年の瀬を越えて(2018.12.30~2019.1.2)

遅れていた本格的な寒さがやってきて、年の瀬らしい冷え込みとなった年末。

今年はカレンダーの関係からゆったりした年の瀬を迎えました。

殆ど雪がない、南麓側の長坂町から望む夕暮れの八ヶ岳(2018.12.30)。

寒気がもたらした雲が抜けて午後になるとすっきりと晴れ渡った、大晦日の八ヶ岳西麓。

夕暮れを迎えた八ヶ岳。

すっかり葉を落とした落葉松林に包まれる山裾が夕日を浴びて赤銅色に染まります。

西日が落ちていく南アルプスの山並み。一つの年が巡ります(2018.12.31)。

元旦の朝、すっきりと晴れ渡った空の下に稜線を広げる甲斐駒。

雪が少ない今シーズンの八ヶ岳ですが、年末に訪れた寒波が東麓側の赤岳を雪山へと装わせてくれました(2019.1.1)。

実家への墓参から戻ってきた翌日の夕暮れ。

朝に舞った雪が路肩に吹き寄せられている小淵沢駅に立ち戻ると、雄大な八ヶ岳の夕景が迎えてくれます。

夕暮れの雲に照らされる甲斐駒の雪渓。小淵沢駅の屋上デッキからは、八ヶ岳と南アルプスの山並みの双方を眺める事が出来ます。

少し雪化粧をした夕暮れの八ヶ岳、日没を迎えて雪渓は淡い紅色に染まります。暮れていく新年二日目の空。

再びこの場所で、今年も歩みを続けていきます。

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください