Frozen days1(厳冬の空色)2018.1.25~27

関東地方で久しぶりの本格的な降雪となり、記録的な最低気温となった今年の冬。

実は、八ヶ岳の山麓では雪はそれ程でもなく、寒さも例年とちょっと違うようです。

関東地方で大雪が降った後、厳しい冷え込みとなった朝ですが、強く冷たい風に冷やされているだけで、地面から忍び寄ってくる、痺れるような冷え込みとはちょっと異なるようです。

路面には凍結が無く、速やかな除雪のおかげもありドライなアスファルトの道を行き来出来る朝。西からの強い風に雲が煽られている八ヶ岳を望む圃場は、白い雪に覆われました(2018.1.25)

圃場を埋める雪も20cmを下回る程度と、それほどの積雪ではなく、落葉松に覆われる南アルプス麓の山々も、谷筋以外は黒々としています(2018.1.26)

強烈な風のせいで、気温は終日氷点下となりますが、肝心の諏訪湖の結氷はこの時点でも全面には至らず。陽射しが長くなる節分まで秒読み段階となって、地元の方も気を揉んでいます。

今シーズン一番の冷え込みとなった土曜日。

雪原に輝く八ヶ岳を望みに、野辺山まで足を延ばします。

凍てつく大地の向こうに、雄大な八ヶ岳の山並みが見えてきます。

午後の陽射しを浴びて輝く、八ヶ岳の主峰、赤岳。

午後1時の時点でも氷点下5℃と極寒の中、白銀に光る雪渓に暫し、見惚れてしまいます。

西に傾く日差しを追って八ヶ岳の西麓側に。

西側から望む南八ヶ岳の赤岳と横岳。西日に照らされると少し暖かな感じのする雪化粧です。

同じく北八ヶ岳の蓼科山と北横岳。

アイスクリームのように粉雪が降りかけられた北八ヶ岳の山々を眺めるのは、このシーズンのちょっとしたお楽しみです。

暫し待っていると、春節を前に随分長くなってきた西日が陰り始めてきます。

雪化粧を施された八ヶ岳の山々は、刻一刻と色を変えていきます。

山裾の落葉松林と雪渓がそれぞれの色に染まっていきます。

桃色に染まり始めた北八ヶ岳。

入笠山辺りから漸く杖突峠の近くまで戻ってきた夕日が沈んだ直後、八ヶ岳の雪渓は柔らかな桃色に染まります。

陽射しが完全に落ち切った後、僅かに残った夕暮れの残滓が、八ヶ岳のバックをほのかに染めていきます。

終日氷点下の真冬日となると、家から出掛けるのも億劫になりますが、そんな心を慰めてくれる、この時期にしか観れない山々の色。

雪が少なくてもぐっと冷え込むのは、八ヶ岳山麓ならではの風物詩。御神渡、今年は観られるでしょうか。

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください