脚本家、島田満さんの訃報に接して(2017.12.16)

脚本家、島田満さんの訃報に接して(2017.12.16)

今晩だけは、普段と違う形で綴らせて頂きます。

昨日、脚本家の島田満さんがお亡くなりになられたとの報道が伝えられました。

島田さんは、30年以上に渡って主にTVアニメーションの脚本を手掛けていらっしゃった方です。

ジュエルペットてぃんくる☆制作前に作られていた、ご本人による作品歴の紹介と、制作前後に開設されていたブログのリンクを掲載しておきます。現時点では閲覧可能です。

脚本家としての制作の背景について参照されたい方は、同じくジュエルペットてぃんくる☆のBD/DVDでライナーノーツも執筆されている、漫画研究家/ライターの泉信行さんによる『アニメ脚本家・島田満さんのお仕事と、イマジナリーフレンドの関係』(ピアノ・ファイア)をご覧ください(12/17追記)。

ジュエルペットてぃんくる☆制作スタッフのメンバーで、キャラクターデザインを担当された伊部由起子さんが中心となって放送終了直後に作成された、東日本大震災のチャリティーを目的とした同人誌『Twinke★magic!』に、島田さんが書き下ろされた、オリジナルのショートストーリー『星降る丘のデラ』が掲載されています。こちらから読む事も出来ます。共著では、角川つばさ文庫『ちえりとチェリー』が電子書籍版を含めて現在も入手可能ですが、中古書籍以外で現在読む事が出来る、ご本人が書かれた数少ないテキストです(12/23追記)。

皆様がご存知の作品では、世界名作劇場の「若草物語ナンとジョー先生」及び、「ロミオの青い空」の全話脚本や、Dr.スランプ、ドラゴンボール、ONE PIECE、るろうに剣心といった著名作品、更にはオリジナルとなるジュエルペットてぃんくる☆、ゲーム原作のリトルバスターズ、昨年から今年に掛けては、若手アニメーター育成から派生したリトルウィッチアカデミアの映画及びTVシリーズの脚本、シリーズ構成を手掛けられており、現在NHKの教育テレビで放映されている『うっかりペネロペ』でもシリーズ構成と脚本を手掛けられています。

9月に、秋から始まった『うっかりペネロペ』でシリーズ構成を担当される事をSNSでご本人が伝えられていましたが、その後、ご本人からの発信が滞るようになり心配しておりましたが、本日、ご親族の方から上記の内容が伝えられております。

本当に最後の最後で、くだらないリプに丁寧にご返信頂いた立場としては慙愧に堪えないところではありますが、ここに謹んでご冥福をお祈りする次第です。

私にとって島田さんの脚本との出会いは、遥か昔に遡る「クリーミィマミ」の時代。オリジナル作品らしく凝ったシナリオが散りばめられた作品の中で、一際に可愛らしさの感じられるMr.ドリームのストーリーに魅せられたのが初めての出会いだったと思います。

その後に続く、うる星やつらにおける「純情きつね」と、しのぶが登場するシナリオや、「ハイスクール奇面組」での可愛らしいシナリオなど、どちらかというと少女趣味的なシナリオを書かれる方(当時は美人脚本家という触れ込みもありました)だなという、イメージが当初は強かったと思います。

そのようなイメージを一新されたのが、世界名作劇場への参加。ピーターパンの冒険に続く、「若草物語 ナンとジョー先生」における、登場人物にじっくりと寄り添いながら、全話に渡って丁寧に物語を描いていくシナリオ展開は、多くの方に印象を残した「ロミオの青い空」(この題名のインスピレーションも島田さんが出されたと楠葉監督が述べられています)の全話脚本に繋がっていきます。

この時点で、世界名作劇場を代表する脚本家との名声を得た島田さんですが、一方で「家なき子レミ」の脚本を事情により途中降板、結果として長年に渡った世界名作劇場が一旦幕を閉じるという苦渋を味わうことになったのも事実です。

その後、前述の週刊少年ジャンプ原作の作品群のアニメ化におけるスタート段階の脚本チームに加わり、現在まで続く人気のけん引役を果たす一方、ご本人が得意とされる、よりファミリーなテーマに基づいて、その作品をとても愛されていた「とっとこハム太郎」、そして「アンパンマン」の映画2作の脚本を手掛ける等、多方面な活躍をされていました。

その延長にある、現在のアニメファンの方々に繋がる作品たち。少女漫画原作の元気あふれるストーリーに、奥行きのあるしっかりとした骨組みを持たせることで通算3年に渡るシリーズに育て上げた「しゅごキャラ」、深夜アニメとしては異色のハートフルなシナリオを美しい映像で魅了した「ななついろドロップス」、同じスタッフが集結して、土曜の朝に一年に渡って放送された、販促アニメとしては異例のストーリーを優先させたプロット、錬り込まれたシナリオ、高水準な作画で少女の成長を丁寧に描き切った「ジュエルペットてぃんくる☆」。

これら作品によって培われた魅せるストーリーの成果は、早いサイクルでよりコアなユーザー層に向かうアニメーション作品の中で、ややもすれば古いテイストとも捉えられるスキームが、逆に物語に深い重みを与える事を印象付ける事になります。ゲーム原作で、決してアニメーションでは実現できないであろうと云われた登場人物毎に組まれたシナリオを、娘さんと一緒になってご自身でゲーム全シーンを制覇した上で書き上げ、見事に3クールのTVアニメーション作品のシナリオとして、何ら欠けることなく一本の作品として纏め上げた「リトルバスターズ」。更には、最終局面に於いて、苦悩されている発言を残しつつも、物語のストーリーに確固たる骨子を与える事に意を砕かれた「リトルウィッチアカデミア」。

そのキャリアに於いて、常に最前線で活躍されて、「現場で最も年齢が高く」と直近では述べられながらも、若手クリエーターの輪の中に入って更なる創作活動に邁進されていた島田さん。

既に病魔に侵されていた事がご家族の方から伝えられていますが、その中でも精力的に最後まで執筆をされていた作品は、現在も放映されています。

アニメーション作品に於いて、脚本家は後方に配されて表立っての姿がなかなかに見えにくい事が多いのですが、その中でもずば抜けた才覚(演出家志望であった片鱗は、時に「シナリオディレクター」という称号を与えられる点からも伺えます)と、作品に寄り添って魅力を引き出そうとする不断の努力から生まれた脚本たち。多くのファンの方が感銘を受けられて「島田満さんの脚本回」と呼ばれるようになっていたのは、誰しもがそのアニメーションという、動画が主役である作品をしっかりと裏から支えてくれるストーリーを描いてくれるという期待と、その現実を叶え続けて下さった結果だったかと思います。

これからも多くの作品を描き続けて下さると願っていた中での訃報。新たな作品を目にする事は出来なくなってしまいましたが、心に残る、数多くの作品を残して下さったことに感謝しながら、改めてご冥福をお祈りいたします。

女の子は誰でもステキな魔法使い!

貴女の残した魔法が、何時までもみんなの心を照らし続ける燈火でありますように。

2017.12.16

一年ほど前、掲載していた写真に直接「素敵ですね」と、お返事を頂いたページの一枚。30年来の一ファンとして、個人的にも大切な思い出です。

今月の読本「アカネヒメ物語」(村山早紀 徳間文庫)諦めかけた心に響く「ことば」へ込めた想いは今も

今月の読本「アカネヒメ物語」(村山早紀 徳間文庫)諦めかけた心に響く「ことば」へ込めた想いは今も

夜の帳が早くなり、ぐっと冷え込んできた年末。

自宅でほっこりとする時間が長くなるこのシーズン、そんな人たちへ向けて各出版社さんからは続々と新刊が本屋さんに送り出されています。

魅力的な新刊がずらりと並ぶ書棚から手に取った、今年の本屋大賞で最終選考にノミネートされた「桜風堂ものがたり」(PHP研究所)の著者、村山早紀さんが15年以上前に連作されていた作品を文庫として収蔵した一冊をご紹介します。

今月の読本「アカネヒメ物語」(村山早紀 徳間文庫)のご紹介です。

著者の村山早紀さんは、wiki等でご覧頂ければ判りますように、児童文学からキャリアをスタートされた方。本屋大賞への入選で、その名前や作品が多く紹介されるようになりましたが、一般向けの作品群の中で最も良く知られているであろう「コンビニたそがれ堂」(ポプラ社)シリーズ以前は、児童文学に主軸を置かれて執筆活動をされていました(コンビニたそがれ堂も、著名なアニメーター、名倉靖博さん装丁による初版は児童向けです)。

今回文庫に収蔵された作品も、原著は岩崎書店から児童文学のシリーズとして刊行されたもので、初回の刊行は2001年と今から16年前。その後も刊行を続けて2005年に完結したシリーズに、今回新たなエピソードを追加して一冊に収めたものです。

著者が児童文学者として最も充実していたとあとがきで述べている時代の作品。各版元さんも積極的に推される、所謂「癒し系」と評される現在の著者の作品群から入った方(私も)にはちょっと異色に感じられる作品かもしれません。

比較的ハードな作品も多い徳間文庫としては異例ともいえる、児童文学特有の綴りで主人公である「はるひ」の一人称で語られる冒頭。この手の文体が苦手な方には、字面を追っているだけでこそばゆくなってしまうかもしれませんが、そこは暫し堪えて読み進めて頂きたいところです(章を追うごとに徐々に大人びた口語体に変わっていくのは、著者の意図なのか、その後の執筆活動の影響なのかは判りかねますが、途中に挿入された描き下ろしのエピソードは、ちょっと「おとな」ですね)。

小学校4年生に上がる春に風早の街に引っ越してきた主人公である「はるひ」と、その街にある公園の桜に宿る小さな神様である「アカネヒメ」との出会いから始まる物語は、神様と人外の者たちが見える少女の交流から物語を拓いていくという、児童文学らしい、著者が得意とするファンタジー色が一際に強い作品ですが、暫く読んでいくとある点に気が付くはずです。

著者が描く物語の世界に共通の旋律。それは児童文学がベースであっても、大人の読者に向けた作品であっても不変であるという事。

一見すると可愛らしいファンタジーに見える作品ですが、綴られる全ての物語には共通したテーマが見えてきます。それは、著者の多くの作品で見られる「魔法」であったり、「特別な能力」や、たとえ神様の「奇跡」であっても、その力自身が全てを解決してくれることは決してなく、あくまでも物語の駆動力、ストーリーに添えられる「シーン」に過ぎません。更には、その力は、主人公を始め登場する人々が抱える、「諦め」や「滞った想い」を辿り、向き合った先に初めて導き出され、描き出される点でしょうか。

想いを抱え続けるのは主人公である「はるひ」や家族、登場する人々(登場人物たちのバックボーンは、他の作品をお読みの方であれば、おやっと思われるでしょうか)、神様である「アカネヒメ」も例外ではありません。そして、著者が物語に添える魔法や登場する「人々」は、その想いを解き放つためのエッセンスとして描かれますが、著者が描きたいと願っているのは、その前段階、想いに応えてあげる「ことば」で伝える事への、飽くなき希求のように思えます。

ちょっとした寂しさと好奇心の先に出逢った、「アカネヒメ」に諭されて物語の輪を動かし始める「はるひ」。道端でチョークで絵を描くパフォーマンスを続けながら絵描きへの夢を追う「青空」さんと、友達とけんかをしてしまった「はるひ」は、お互い同士の抱えている思いを分かち合う事で、物語全体を覆う想いが動き始める。小さな神様である「アカメヒメ」の本当の寂しさを知った「はるひ」は、偶然の力を借りて、その想いに応えようと動き出す。

二人から始まった物語は、風早の街に暮らす人々をも巻き込みながら、お互いに伝えられない想いを「ことば」へと変えていきます。若かりし頃に取り残された演出家と女優のすれ違う想い、それを十字架のように背負い続ける娘は、残された想いの力を背に受けて、前へと歩き出す。そして再び、「アカネヒメ」と「はるひ」はお互いの想いを「ことば」に込めて。

第二節「夢見る木馬」で著者は夢が破れそうになった登場人物に、こんな風に語らせます。

<引用ここから>

「世界にはきれいなものがたくさんある。それを、その美しさに気づかない人たちに教えてあげていたら、いつかみんな、世界には壊してはいけないものがたくさんあるんだって、気づかないだろうか?

<引用ここまで>

語りかける事で心が開き、秘めた想いが紡ぎ出され、言葉へと昇華する時、詩編を伴いながら、物語は終わりの時を告げていきます。「ことば」に込めたふたりの想いは、時を越えて、また。

その後に生み出された著者の多くの作品に共通するメッセージとストーリーエッセンスがそっと包み込まれた小さな作品たち。児童文学時代からの著者のファンの方であれば、懐かしさを込めて、一般書から入られた方であれば、その作品の魅力を辿る一ページとして、寒い夜をほんの少し温めてくれるものがたりの中へ。

 

穏やかな初冬の午後に、奥蓼科・御射鹿池(2017.12.3)

少し風が強めながらも穏やかな天候が続く12月初めの週末。

取り立てて予定が無い午後、FMの受信状態の良くなる(杖突峠が中継局)八ヶ岳の西麓へ向けて車を走らせつつ山下達郎のラジオ特番→サンソン聴きながら、ふらりといつもの場所に立ち寄ります。

午後の優しい日差しを受ける、奥蓼科、御射鹿池。

普通、意気込んで来る場所なのかもしれませんが、殆ど地元のような場所なので…。

冬場になると、お天気が良くても湖畔を歩く観光客の方もほんの数人。華やかさは無いですが、静かで穏やかな、一年で一番良いシーズンかもしれません。

温泉由来ともいわれる、酸性の強い水が生み出す湖面の色は、酸性を好む苔の活動が低下するこの時期にはエメラルドグリーンに染まります。

御射鹿池の名物である、湖面への木々の映り込みは薄くなりますが、すっかり落葉した落葉松の木々とのコントラストも、また素敵なシーンです。

深い緑に染まる湖面に、湖畔の落葉松を添えて。

12月に入ると山の日暮れは早く、3時を前にして既に湖面は暗く沈み始めています。

本格的な冬が到来する前の、暖かな午後の一ページ。

 

暖かな師走はじめの夕暮れ時に(2017.12.2)

暖かな師走はじめの夕暮れ時に(2017.12.2)

急激な冷え込みが緩んで、暖かな師走の入りとなった今週。

師走特有の慌ただしさが感じられるまでにはまだほんのちょっと時間のある月初の週末、夕餉の買い出し途中で撮影したカットを何枚か。

12月の午後の冬空は、真冬に比べるとまだ柔らかな、パステルブルーの空。

緑が残る圃場と雪を戴く八ヶ岳ののコントラストは、ちょっとメルヘンチックな印象を与えます。

夕暮れを迎えて西日に照らされる八ヶ岳の主峰、赤岳と阿弥陀岳。

雪の少なかった昨年と比べればしっかりと雪渓が出来上がっていますが、真冬と比べると、こちらも穏やかな感じを受けます。

すっかり葉を落とした裾野を飾る落葉松林は暗褐色に沈んでいます。

ぐっと南に移動した冬至を前にした夕日が杖突峠に沈む頃、落葉松が残してくれた最後の彩が八ヶ岳の裾野を深い紅色に染めていきます。

西に沈んでいく夕日と交代するように、八ヶ岳の山並みから師走の月が昇り始めます。

師走になっても続く圃場での農作業。桃色に染まる雪渓をバックに、圃場の畔で焚かれた煙が立ち昇っていきます。

桃色に染まる夕暮れの八ヶ岳の雪渓と師走の月。

ゆっくりと沈んでいく夕日が杖突峠の向こうに消えていくと、桃色に染まっていた雪渓の色も落ちて、夜の帳が降り始めます。

晴れ渡って宙の先までクリアーな南の空。夕日の向こうに歩みを進める飛行機は、足早に家路へと空を滑っていきます。

雪渓を戴く北アルプスの山並みに囲まれる諏訪の盆地の上空。夕暮れの彩が長く、長く続いていきます。

すっかり夜の帳に落ちた八ヶ岳。煌々と輝く冬の月に照らされていきます。今年一番の大きさになっている師走の月が満月を迎えるまで、あと数日。

どっぷりと杖突峠の向こうに沈んだ夕日が、最後の名残の色を残していきます。

諏訪の盆地に夜の明かりが灯る頃、高原の圃場はぐっと冷え込んできます。

穏やかな冬の夕暮れに。