深まりゆく秋色の八千穂高原(2018.10.14)

お天気がどうにも安定しない今年の秋。

週末になると崩れる天気、この週末もすっきりしない空模様となりました。

強い雨が降った後、雨上がりの日曜の午後。

麦草峠の入口にある浅間山を望む駐車場。

周囲の落葉松も飴色になってきました。

白樺の木々の向こう、今が紅葉の真っ盛り。

少し下がって八千穂高原の真ん中に位置する八千穂レイク。

雲間から陽射しが差し込むと、湖畔に広がる紅葉した木々が輝き出します。

山を覆う落葉松の黄葉はまだもう少し先です。

湖畔を少し離れて、紅葉する木々の中へ。

雨上がりでお天気が安定しない午後。雲が掛かるとしっとりした空気に包まれます。

青空から眩しい日射しが戻り始めると、木々は再び輝き出します。

零れ日が差し込む遊歩道。

青空をバックに輝く紅葉。

森の奥から白樺林を望んで。

白樺の黄葉はそろそろ終わり。

青空の下で葉を落とした白い枝を伸ばしています。

西日を浴びて輝き出す木々の紅葉。

乾いた秋色に染まる午後。

輝く紅葉、赤と赤のコントラスト。

再び雲に覆われ始めた空。うっすらとした黄色に染まる白樺。

日射しが遠ざかっても、森の中に染まる赤い紅葉は鮮やかに映えます。

秋色が綾なす森。

すっかり日が隠れた森の中。ゆっくりと戻ります。

森を抜けて再び八千穂レイクへ。

湖面に映る雲は夏空の様に湧き上がっています。

この後、麓を廻って野辺山まで戻ると、夕立のような激しい雨が降り出しました。

夕立の空を抜けて南麓側に戻ると、雲海を纏う甲斐駒は夕暮れ色に染まります。

峠を越える頃には気温は10℃を下回り、山の秋も深まってきました。

 

 

広告