山里を駆け抜けていく春(2018.4.10~13)

例年より2週間ほど早く巡って来る春は、その変わりやすい天候と共に、例年以上、足早に進んでいきます。

天気が回復して、抜けるような青空となった朝。

まだ多く雪を残す甲斐駒の雪渓をバックに、田端の枝垂桜が鮮やかに浮かび上がります。

強い風でコブシの花は散ってしまいましたが、清々しい春の青空の下で枝垂桜がいっぱいに花を咲かせていました(2018.4.10)。

強い雨と風が過ぎ去った朝。まだ雲が多めな南アルプスをバックに花を咲かせ始めた、葛窪の枝垂桜。

甲斐駒を望む圃場の崖に立つ一本のエドヒガンの老木。

ご覧のように正面の甲斐駒を遮るように高圧電線が掛かり、開花シーズン中、数年前から木の周囲には保護のため虎ロープが張られるようになりました。

もはやフォトジェニックなロケーションとは言えなくなったのかもしれませんが、それでも連年、花を咲かせてくれることを見届けたくなる印象的な桜の木。

朝日を浴びて輝く、見事に枝垂れる枝振りと花。信濃境から小淵沢に掛けての七里岩台地の甲信国境沿いに点在するエドヒガンの枝垂桜達。ソメイヨシノと比べると圧倒的な色の濃さと、寿命の長さ故に風雪に耐えて悶えるかの如くうねる印象的な枝振り。その一つ一つがどのような経緯でそこに佇み続けているのか。いずれも樹齢から江戸時代から花を咲かせ続けていると考えられる彼らはまた、兄弟木だとも云われています。

まさに甲信国境だった、唯一当時の遺構が残る口留番所跡の前に佇む老木。

繰り返し訪れる季節が巡る中、この地を行き交う旅人達が眺めたであろう景色に想いを馳せながら(2018.4.12)。

そして、標高1000mを遥かに超える、界隈では最も標高が高い集落である原村の中新田。集落の中に位置する深叢寺境内を貫く参道に植えられた桜も開花の時期を迎えました。

まだ満開ではありませんが、既に見頃を迎えた週末の夜。地元の方をはじめ、里より3週間ほど遅い春の訪れを心待ちにしていた多くの方が訪れていました。

あまりに早く訪れた今年の春は、その速さそのままに足早に山里を駆け抜けて、既に八ヶ岳の高原へ、山懐へと走り去ろうとしています。名残の桜となったこの週末、残念ながら荒れ模様の天気になりそうです。

 

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください