冬至が明けた夕暮れに(2017.12.23)

昨日は冬至。一年で一番日射しが短い日です。

例年以上に冷え込んでいる12月、でも冬至を越えた今日は上着が要らないくらい、少し暖かな夕暮れとなりました。

西日が足早に南アルプスの向こうに沈む頃、甲斐駒の上空から、羽のような雲が舞い上がってきました。

大きく空を渦巻く様に流れ込む夕暮れの雲。遠く富士山の上空にまで掛かっています。

山の向こうに落ちる短い陽射しを追って、三日月も西へと沈んでいきます。

甲斐駒から羽を広げるように伸びる雲が、碧い色を落としていく夕暮れの空に広がっていきます。

どっぷりと杖突峠の向こうに沈んだ陽射しが残す、冬空の残照。

足元に広がる諏訪盆地の街並みに、明かりが灯りはじめます。

赤く染まる夕暮れの空。クリスマスを控えた週末の夕暮れ、街を往く人々は、足早に家路へと向かいます。

暖かいとはいえ、標高1000mを越える圃場は日が沈むとすぐに氷点下に。

明日の晩は、ホワイトクリスマスを予感させる降雪の予報が出ています。

 

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください