暑かった連休の夕暮れ(2018.7.16)

暑かったこの3連休。

例年以上に人の出が多かった山から少し離れて、日中は自宅で過ごしていましたが、少し涼しくなった夕暮れになって、漸く外に出てみます。

鮮やかな琥珀色に輝く夕暮れの空。

熱を帯びた太陽が山裾へとゆっくりと沈んでいきます。

夕暮れの日射しに照らし出される南の空で沸き立つ雲。

長く暑かった陽射しが、西の空に送り出されていきます。

薄紅色に染まる八ヶ岳の上空。

日が沈むと山から風が吹き始め、俄かに湧いてきた入道雲が名残の夕焼けに色付いていきます。再び西の空に振り返ると、真っ赤に染まる雲。

暑かった連休の余韻を伝えるような、燃えるような夕暮れ。

自宅に戻ると、空には稲光が走り、山からは雨雲が迫ってきているようです。

広告