緑の季節から移り変わる空へ(2018.5.24~26)

天気の移り変わりが徐々に早くなってくる5月の末。

空の色も薄く霞んで、一足早く夏を思わせる天気が続きます。

山里の圃場。田植えのシーズンも最盛期。

夜半まで降っていた雨が止んで、明け方に南アルプスへ掛かっていた雲海が少しずつ山並みから離れていきます。

クリアーな空となった夕暮れ。

宵の明星を残してどっぷりと日が西に沈んだ後、カエルの大合唱が響く圃場には涼しい風が吹いています(2018.5.24)。

寒暖の差が大きく、宵の内は綺麗に晴れていても、朝になると雲に覆われれる事が多い5月の末。朝になると、圃場の上には強い風に流された雲の尾がたなびいていきます。すっかりと雪渓が痩せた甲斐駒をバックに(2018.5.25)。

気温が上がって午後になると雲が沸き立ってきた八ヶ岳西麓。

標高が1300mを越える八ヶ岳自然文化園と農業実践大学校の間に広がる白樺林の中でレンゲツツジガ咲き始めました。何時もより2週間ほど早く満開まで進んだレンゲツツジの花。季節の進むペースに翻弄される今年の春でした。

梅雨を迎える頃、高原野菜にとっては夏の収穫を前に苗を植え付けるシーズン。

遠くに沸き立つ、少し早い入道雲を望みつつ、原村の名産、セロリ(地元ではセルリーと呼ばせます)畑でも苗の植え付けが真っ盛りです。

日没を迎えた諏訪湖。長くなった陽射しが塩嶺の向こうに沈んでいきます。

青空とオレンジ色の日射しが湖面で交わる時刻。

陽射しが山並みに完全に沈む前、湖面を染める空の色はパープルが混じるオレンジから、琥珀色に移り変わっていきました。

夜半になると空は雲に覆われ通り雨が過ぎていった週末。そろそろ梅雨の季節です。

 

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください