。お休みを迎えるのは一年の間でも厳冬期のほんの僅かな間だけです。

川上大橋から望む、雲の晴れた八ヶ岳。八ヶ岳の稜線へ向かって伸びる谷筋の落葉松林も色付いています。ちょっとひんやり、でも日差しが暖かい、気持ちの良い晩秋の朝です。

陽射しを一杯に浴びて黄金色に輝く落葉松林。

殆どの落葉松林は人工林なのですが、美しく整備された落葉松林が日差しを受けて輝く姿は八ヶ岳の秋を象徴するシーン。人と自然が一緒になって作り出した美しさに感謝をしつつ。