少し早い新緑(2018.4.22~29)

少し早い新緑(2018.4.22~29)

猛烈な速さで移り変わる季節の変化に心が追い付けない春の日々。

それでもカレンダーはGWシーズンに突入となると、そろそろ新緑の季節がやってきます。

牧草地も緑が目立つようになってきた野辺山から望む八ヶ岳。

先週の日曜日には、まだ雪渓を多く望む事が出来ました。

高原の落葉松は芽吹きの真っ盛り。森の中は柔らかな萌木色に染まります。

標高2000mを越えて、まだ森の中には雪が残る麦草峠。

それでも路上には雪は全く無く、例年よりかなり少なめな積雪です。

22日は茅野で初めてのラリーが開催。トヨタ主催のビギナークラスが主体のローカル大会ですが、社長も自ら「モリゾウ」でエントリーするという力の入れよう。NHKが取材に入り、closed でしたが八ヶ岳山中で3kmのグラベルSSを2本も設定するという、トヨタの最短2019年WRC開催への国内プロモーション本気度が窺える大会だったようです(2018.4.22)。

春の暖かな雨を受けて、しっとりとした緑を徐々に濃くしていく朝の雑木林(2018.4.25)。

嵐が去った後、鮮やかに晴れ上がった朝の空の下、裾野を緑に包まれ始めた甲斐駒。

日々少しずつ痩せていく雪渓と山裾を駆け上げる新緑が青空の下で交差していきます(2018.4.26)。

週末、まだ少し早いのですが、落葉松に包まれる千代田湖へやってきました。

湖畔の落葉松もまだ柔らかな萌木色です。

昼下がりの眩しい陽射しに照らされる明るい落葉松林。

山桜と落葉松のアーチをくぐりながら、湖畔を歩いていきます。

幹から直接芽を伸ばす、可愛らしい落葉松の若葉。

湖岸を廻り込んで、落葉松林の中を散策します。

まだ若々しい緑に彩られる落葉松林。

午後の陽射しを受ける新緑。

若葉たちの萌木色が浅いコントラストを描いていきます。

落葉松と白樺のコラボレーション。華やかな新緑の午後。

千代田湖から流れ出る河畔の水音を聴きながら、軽やかな緑に染まる小路。

千代田湖の一つ山向こう。日影入の山々は一面の落葉松の植林地に覆われています。

午後の眩しい陽射しをいっぱいに受ける落葉松の若葉。

瑞々しい落葉松の若葉を望めるのはほんの僅かな期間だけ。

針葉樹にして落葉樹。落葉松だけが彩る、透き通るような鮮やかな新緑です。

ダムの建設によって集団離村した林道沿いの廃村跡で今も咲き続ける山桜。周囲の山林は今も時々手が入れられているようです。

GWになると山里の圃場には水が張られて、田植えの準備が進んでいきます。

地上よりも少し遅いですが、夏も短い山里。暖かだった春から一気に初夏へと、季節も人々も歩みを進めていくようです。

広告