駆け足で過ぎ去っていく春の夕暮れに。鼎談桜(2018.4.15~21)

初夏を思わせる、急激に暖かくなる日が続くかと思うと、いきなり冷え込んで驚く今年の春。

八ヶ岳山麓の桜達も、ちょっと戸惑いながら、春を迎える装いを見せてくれているようです。

雪渓が雪雲から覗く甲斐駒をバックに、夕暮れの鼎談桜。

まだ少し冷たい風が吹く中、界隈では一番遅く花を開かせるこの木は、硬い蕾のまま(2018.4.15)。

朝の街角。桜の木の向こうに、甲斐駒が顔を覗かせ始めました。

日々行き交う通勤路も、瑞々しい山の頂きと花咲く桜があるだけで心軽やかになる朝(諏訪郡富士見町信濃境、高森2018.4.16)。

暖かな日が続くかと思うと、突如として冷たく冷え込んだ日がやって来るのが春。

冷たい雨が止んだ夕暮れ、コバルトの空に、二日目の月が金星と共に沈んでいきます(2018.4.18)

再び雪化粧をした八ヶ岳。この時期では珍しく、南麓寄りまで白く染まっています。

遅れて咲き出した圃場の脇に並ぶ桜達のバックには、白く染まった朝の南アルプスの山々(2018.4.19)。

暖かさを通り過ごして、初夏のような日差しとなった週末の夕暮れ。

何時もより2週間ほど早く、鼎談桜も花を咲かせ始めました。

広がる南アルプスに寄り添う鼎談桜。

春霞の夕暮れ、地元の方が綺麗に整備されている芝生の広場の向こうに佇む、鼎談桜。

夕暮れの長い陽射しが、甲斐駒を染め始める頃。

風もなく穏やかな、ゆっくりとした春の夕暮れ。三本の桜の木が語り合う様に幹を伸ばす姿から、地元の写真家の方が名付けられたそうです。

ほのかに甲斐駒と鳳凰三山の雪渓も桃色に染まる夕暮れ。

雲一つない、霞んだ春の空が広がります。

暮れていく日差しに、ちょっと後ろ髪を引かれながら。今年も山里に春の訪れを告げてくれた桜達も、間もなく見頃を終えようとしています。

日没を迎えた、圃場。乾いた田圃に水が引かれはじめると、季節は春から初夏へ。

山里の季節は、いつもの年より更に足早に次のシーズンへと歩みを進めていきます。

 

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください