驚くほど早く満開を迎えた山高神代桜(2018.3.31)

驚くほど早く満開を迎えた山高神代桜(2018.3.31)

冬3月も今日で最後。カレンダーの次のページには、春の訪れを告げる4月が待ち構えています。

5年ぶりの諏訪湖の御神渡が拝観できるほどに冷え込む日があった一方で、風が強い日も多く、底冷えと言う感が薄かったこの冬。気候の変化を肌で感じるほどに駆け足でやって来た暖かな3月末の日々に木々も敏感に反応したようです。

何時もより2週間ほど早い桜の開花が告げられた後に、あっという間に満開の宣言が出された、日本三代桜と呼ばれる、武川の実相寺にある山高神代桜。普段は付近の桜の開花とタイミングが被るので見に行くことは無いのですが(観光客が凄く多くて、地元でもおいそれと行けないという罠)、3月中の満開という余りの早さに驚きつつも訪れてみました。

朝から多くの観光客方が訪れていた、実相寺。満開の神代桜が迎えてくれました。

朝7時の気温が2℃と、少し冷え込んで澄んだ青空に恵まれた3月最後の朝、周囲に植えられた桜の木々と共に、朝の桜、暫しお楽しみを。

痛々しい程に傷つきながらも、猶もまだ春の訪れと共に花を咲かせる神代桜。

エドヒガンの生命力の強さと、厳しくもたおやかな、その地に根付く幸運に恵まれた岩のように佇む一本の老木は、多くの人を惹きつけて止みません。

少し早すぎる満開に拍子抜けしつつも、今年も山里に春の訪れ。

標高400m程の甲斐駒の懐に位置する武川から、釜無川を渡り標高900~1000m以上に達する八ヶ岳の南麓へ、七里岩を桜前線が駆け上るにはあともう暫くかかりそうです。

 

広告
今月の読本『信州を学ぶ 日常生活からひもとく信州』(長野県立歴史館編 信濃毎日新聞社)信州学のスタートは郷土史を越えて広がる視点を添えて

今月の読本『信州を学ぶ 日常生活からひもとく信州』(長野県立歴史館編 信濃毎日新聞社)信州学のスタートは郷土史を越えて広がる視点を添えて

連年オリジナル企画を送り出してくる、長野県を代表する新聞社であり出版も手掛ける信濃毎日新聞社。

今年の新企画は、新たに「信州学」をテーマに据えたシリーズを刊行するようです。

シリーズの概要は明らかにされていませんが、スタートとなる本書は、その入口となる「衣食住」をテーマにした一冊。

今月の読本『信州を学ぶ・足元を探る編 日常生活からひもとく信州』をご紹介します。

本書の編者は長野県立歴史館。前の信州大学副学長で館長を務める笹本正治先生は数多くの中世史に関する著作で知られる方ですが、館長として着任して以来、積極的に県内各地の博物館や美術館での公演を行ったり、これまでの歴史館としては初めての、収集品以外に武田信玄直筆の書状を県の予算で古書店から購入するなど、積極的な歴史普及活動を続けられています。

今回の一冊も、はじめにで書かれているように、大きな歴史の流れに対する単なるパーツとしての地方史、郷土史ではなく、信州の地に生きた人々を主人公とした歴史を記したいとの強い想いを述べられています。

笹本館長率いる歴史館のスタッフ総勢20名を擁して三つのテーマに振り分けて描く本書。流石にこれだけの人数が手掛けますと、内容や記述についてかなりばらつきが出ますが、その中でも一貫した執筆方針を採られているようです。

一つ目には、その記述がどんな時代、テーマであれ、身近な生活と密着した内容であること、二つ目として、特定の時代、専門分野の叙述に留めず、時間的、空間的な俯瞰性を持たせることを意図していることがはっきりと見えてきます。

「衣」であれば、今の地名に繋がる、律令時代の麻の生産から始まり、女子高生の埴輪ルックと寒冷地信州における衣服の特徴へと繋いでいく。「食」であれば、もちろんジビエと諏訪信仰における鹿免食を繋げますが、遥か長崎の卓袱料理と諏訪神社へと着目する。そして本書で出色なのは「住」の項目。古代から近代まで、居住空間や生活拠点に関する内容の中でも、特に近世初頭から近代に着目した部分の筆致は実に魅力的。流石に主編者となる笹本先生が書かれた項は一発で判りましたが、それ以外にも、佐久平を起点に全国に広まった踊念仏と善光寺から始まる信州の芸能と建築の伝統や、山への信仰と街路の方角、雪国における特異な建築条件、特産の菜種油と照明のテーマでは日本で初めての商業油田が長野で成立したことから繋げるなど、歴史的な経緯を近現代に延長させることで見えてくる意外なテーマが目白押し。そこには、人は何故其処を住居としたのかという着目点を突き詰めた先に、雪と山間に閉じ込められたどん詰まりに生きる貧しい人々という、近代までの信州に対するステレオタイプをどんどん打ち消していく様な内容が綴られていきます。

更には、本書が「歴史館」という、博物館や考古館、文学館、歴史民俗館とは異なるスタンスを持った、すべての歴史時代から現代までの時代背景を通貫して描けるスタッフが著述を手掛けたという事を明確に示す点が、要所に織り込まれたコラム。発掘土器は現代の会食のマナーにまで繋がり、信州ならではの塩イカの歴史も現在の製造(実は福井県の三社ですべて生産)や販売傾向といった現代の食文化に直結。そして、信州と長野の呼称に対する微妙な使い分けを歴史的な経緯から探り出すといった、県民の皆様ならちょっと冷や汗が出てくるような小論考まで。

歴史館という、ち密に細分化された現代の歴史研究環境に於いて、ちょっと中途半端にも思える位置付けにある、その場所で活動を続ける方々が思いを込めて綴る、信州を軸に時間と空間を広げていくオムニバスストーリー。本書の性格故に本格的な議論がなされる訳ではありませんが、この一冊をきっかけに信州のことをもっと知ってほしい、その先に広がる世界、時代と必ず繋がっているという事をはっきりと教えてくれる一冊です。

雑学もたっぷりの「信州学」を標榜するに相応しい、次回以降のシリーズも楽しみにしながら。本書が好評の暁には、県立歴史館だけではなく、他の研究機関、博物館、美術館、山岳や観光、技術や工業、スポーツの団体など、信州の歴史/文化全般に渡るシリーズになる事を期待してしまいます。

 

浅い春色の夕暮れ(2018.3.24)

浅い春色の夕暮れ(2018.3.24)

春分を過ぎて、里は春爛漫を迎えたようですが、ここ八ヶ岳南麓はまだ冬景色の中。

それでも、昼間の気温は10℃を越えるようになって、徐々に春らしい雰囲気になってきました。

コートを家に置いて出掛ける週末の午後。

まだ牧草地には雪が残る、標高1300mの八ヶ岳農業実践大学校。

真っ白に染まる八ヶ岳の主峰、赤岳をバックに、牛たちは元気いっぱいです(こちらに気が付いて、餌くれコールの叫びと共に、追い詰められる私…)。

少し雲が多めな週末の午後。

それでも、陽射しが八ヶ岳の上に入ると、雪渓が輝き出します。

浅い青空が覗く、雲が多めな空。

春らしい暖かさに包まれます。

5時を廻って日が暮れはじめると、空は徐々に色付き始めていきます。

すっかり山裾の雪が減った、富士見の街中から望む八ヶ岳。

遠くに望む仙丈ケ岳の雪渓も、ほのかな春色に色付き始めます。

八ヶ岳の南麓側に廻り込んでいくと、山裾は雲に覆われています。

まるで初夏を思わせるような沸き立つ雲が西日に照らされる夕暮れ。季節は確実に春へと歩みを進めています。

夕暮れの柔らかな空色に浮かび上がる南アルプスの山々。

圃場は耕耘がなされて、少しずつ春を迎える準備が進んでいます。

柔らかに色付く空と甲斐駒の雪渓。

複雑な雪渓が浮かび上がる鳳凰三山。陽射しの向きが山筋と揃うこのシーズンだけは、雪渓が桃色の夕日に染められます。

春分を越えてぐっと遅くなった、まだ浅い春の夕暮れに。

春分の雪(2018.3.21~23)

春分の雪(2018.3.21~23)

お休みになると何故か雪が多く降るという不思議な事象に巡り合う、ここ数年。

3月下旬のお休みとなった春分の日。前日からの予報通り、朝から本格的な春の雪(信州では「かみ雪」と呼びます)となった八ヶ岳南麓です。

伊那に講演会を聴きに行こうと考えていた祝日の朝。

雪の中で行くのはきついなぁと思いながら、高速道路の状況をチェックしていると、悪い予感は当たるようで、チェーン規制の直後に通行止めに。これでは下道で行ったところで帰るのが無理なので、諦めて雪かきを始めた昼下がり。

深夜から降り続いた重たく湿った雪は、がっちりと車のルーフに圧し掛かっていました。

雪かきが終わったところで、気を取り直して少し雪上ドライブを等と呑気に構えて路上に出てみると、ちょっと大変なことに。真っ白な雪に覆われた圃場と、圧雪と湿った雪で轍がぐちゃぐちゃになった路面。更には吹き付ける強烈な風に煽られて車は右へ左へと振り回されながらの冷や汗もののドライブに(なので、この先の写真はスマホで車内から撮影です)。

車窓の向こうに広がる、吹き荒れる吹雪に沈む谷筋。

山間部に入っていくと轍は深く、直結4WDモードが自慢のSX4でもハンドルを維持するのに困難が伴う程です(こんな天候でもハイエースの皆様は意にも介さずかっ飛んでいきます)。

轍すら均されて真っ白な吹雪の中に沈む立沢大橋。

春の雪には桜や梅の花とのコラボレーションといったロマンチックな雰囲気もありますが、一方では烈風と重たい降雪が一気に襲ってくる、春の嵐そのままの手荒い一面も持ち合わせています。

荒れた祝日二日後、漸く天候が回復した週末金曜日の朝。

風も収まり、穏やかな日差しの下、再び雪原となった圃場の向こうには全山に雪を纏った南アルプスの山並みが青空の下に浮かび上がりました。

もう厳冬期ではない、稜線を越えていく浅い水色の空が、春の訪れをはっきりと教えてくれます。

柔らかな3月の青空と、雪を戴く八ヶ岳のコラボレーション。

重く湿った3月の雪は、冬の名残を惜しむように、八ヶ岳を白く染め上げていきます。

雲が晴れた甲斐駒。浅い青と純白の山稜が織りなす柔らかな朝の色。

眩しい春の陽射しが空高くから降り注ぐ頃、圃場の雪はすっかりと融けて、季節は再び春への足取を進めていきます。

都心では既にお花見のシーズン、里から訪れる春を待ちわびながら、冬の名残に思いを馳せる八ヶ岳南麓の週末です。

 

 

今月の読本『世界がわかる地理学入門』(水野一晴 ちくま新書)気候区分で巡る、地球を舞台に飛び出した日本のフィールド研究者たちが魅せる世界の素晴らしさを

今月の読本『世界がわかる地理学入門』(水野一晴 ちくま新書)気候区分で巡る、地球を舞台に飛び出した日本のフィールド研究者たちが魅せる世界の素晴らしさを

毎月新刊が刊行される新書は、各社のレーベルである程度得意分野やテイストでセグメントが分かれるようですが、今回ご紹介するのは、明らかに中公新書さんや岩波新書さんが得意とされるテーマ。しかしながら、この分野では珍しい、ちくま新書さんから刊行された一冊のご紹介です。

世界がわかる地理学入門』(水野一晴 ちくま新書)です。

著者は地理学の研究者。地理学とは非常に広範な分野をカバーするので、果たしてこのテーマを掲げた場合、どの部分に着目して描くのかにまずは興味を惹かれます。著者は植生及びその環境を研究されていますが、同時に世界50か国以上を廻ったフィールドワークの達人。その知見を最大限に生かした内容は、単なる地球環境や植生を取り扱った本とは一線を画する内容になっています。

全地球の気候区分(ケッペン気候区分)の説明から始まる冒頭や、地形、気象に関する解説は文系の方にとってははちょっと頭が痛くなり始めるかもしれませんが(ブルーバックスではないので数式は出てこないですよ)、ここは我慢で読み進めていただきたいところです。なぜなら、著者の想いはその後に綴られる豊富なテーマが地球の気候と環境によって形作られていることを理解してほしいと願っているからです。

その先に広がる世界。美しくも豊富な写真(電子書籍版はフルカラーらしいです、ちょっと羨ましいかも)で飾られる、地球を代表する自然や動植物の姿、その地に暮らす人々。これらはすべて営々として続いてきた地球環境そのものが作り出した事を、その仕組みとともに丁寧に説明していきます(お約束の場所以外にも、マンハッタンやストックホルムなど、ちょっと意外な場所も紹介されます)。

これだけですとやはり自然環境の本なのではと思われてしまうかもしれませんが、本書が出色なのは、さすがに人文に強い筑摩書房らしく、その環境で暮らす人々の姿、所謂人類学や農業、経済学的な視点の記述を、自然環境を語る以上に詳細に述べていきます。世界を廻った著者の豊富な知見と、他の研究者の成果、提供された写真を豊富に掲載することで、自然環境の幅広さ、素晴らしさを伝えると同時に、そこに生きる人々の、我々の想像を超える生活する知恵とその姿も併せて述べていきます。特に各気候区分に特有のその地に長く住み続ける人々の姿を、狩猟採集民、牧畜民、極地の生活、山岳民、そして都市住民と、生活スタイル、地形や環境ごとに述べていきます。世界中に暮らす人々がなぜそのような生活をしているのか、人類学や民俗学的視点の根底は、自然環境に強く影響を受けている事を明確に示していきます。

すばらしい世界旅行や兼高かおる世界の旅といった往年のTVドキュメンタリーが伝えてくれた、人と自然が交わる世界の広大さ、自然と人々の生きる姿と、その先に繰り広げられる歴史や経済活動は、決して切り離すことなく密接に結び付いて、我々はその中で生きていることを教えてくれたあの作品たちを見た時の感動をそのままに伝えてくれる本書。

そして、本書で忘れてはいけない点は、文中の引用や巻末の参考文献をご覧頂ければ分かりますように、その多くの成果が日本人の研究者たちによってもたらされたと言う点です。地球をフィールドに世界に飛び出した日本の地理学、人類学といった人文系の研究者や、動植物の研究者、地形、土壌、気象、地球環境といった科学者、さらにはプランテーション植物やその取引といった農学や経済学まで。豊かな研究環境の発展の中で世界中で活躍するたくさんの日本人研究者たちの成果を著者は自らの研究分野を述べる以上に取り上げていきます。

今や世界中で研究をリードする立場となったこれらの研究分野における日本人の研究者たちの成果が豊かに語り出す、気候区分で世界を巡る地球の物語。

あの頃、TVのブラウン管から覗く事しか出来なかったフィールドで、多くの日本人研究者の方々が活躍されていることを実感しながら、その世界の広さと美しさに心打たれる一冊です。

 

春を待つ空の色(2018.3.6~10)

厳冬の季節から徐々に離れていく3月。

連日激しく移り変わる天候が、春の訪れが近い事を知らせてくれます。

激しい雨の降った翌朝。

雲海が伸びる南アルプスの空は雨に洗われ、鮮やかな青空が広がります。

既に畔には火が入り、春を迎える準備が着々と進んでいます。

厳冬期の深い青が、徐々に褪せていく頃(2018.3.6)

夜半にさっと降った雪が積もった週末。

暖かな3月の雪は、日差しを浴びるとあっという間に溶けてしまいます。

午後になって雪雲が晴れた鳳凰三山。

強い風に煽られて甲斐駒から離れていく雪雲。

山頂にはまだたっぷりと雪渓を湛えています。

刻一刻と姿を変えていく雲を眺めながら。

雪雲が去って綺麗に晴れ渡った夕暮れの空。

真冬の夕暮れは日没と共に足早に暗くなっていきますが、春の空はじっくりと色を変えながら暮れていきます。

遠くに望む山々には雲海が広がっています。

塩嶺越しに雲海が望める場所へ移動します。

ゆるゆるとオレンジ色に染まる夕暮れの空。真冬の夕暮れとは違った穏やかな日没です。

振り返って望む、色が褪せていく八ヶ岳の空。

朝に降った雪がすっかり融け、日が落ちでコバルト色に染まる空の下に広がる八ヶ岳の雪渓も大分痩せてきました。

そして、夜の帳が降りる頃。

春の訪れを待つ標高1000mを越える八ヶ岳の山麓はまだ寒く、日没を過ぎると氷点下近くへと急激に冷え込んできます。

少しずつ春の足音が感じられる空の色を追いながら。

 

今月の読本『潜伏キリシタンは何を信じていたのか』(宮崎賢太郎 KADOKAWA)日本人とキリスト教を巡るすれ違う二つの想い

今月の読本『潜伏キリシタンは何を信じていたのか』(宮崎賢太郎 KADOKAWA)日本人とキリスト教を巡るすれ違う二つの想い

New!(2018.4.7) : 本書の著者、宮崎賢太郎先生(現:長崎純心大学客員教授)のインタビューが、版元であるKADOKAWAの文芸書紹介サイト「カドブン」に掲載されています。

ご自身の出自から、研究へ踏み出した経緯とカクレの皆さんとの交流、そして本書並びに一連のカクレキリシタンに関する執筆への想いを述べられています。

 

<本文此処から>

今年、長崎のキリスト教伝教関連の歴史遺産が世界遺産として登録される運びとなっています。

このユネスコの世界遺産登録。同じユネスコが関与する世界ジオパークでも同じような事が生じていますが、本来の趣旨と若干異なる点で指摘を受けることにより審査を受けなおす、内容を見直す事例が散見されています。

今回の登録の経緯に際しても、その受容から現在までの過程を俯瞰で捉えるのではなく、より禁教期を重視した内容に変更するようにとの指摘を受けて修正を経た上での申請となりました。

この指摘、ある程度事情をご存知の方であれば、キリスト教の奇跡としての側面を強く重視した指摘である点はご理解されているかと思いますが、この点について以前から敢然と誤った理解であるとの意見を述べ続けられる、地元長崎で長く研究を続けている方がいらっしゃいます。

今回ご紹介するのは、その方が所属される大学を離れられた後で初めて上梓する、これまでの研究成果を通じて、長崎における伝道と禁教、復活から今に至る歴史を、キリスト者(クリスチャン)として一般の方に伝える為に書かれた一冊です。

潜伏キリシタンは何を信じていたのか』(宮崎賢太郎 KADOKAWA角川書店)のご紹介です。

著者は長崎純心大学で隠れキリシタンの研究を30年に渡って続けられていた方。主に天草および島嶼地区を丹念に回り、現在でも信仰を維持されている方々の元へ繰り返し訪れてインタビューを行い、詳細にその信仰の全容を解明する研究を続けていらっしゃいました。

依然としてその全容を解明出来た訳ではなく、更には現在まで信仰を維持されてる方は著者の認識では僅かに80軒程度(厳密な形でとの前提)まで激減しており、もはや全容を把握する事は不可能になりつつあるという認識を示しています。そのような状況の中でフィールドワークを続けた記録は、本ページでもご紹介している前著「カクレキリシタンの実像」(吉川弘文館)で詳述されているように、その信仰は一神教(クリスチャンなので正確には三位一体)とはかけ離れた、先祖崇拝をベースに、シャーマニズムによる隠蔽性を秘匿と置き換えた、多神教の集合崇拝における一つの神としての「カクレ」であるとの認識を、キリスト者でもある著者は繰り返し示しています。

本書では、上記の認識に基づき、より一般の読者に向けて、隠れキリシタン(本書では著者の認識に従い、潜伏期はカクレキリシタン、教義としてはカクレ、一般名称としての現在の信者の方々を含むその信仰形態全般を、昨今の事情を鑑みて潜伏キリシタンと称します)の現在の信仰や生活と、禁教期における記録に残る信仰の姿を述べると共に、ザビエルの伝教から長崎における布教期、禁教に至るまでの経緯といった、日本におけるキリスト教の伝教を理解するために必須となる基本的な内容と、現在の信仰、特にカトリックとの関わり合いについて述べていきます。

伝教期に於いて、その大多数は集団改宗であり、満足な宗教的知識を持ち得なかった点。禁教期において伝え続けられた内容は、式文などには僅かにその面影が残るものの、内容は全く理解されずに唱えられていた点。一神教ではあり得ない、他の神仏と並べられて祀られるカクレの神。その延長で述べられる、現在の長崎におけるカトリック信者(全国でも最多の人口比)に含まれる禁教期を経てカトリックへ戻って来た方々の一部に対して、神父の方が指摘される「第三のキリスト教」と表現される「カトリックの檀家」との衝撃の発言。

本書の内容を初めて読まれた方は少し奇妙に思われるかもしれません。著者は明らかにクリスチャンの方なのですが、その著述内容は明らかに隠れキリシタンの信仰を自身の信仰と同じと見做される事を忌避されているように見えてきます。更には海外、特に同じクリスチャンを中心に、カクレの間で受け継がれてきた信仰を奇跡として捉える事に対して、その理解は浦上四番崩れに際して、それ以前の開国時にフランスから上陸した宣教師たちにより再改宗された際に捏造された印象であると、敢然と否定の意思を示します。カトリック教義との整合性に対する否定的な見解の先に、著者は隠れキリシタンの解説を大きく逸脱して、自らの信仰、教会を戒める数々の指摘を文中で繰り返し述べていきます。

カクレキリシタンが受け継いできた、そして今も潜伏キリシタンとして、更にはカトリックに復帰された方々の信仰すらも、本質的なカトリックとは異なると述べる著者。その一方で、奇妙なことに同じ文脈を用いてまったく逆の議論を始めます。これほどまでにキリスト教による教育環境の恩恵に浴し、キリスト教の風習に親しみ、国の象徴たる一族すらその宗旨と深い関わり合いを持っているこの国は、キリスト教(≒クリスチャン)に一番好感を持っているのではないかと。著者はその認識に基づいて、本論と同じくらいの力を注いで、なぜ日本人にキリスト教が受け入れられないのかを綴ります。

本書を表題や帯のように、隠れキリシタンの歴史とその姿を伝える本として捉える場合に、これ以降の内容はあまりにも本論と噛み合わなくなってきますので割愛させて頂きますが、著者が憂い、新宗教まで引き合いに出して議論される、僅かに人口比の1%にも満たない現在の教勢を語るに際して述べられる要因(即ち、カクレキリシタンが現代まで受け継いできた信仰心そのもの)。その指摘は肯定できる内容ですが、決定的に欠落していると思われる事、それは指摘されている内容(これは日本人であれば多かれ少なかれ自意識の中に潜在している事では)ではなく、それを「憂い」という視点で捉え続ける限りは、決して交わることは出来ないという事ではないでしょうか(完全に個人的な見解です)。

その豊富なフィールドワークによる研究成果から導き出された、世界遺産としての長崎のキリスト教伝教と今に至る受容の姿が正しく認識されることを願って綴られた本書。世界遺産登録を目前にした今、ロマンや奇跡という喧伝を離れて、改めてその歴史的な経緯に触れてみてはいかがでしょうか。

追記(2018.6.6) : 本書の著者及び著作の内容に直接言及して、カトリックとしての視点に対して疑問を投げかける著作が6月初旬に刊行されました。

フリーランスのライターの方が書かれた、第24回小学館ノンフィクション大賞の受賞を経て刊行に至った一冊「消された信仰」(広野真嗣 小学館)です。主に行月島の学芸員の方との間で持ち上がった、カクレの信仰がキリスト的かとの論点と、世界遺産登録に至る間に起った行月島の扱いへの疑念を辿ったルポルタージュ。既に本屋さんに並んでいますが、ご興味のある方へ(私は現状、立ち読みレベルなのでこれ以上は言及できません)。