嵐の去った昼下がりに(2017.11.11)

強い風と雨、そして雹降る、目まぐるしく天候が移り変わった週末の朝。

少し早く訪れそうな冬に備えて準備を進める合間のカットを。

雨が止んで、眩しい日射しが差し込んできた昼下がり。

雲が離れつつある甲斐駒には深い雪渓が刻み込まれています。

高原地帯まで登ると、雪化粧をした赤岳が見えてきました。

標高の高い場所は雪が降ったようです。

権現岳方向も雪で白くなっているのが判ります。

周囲の紅葉は落葉松を含めてもう最終盤です。

麓の立沢まで降りてきました。

一週前と比べると、ぐっと落葉松の黄葉も色を濃くしています。

立沢の圃場から望む南八ヶ岳の全景。

西麓側に広がる落葉松林の見事な黄葉と、雪を戴き、冬の装いとなった北麓側のコントラスト。

まだらに雪に彩られた、主峰、赤岳も見えています。

このシーズンだけの彩の組み合わせです。

赤岳の雪化粧はまだ粉砂糖をまぶしたような、まだら模様。

これから一雨、一雪ごとに、山肌を覆う根雪へと変わっていきます。

最終盤の秋の彩に染まる、午後の八ヶ岳南麓。

裾野の落葉松色が、麓の山里を染める秋の色に繋がっていきます。

八ヶ岳の裾野をぐるっと廻りつつ、冬支度の準備を進めて、漸くタイヤ交換まで辿り着いたころ、どっぷりと日が沈んだ西の空は茜色から僅かに紫がかった色に染まります。

一日中強い風が吹いた週末、昼間は15℃を越えて暑いくらいの気温も、陽射しを失うとあっという間に5℃を下回り、冷たい風が冬の訪れを実感させてくれます。