年の瀬の点描(2017.12.25~30)

年の瀬の日々。

流れ続ける時間から云えば、区切りなどというものはないのですが、それでも人それぞれに想いを馳せる時期が巡ってきました。

クリスマスの朝。寒波が流れ込む南アルプス上空は雪雲に覆われています。

沸き立つ雲の下に真っ白に染まった甲斐駒が顔を覗かせています。

朝の日射しを受けながら雪煙を上げる鳳凰三山。

この冬は風が強く寒い日が続きます。

漸く雪雲が晴れてきた朝。

グンと冷え込んだ朝の空は、クリアーな冬の碧空へと変わっていきます。

冷え込むほどに雪が少なくなるのが、八ヶ岳南麓の特徴。今年は漸く例年並みの冷え込みの中で年の瀬を迎えそうです(12/28)。

強い風が吹き続けていた年の瀬ですが、漸く風が止んで穏やかな日差しとなった晦日の土曜日。

少し長くなり始めた日没を迎えた夕暮れ。柔らかな雲たちが羽を伸ばす空の下に、ゆっくりと日差しが沈んでいきます。

夕日を受けて桃色に染まる八ヶ岳の峰々。

間もなく満月を迎える厳冬の月が高く上っていきます。

僅かに紅を注した雲が、塩嶺へと沈む夕日を追って、峰々の上に伸びていきます。

明日は大晦日。

皆様にとって、良い年でありますように。

 

広告