初冬の点描(2018.11.24)

好天に恵まれた11月終盤の3連休。

八ヶ岳山麓の紅葉は既に終わり、季節は初冬へと進んでいきます。

既に山上の道路は冬季閉鎖、特に出掛ける予定もない土曜日の午後、お散歩がてらに撮った何枚かを。

すっかり葉を落とした落葉松林に囲まれる、奥蓼科、御射鹿池。

農閑期となるこの時期、農業用ため池としての役割も一休みで流れの少なくなる池の水は驚くほど澄んでいます。

穏やかな湖面の水面に映り込む、落葉した落葉松の木々。

湖面が凍結して雪で覆われる厳冬期を前にした、初冬の鏡像。

夕暮れの諏訪湖。

大きく南へと遷った初冬の夕日が、穏やかな湖面に差し込んできます。

暫く湖畔で佇んでいると、杖突峠の向こうに沈んだ夕日が雲を焦がし始め、真っ赤に染まる雲の羽を羽ばたかせ西の空へと飛び去っていきました。

日暮れを過ぎた後、所用を済ませて八ヶ岳の懐深く、原村の八ヶ岳美術館前を通ると、冬の一大イベント、星空のイルミネーションが始まっていました。

連休中日の土曜日、イベントが開催されていたようで、美術館の駐車場も周囲の路上も車が溢れ、普段は静かなこの場所もちょっと賑やかな夜を迎えていました。

午後7時を前にして気温は既に1℃を下回る、初冬らしい冷え込みとなった夜。地上より半月早い山の季節は、徐々に本格的な冬へと進んでいきます。

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください