山里の緑(2018.5.14~20)

変わりやすい天気が続く5月。

夏を思わせる暑い日が来たかと思うと、翌日には掛け布団にしがみ付くほどに冷え込む朝がやってきます。

落ち着かない天候にも拘わらず、それでも山里の季節は着実に進んでいきます。

雑木林の緑が眩しく輝く、雨上がりの朝(2018.5.14)。

里の近くの圃場も田植えが始まって、水面には若々しい苗が綺麗に並んでいきます(2018.5.18)。

緑の絨毯が広がる甲斐駒を望む圃場。

麦秋を前に、青々とした麦の穂が風に揺れています。

甲斐駒をバックに青々とした麦の穂を。あと半月ほどすると刈り入れになります。

振り返ると雲が晴れた八ヶ岳。

午後の陽射しを浴びて若草色に輝く小さな麦畑。

眩しい日差しを浴びる、麦畑の向こうに聳える八ヶ岳。

山裾の緑も大分深まってきました。

西側に向かうと、空には筋雲が目立ち始めます。

八ヶ岳の上空は、高い高い青空。

谷戸に延びる水田の向こうに八ヶ岳を望んで。

薄雲に覆われ始めた西の空。

夕方にはどんよりとした曇り空になってきました。

 

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください