今月の読本「踏絵を踏んだキリシタン」(安高啓明 吉川弘文館)聖具から道具へ、 行政史が示す踏ませることの意味

今月の読本「踏絵を踏んだキリシタン」(安高啓明 吉川弘文館)聖具から道具へ、 行政史が示す踏ませることの意味

今年は長崎のキリスト教関連史跡が2度目の挑戦となる世界遺産登録を目前としている事もあり、各社から多数の関連書籍が刊行されています。

特に、歴史的な悲劇としての迫害と弾圧、奇跡と復興と言うイメージを強く印象付ける作品や、それらの視点の根底にあるカトリックとしてのキリスト教受容を問う内容に関する書籍は既に一部で採り上げられるようになってきましたが、その素地となる史学としての研究成果については、あまり言及されていないのが実情のようにも感じられます。

そのような中で、禁教期の象徴として捉えられる遺物に纏わるテーマを史学として正面から捉えようという一冊が登場しました。

今回ご紹介するのは、何時も新刊を楽しみにしている、吉川弘文館さんの歴史文化ライブラリー最新刊から、「踏絵を踏んだキリシタン」(安高啓明 吉川弘文館)をご紹介します。

本作の著者は熊本大学で教職に就かれている近世史の研究者、特に江戸時代の長崎を中心とした行政、法制史を専門とされている方です。従って、昨今多く刊行されている関連書籍の著者や登場される方々とは逆の立場、禁教を推進した側、当時の江戸幕府や長崎奉行、九州各地の藩や天領支配からみた禁教政策を描くことになります。

一時期、カトリック系の大学に籍を置かれていた事をあとがきに記されていますが、本書では中立的な著述を踏まえると敢えて述べており、心情的な筆致は最後に述べられる遠藤周作の『沈黙』が描く踏絵の姿を評する際に、僅かに添えられるに過ぎません。

長崎に生まれ、九州をフィールドとする近世史の研究者である著者が綴る「踏絵」のストーリー。冒頭では教科書記述の錯誤を正し、読者の歴史認識を整理する為に、ザビエルによるキリスト教の伝来から禁教に至る経緯から述べる本書。禁教期の幕府や各藩の政策やキリシタンの露見、そして開国後の禁教政策の段階を追った解除に至るまでの概要を示しますが、まずは多く流布しているこれらに関するお話や認識が、あまりにも誤謬と誤解に塗れている事に改めて気づかされます。前述のように総論の記述は高等学校の日本史教科書レベルの筈なのですが、江戸時代の禁教政策がどのような形で始まり、開国後も最終的には大日本帝国憲法の発布を待つまで(ほぼ)解除されなかったのかを、史学、特に法制史や外交史として再認識する必要がある事を指摘します。其処には、江戸幕府から明治新政府における文書行政による法秩序、対外的な施策を含む政策の継承性、一貫性と言う近世国家が作り上げていった規範の推移が、禁教政策を事例として示されていきます。

史学としての理解を前提とした上で述べられる各論。長崎奉行、代官の成立から職務範囲、その中で踏絵の発祥と成立から議論が始められますが、ここで判っているようで全く判っていなかった事実に突き当たります。踏絵が何処までの範囲でどのように実施されていたのか。本書の中核となる、九州各地における踏絵の実態に追っていきます。「絵踏」(「踏絵」と、この呼び方の検証は本書の冒頭にて議論されています)と呼ばれる行為自体が九州でも限られた地域、そして踏まれた遺物の分布をみても、長崎奉行と九州の極僅かな藩が所有する以外には会津に存在したことが判っているだけで、極めて限られた地域での実施であった事を示します。また、各地で鋳造や絵で描かれた踏絵が作られたとされていますが、その殆どが明治以降のキリシタンブームによって捏造、模造された物であると指摘します。現在東京国立博物館に収蔵されている、長崎県令から明治政府の教部省を経て、最終的には時の太政大臣、三条実美の決裁により国が管理する事になったこれらの踏絵や江戸時代に長崎奉行が管理していたキリスト教関連遺物。外交問題としても捉えられるほどに重要な物品として取り扱われる踏絵の管理は幕末まで厳重を極め、その管理や連年繰り返される各藩への貸与自体が、九州における幕府、特に出先機関である長崎奉行の権威と統制を示す行為の一環であったことを認めます。

そして、絵踏みを行う行為について、著者は行政史の専門家としてその実態を各地の記録から丹念に拾い上げていきます。その中で著者が繰り返し述べていく事、「踏絵」という行為の変質。本来はカクレキリシタンをしらみつぶしに探し出すために、メダイやプラケット、宗教画をモチーフにした「聖具」を踏ませることによる、信仰心を突き、宗教的良心の圧迫と背徳感をもたらせるための異端探索であった絵踏みが、寺請制度と組み合わされた、人別帳確認としての行政行為の一環、制度が守られている事を確認する作業を遂行するための「道具」へと、長崎奉行所が主導して造られた、現在残されている鋳造品の踏絵を用い始めた時点で変質していったと指摘します。

為政者によってコピーされ、聖具としての魂の込められていない「道具」としての踏絵。それでも、連年九州各地(ここで薩摩や福岡、佐賀といった大藩や薩摩の属領を含む日向では行われていなかった点にも注目)、後に天領となった五箇荘にまで長崎代官所の役人を送り込んで行われる絵踏み。その行為は、前述のように長崎奉行所を軸に九州各地の藩や天領における住民に対する支配体制や法令順守の再確認の場であったことを示していきます。その結果、人別確認的な指向の強い非常に厳密に行われていた制度自体が、江戸後期になると藩によっては名誉的な名字帯刀を与えるのと同じような形で免除を与えたり、絵を踏む側の住民達にとっても、大勢が集まり、並んで絵踏みを待つ人を目当てにした屋台などが並ぶ「ハレの場」へと変容を遂げていた事を記録から認めていきます。

では、踏絵の本質であったキリシタンの詮索という目的が失われてしまったのか。此処で、著者は思いがけない見解を示します。禁教が続いてからも断続的に発覚した「崩れ」と呼ばれる潜伏キリシタン(この表現にしておきます)の発覚。しかしながら、江戸後期に至ると、発覚者自体を「キリシタン」とは認めず、別の理由を付けた処置を行う事になります。法制史が専門の著者の見解が存分に示される部分。天草崩れや浦上三番崩れ処置の過程から、為政者にとって「踏絵」を行っている以上、キリシタンは存在しないものという行政にとっての一貫性に対する誤謬を認める事は出来ず、類似した行為が発覚したとしても、それを「キリシタン」であると証明する手段が踏絵以外に存在しなければ、「キリシタン」ではない別の異端者である(この辺りは江戸時代の本山制度の理解も。処罰の対象は檀家寺側に)と定義づけられることになります。

隠れでもカクレでもない、もちろん(潜伏)でもない。そもそも「幕府が公認する」キリシタンではない。踏絵を踏み続け、先祖伝来の「異宗」を守り唱え続けた「心得違い」の者たち。

更には、天草崩れ発覚の経緯から、これらの前提がむしろ支配体制の弛緩をカクレキリシタン探索として幕府に暗示された先に発覚(島原藩が自ら長崎奉行に届け出る形に)した可能性すら匂わせていきます。本書でも述べられるように、余りの発覚者の多さに地域社会が崩壊することを懸念した長崎奉行を始めとした幕閣が敢えてカクレキリシタンとしての認定を回避したとも謂われる、江戸後期に起こった一連の崩れの処分(一方で、浦上四番崩れは自ら教会に駆け込みキリシタンであることを明確にしており、開国後の対外的な禁教維持の姿勢を示す必要性からも処罰に至ったと)。穿った見方をすれば、この本質の変容が、カクレキリシタンをしてカトリックとしての信仰継承性を有しないという一部にある論に対する、近世史からの暗喩にも思えてきます

その延長として、一部で喧伝される「出島のオランダ人も毎年踏絵を行った」という記述に対しても、その後のペリーによる回顧通り、唐人屋敷に集住する清から往来した貿易従事者達や漂流者(帰還した日本人を含む)と異なり、オランダ人には外交上の配慮から踏絵を課される事が無かったと改めて指摘します。

内政だけではなく、貿易や外交なども包括する時の政府(幕府)としての政策の一環であった、九州地方における絵踏という行為と、その継続性を示す道具である「踏絵」。

幕府のお膝元から遠く離れた地における支配体制の強化の一環とも捉えられるその制度の本質が変化していく過程を、行政としての「絵踏」から捉えた本作。表題にある「キリシタン」の部分は巻末の僅かな記述に留められていますが、その道具に秘められた歴史的な位置づけを史学として冷静に捉える。歴史と文化、其処に残された文物を学問的背景に基づいて綴る事をテーマにした本シリーズらしい一冊。

折角の機会ですので、豊富になってきたこれらのテーマを扱った書籍を手に取って、色々と読み比べてみるのも面白いかもしれませんね。

 

広告
梅雨の晴れ間に、美ヶ原(2018.6.24)

梅雨の晴れ間に、美ヶ原(2018.6.24)

夏至を過ぎて、季節も折り返し地点。

徐々に雲が晴れてきた日曜日、雨上がりの空の色に誘われて空の頂へと昇ってみます。

其処は空に手が届くほどに高く、清々しい場所。

多くの観光客の方が訪れるビーナスラインとは反対側に位置する、もう一つの美ヶ原。

美ヶ原林道を登り詰めた先に広がる、思い出の丘。

満開のレンゲツツジと雪を残す北アルプスが迎えてくれます。

此処からは車を置いて、稜線を歩いていきましょう。

涼しい風を受けながら、空に掛かる路を歩いていくと、そこかしこでレンゲツツジの花が迎えてくれます。

遠く浅間山を望む立石峰。

尾根のピークを越えると、レンゲツツジの群落が迎えてくれます。

手が届きそうな雲の下で花を咲かせるレンゲツツジ。

沸き立つ雲の下、天空の路が続いていきます。

梅雨の晴れ間の気持ちの良い午後に、空に一番近い場所で。

梅雨の合間、夏至の頃に(2018.6.19~24)

季節は梅雨の真っ只中。

でも、今年は少し気温が低めで推移しているようです。

肌寒い雨の日が続く中、日射しを求めて。

雨上がりの朝。

僅かに残るばかりとなった甲斐駒の雪渓が圃場の水面に映ります(2018.6.19)。

夏至の夕暮れ。

茜色の雲が西の空を染めていきます。

夕闇に沈む甲斐駒と南アルプスの山並み。

彩なす雲の羽衣を纏って(2018.6.21)。

再び強い雨が降った土曜日。

夕暮れになると、八ヶ岳の向こう側、西の方から青空が覗き始めました(2018.6.23)。

朝になると雲が晴れてきた八ヶ岳西麓。

長く尾を曳く雲が山並から離れていきます。

陽射しが戻ってきた奥蓼科、御射鹿池。

緑が最も眩しい夏至を挟んだこの季節。梅雨の合間、雨上がりのワンシーン。

梅雨の晴れ間に、霧ヶ峰のレンゲツツジ(2018.6.12~17)

梅雨の晴れ間に、霧ヶ峰のレンゲツツジ(2018.6.12~17)

本格的な梅雨空となってきた6月中旬。

ぐっと冷え込む日があるかと思うと、早くも台風が接近したりと目まぐるしく天気が移り変わっていきます。

雨上がりの麦畑。

前日までの激しい風雨で倒れてしまった場所もありますが、梅雨空の下、漸くの色付きを迎えたようです(2018.6.12)。

風の強い朝。

雨上がりの空に雲が勢いよく流れていきます。

ピカピカに磨かれた青空の下で輝く圃場の上を足早に往く、長く尾を曳く雲たち。

梅雨の晴れ間、気持ちの良い朝の日射しです

強い風が吹いて雲が押し流された後に、再び厚い雲に覆われてきた夕暮れ時。鮮やかに色付いた夕焼けの残滓が、雲と圃場を染めていきます(2018.6.13)。

今年の梅雨は長い雨が続かず、晴れ間も広がる日があるのですが、一度降り出すと極端に冷たい雨となる、気温変化の激しさに驚かされます。一面の霧に包まれた夕暮れ時の野辺山駅前。午後5時過ぎのこの時間で10℃と、まるで4月の終わりのような冷え込みです(2018.6.16)。

天候の回復した日曜日。

まだ涼しい風が残る午後に、霧ヶ峰まで上がってみます。

例年よりかなり早く咲き始めたレンゲツツジですが、気温の上昇が鈍いためでしょうか、ゆっくりと時間を掛けて満開を迎えたようです。

車山肩のレンゲツツジ。

まだ花を開いていない木もありますが、ほぼ満開となっています。

ビーナスライン沿いの山裾を染めるレンゲツツジ、色付きは今一歩ですが、例年並みに花を咲かせているようです。

夕暮れ前のビーナスライン、伊那丸富士見台。

西日を受けて輝く、周囲に広がるレンゲツツジを。

西の空は、早くも次の雲たちでびっしりと覆われてきました。

梅雨の晴れ間の僅かな間に花を開かせるレンゲツツジたち、今年はもう暫く楽しむ事が出来そうです。

 

長野県立歴史館の企画展「君は河童を見たか! -水辺の出会い-」とオープニング講演会「妖物の誕生」(2018.6.16)

長野県立歴史館の企画展「君は河童を見たか! -水辺の出会い-」とオープニング講演会「妖物の誕生」(2018.6.16)

2016年に信州大学副学長から転じた、中世史に関する多くの著作を有する笹本正治氏が館長を務める長野県立歴史館

就任以降、県内各地の博物館、美術館を巡っての講演を始め、今年からは信州学をテーマにして、歴史館の職員を執筆陣にした書籍シリーズの刊行を始めるなど、積極的な活動を繰り広げられていますが、この夏、それらの活動の決定版とも言うべき企画展を仕掛ける事になったようです。

長野電鉄屋代線廃線の時以来で訪れた屋代。

実は初めての訪問となる、森将軍塚古墳の麓に位置する、長野県立歴史館です。

本館内の展示内容は建物のサイズ通りで(右側は体育館のような大屋根で柱のないプレーンな展示エリア)スケールは大きいのですが、その内容は各時代ごとに設けられた撮影セットのような摸擬建築物の展示に、添えられるケース内の展示物もその殆どが模造や複製品(但し、富士見町の札沢遺跡から出土した動物装飾付釣手土器は長野県宝としてこちらに実物が展示されています…)と、実際の出土物、史料だけが有する無言の説得力を前面に掲げた博物館や考古館が増えてきた中ではちょっと寂しい内容。故にこの場所が「歴史館」である理由を暗示させる展示内容でもあるのですが、今回の企画展は果たして如何でしょうか。

通常展示とは別扱いとなる今回の企画展「君は河童を見たか! -水辺の出会い-」。残念ながら著作権の関係で、全ての展示物の撮影が禁止となっていました(歴史館の常設展示は撮影OKです)。

何でかなぁと思って、配布されていた展示物一覧の所蔵先を見れば一目瞭然。当館の収蔵品は半数にも満たず、更にその殆どが「河童」との直接的な関係が薄い、奈良時代までの出土物にほぼ限られる事が判ります。

館長自らが講演会の冒頭で指摘するように、この企画展、妖怪や文芸としての河童だけをテーマにするのではなく、人と水辺の関わり合いをテーマとして歴史的な背景を学んでもらおうという企画意図に立ったもの。その中で、最も身近な存在である「河童」にテーマを仮託した(その結果、多様な展示物を各所から掻き集める結果に、芥川龍之介の作品などは山梨県立文学館の所蔵なので…嗚呼)と捉えられるかと思います。縄文土器の蛙状の文様から、本展のメインキャラクターを担う、松代の銅鑵子、そして文学の中に生きる芥川龍之介の河童とそのインスピレーションを与えた上高地。水辺に生きる人々の触れ合い方、畏敬から絵画としての親しみへと変化する中で、その想いを重ねる存在としての河童を見出していきます。

水を治める為の祈りを捧げる物から、妖怪としての河童の登場、そして南信に伝わる、河童からの恩返しとして製法を伝えられたとされる痛風薬としての加減湯。水を恐れ、御し、使いこなした先に親しみながらも、なおも畏敬の念を持ち続け、時に自らをその姿に仮託する様をじっくりと見せてくれる展示内容です。

そして、企画展のオープニングとして催された、笹本館長の信州大学での一年先輩という、関西学院大学の西山克教授による講演(開演前の紹介で、今回の企画担当の方の出身大学と西山先生の所属大学で妙なスクラム話が盛り上がるという小ネタ付き。笹本館長、ネタ振り過ぎです)。実は前述の展示内容同様に、今回のテーマを妖怪としての河童だと捉えて掛かるとちょっと拍子外れな講演内容になってしまったかもしれません。

定員220席に対して、7割以上の入りとなった講演会。年齢層がかなり高めな中で明らかにそちら系にご興味を持たれてお越しになられた方も散見されましたが、1時間半に渡る講演内容の過半は、河童とは少し離れた「百鬼夜行図」の読み解きから「妖物」が生み出された背景を探っていくというテーマ。最近、中世史の研究で非常に活発な絵図からの解釈を織り込んだ研究の一端を紹介される内容には期待外れだった方もいらっしゃったかもしれません。もっとも、民俗学ベースの妖怪、怪異系のお話があまり得意でない私にとっては、大陸由来の白話から説き起こしていく今回の内容には大満足。むしろ、絵解きの神髄でもある、其処に付された比喩から制作者を読み解いていく西山先生の解説は目から鱗で、そこで真珠庵から一休宗純に繋ぎこむのか!と思わず膝を打ってしまいました(判っている方はほくそえんでいらっしゃったようですが、前フリがまた憎いです)。

その上で、如何にも民衆の伝承の中から生まれたように見える河童の「名付け」自体も、大陸からの白話に由来する物語に当てはめられて、逆にその名を付けられた(カワタロウからカワ・ワッパ)。子供の姿で描かれるようになったのも、童(本来は髷を結ばない状態)の字面から逆にイメージされたものだとの認識を示していきます。

民俗学的な素朴なイメージで捉えようとすると完全に足元を掬われる、知識人層の機知を含ませたイメージの延長にあったとする妖怪(妖物)自体が、当時の激しい飢饉に対する施餓鬼としてのイメージに、痛烈な諷刺を重ねた先に生み出された物であることを暗示させる講演内容。

歴史館と言う多面的な歴史の捉え方を念頭に置く施設が送り出すテーマに相応しい、ここから広がっていくテーマの起点として「河童」を採り上げた企画の面白さ。そして、文献史学と美術史(図像学)の交点を絶妙に織り交ぜた、実に興味深いお話を聞かせて頂いた西山先生の講演に大満足だった一日。

長野県立歴史館の企画展では毎回、このような形で豪華な図録が制作されます(今回はずっしりと重たいグラビア用紙を用いたA4版オールカラーで100ページ。撮禁でしたが、図録で大満足。ここでも笹本館長、売り込みに躍起でした)。

左右の二冊はどうしても欲しかった、国立博物館と上野動物園を生み出した、飯田出身で博物学者の祖、田中芳男の企画展の図録と、観光地図というジャンルを成立させた、鳥瞰図絵師、吉田初三郎をサブテーマに扱ったパノラマ図と観光地絵図の企画展の図録。どちらも二度と出てこないと思われる貴重な図録なのです)。

じっくり企画展を眺めて、タップリお話も聴けて、只今、お家に帰ってゆっくり図録で楽しんでおります。

今月の読本「登録有形文化財」(佐滝剛弘 勁草書房)登録する事から始まる、地域と歴史を結ぶ文化財へ

今月の読本「登録有形文化財」(佐滝剛弘 勁草書房)登録する事から始まる、地域と歴史を結ぶ文化財へ

古民家ブームなどもあり、地域に残る古い建物などへの興味が高まる傾向にある昨今。そんな中で、立ち入りを規制して旧来の姿を維持し、本来の姿への復元を模索する物件がある一方、今も盛業中の施設であったり、大胆な改装で観光施設として、更にはカフェや物品販売のお店などへと転身を遂げる物件もあるようです。

同じ文化財なのに、何でこんなに扱いが違うのだろうかと首を捻った事がある方にお勧めしたい、単なる物件のガイドに留まらず、その多彩な姿を制度面や実際の利用面の双方からも教えてくれる一冊の紹介です。

登録有形文化財」(佐滝剛弘 勁草書房)のご紹介です。

著者は現在、京都光華女子大学の教授を務められていますが、本来は学術研究者や建築史を専攻された方ではありません。所謂、好事家と呼ばれる方の探究心が先鋭化した先にそのテーマを見出された方。本書のベースとなる、国内にある11000件以上(2017年現在)の登録有形文化財のうち、10000件近くを踏破されたという、正にマニア道を極めた先に綴られた一冊です。幼少時代、明治村に移築されてきた建築物に触れあったことが切っ掛けであったと述べる著者が踏破した中で好奇心を持った、登録有形文化財の面白ガイドにも見えてしまいますが、現在の著者の立場は「プロの」コンサルタントにして研究者。その矜持が本書の位置付けをより本質を捉える事に着目する筆致を採らせる事に繋がっています。

冒頭で述べられる、ある登録有形文化財の登録記念式典に同席した時の記録。僅かな記述なのですが、その中に著者が願う「登録有形文化財」という制度の姿を完璧に織り込んでいます。

国宝や重要文化財、地方自治体の側から行われる文化財の「指定」と、所有者や登録を働きかけた人々、団体からの申請に対して審査を行う「登録」という、制度の根幹から異なる点を指摘する事から始まる本書。そのため、登録される文化財は、あくまでも能動的に所有者や後押しをする人々の協力なくしては登録され得ない事を明示します。逆に捉えると、補助金制度と同じで、行政システムを熟知している自治体や団体にとっては極めて有利な制度(税制的な優遇措置もあります)であるために、その登録される物件や地域には著しい遍在性が認められることを著者は指摘します(おわりにでは敢えて苦言を呈していらっしゃいます)。

そのような中で、様々な立場の人々の協力を受けながら登録に至った物件たち。この制度の大きな特徴でもある、現住者への規制が指定文化財に対して緩やかであり、著しい外観の変更を伴わなければ内部構造の改変を認める(費用面の負担は別、逆に外観の改修にはインバウンドへの効果を狙った補助が出るようになったと)という、柔軟な制度運用。旧来の文化財としての固定的な維持、管理を目的とした制度から、保存を前提としながらも、活用される事で維持に繋げる制度である点を明確に示していきます。

そして、登録に至るために必要となるハードル。制作されてから50年以上が経過しているという前提条件は等しく同じなのですが、それに付随する部分は登録された文化財ごとに大きく異なります。全てで11000件以上もある登録有形文化財、本書にはその中から著者が選び抜いた文化財がテーマごとに掲載されていますが、何れの物件にももう一つの共通する部分があるようです。日本遺産と言う、これまたインバウンドを狙った登録制度がありますが、こちらの選定過程でも審査を行う文化庁サイドから述べられる「ストーリー性」。建築された経緯や、設計者、時代背景はもとより、現在の物件を維持されている方々がそれぞれに背負っている物語、歴史的経緯への配慮を前提に置くべきである事を伝えようとしていきます。

第二部で13のセクションに分けて綴られるテーマ毎の登録有形文化財の紹介。明治維新以降の海外からやって来た建築家とその系譜を建築物から辿るという建築史的な記述も当然述べられますが、著者の主軸は別の点に置かれているようです。建築史的な枠組みを超えて、利用者や目的別であったり、当時の産業に密着している物件(著者には富岡製糸場を始め、製糸産業に関する多数の著作があります)について、その背景となる物語が寄り添っている事を明確に示す事。その結果、特異な構造物である凱旋門やラジオ搭から戦中の掩体壕、明治維新以降に整備された神社と廃仏毀釈と大火を乗り越えようと開港地に移った大本山に新宗教の教殿、大観光地となった日光を紹介した外国人たちが造った別邸からその地を守る砂防堰堤群まで。著名人や個人の住宅を語る際と同じ視線で、それらの物件の背景にある物語へ等しく眼差しを向けていく事になります。

その中でも力を入れて紹介されているのが、明治以降の産業遺産に繋がる施設達。発電や鉄道と言ったインフラはもちろん、造り酒屋や醤油と言った伝統的な醸造業、特に著者の専門分野である製糸は、特異な建築様式で知られる養蚕農家の母屋から工業化された姿である製糸工場の建築群、更には当時の貿易の花形であったことを示す、海外からの顧客をもてなすために建てられた迎賓館まで。それらが一群として残っている事の意義を語りながら紹介を続けます。造られてからの年数が50年以上で、しかも文化財として「指定」されていない、今も変化を続ける物件にのみ与えられる登録有形文化財と言うシステムを象徴する産業遺産たち。それらは著者のテーマである地域の為に活用される文化財へとの想いに繋がっていきます。

ややもするとインバウンドにばかり目が行きがちですが、著者はそのような流れの遥か以前から地域と文化財というテーマを抱きながら全国の施設、物件を探訪し続けた方(全国の郵便局を廻った記録を綴った作品が出世作でしょうか)。日本が近代化と産業化の中で大きく変わり続けた中で残された、生活に密着していたそれらの文化財が、地域を結びつけるストーリーを宿したアイデンティティとして、新しい絆を結ぶ結節点として活用されて欲しいと願い、積極的な活動を続ける中で綴られた本書は、著者の身近な文化財とそれぞれの地域への想いが詰まった一冊。

万を超える膨大な物件は今も変わり続け、中には惜しくも解体、指定解除となってしまう例も散見されるようですが、地域のランドマークとして、その想いを伝える場所として、末永く活用される事を願って。

梅雨の走り(2018.6.5~9)

梅雨の走り(2018.6.5~9)

6月に入ると、いよいよ梅雨入り。

カメラを抱えてフィールドに立つ事は減ってしまいますが、日常のワンシーンで収めた写真から。

梅雨入り目前となった圃場。

雲が織りなす景色を楽しみながらも、空模様が気になりだす頃(2018.6.5)。

雨模様となって梅雨入りが宣言された翌朝、厚く雲を被った甲斐駒の山頂が僅かに顔を覗かせ始めました。雪渓が僅かに残る山頂付近。

雲が取れはじめた南アルプス。暑い雲海の上空から青空が広がり始めました。

山脈をダイナミックに動く雲間から顔を覗かせる甲斐駒。梅雨の走りのワンシーン(2018.6.7)。

一旦は天気が回復して暑くなった土曜日の夕暮れ。

雲は晴れましたが、夕暮れに掛けて強い風が吹く中、まるで浜辺のような波飛沫を上げる諏訪湖の湖畔。そろそろ台風の足音が聞こえて来たようです。