漸くの冷え込み(2019.1.21~27)

1月も後半になると八ヶ岳山麓は本格的な厳冬期に入ります。

雪雲が去った朝。

うっすらと山裾を覆う新雪の綺麗な雪化粧を纏った朝の八ヶ岳(2019.1.21)。

寒気が入り込んでうっすらと雲が流れ込む、冷え込んだ朝。

柔らかな日差しを受ける甲斐駒(2019.1.25)。

連日の冷え込みで50% OFFが連発となった八ヶ岳南麓の冬のお楽しみ。寒いほどお得フェア

今朝は観光協会のサーバーがアクセス過大でダウンするほどに大人気となっていますが、平日であればそれほど混まずに美味しい料理を堪能する事が出来ます。

木曜日の晩に訪れた、清里のオーガニック料理と串焼きのお店「美味小舎」。自家農園で栽培する山わさびを目の前ですりおろしてくれる、放牧牛のステーキ丼を。お値段ちょっと高めなのですが、今夜は50% OFF。手作り味噌の味噌汁もまた美味しい、自然派料理を堪能です。

終日舞い続けた雪が止んだ日曜日。

 

強烈な風が吹き続ける中、抜けるような青空が広がりました。

釜無川の対岸、白州側から遠望する八ヶ岳。

今年はやはり雪が少ないですが、それでも真冬の装いとなってきました。

南アルプスの山裾深く、白州の山沿いを進むと、目の前に甲斐駒の威容が迫ってきます。

午後の日射しをたっぷり浴びて雪渓が輝く、甲斐駒の山頂付近。

凍てつく雪渓から照り返される眩しい日射しがファインダーの中まで映り込んできます。

麓で所用を済ませて再び戻って来ると、日射しは西に傾き始めてきます。

冬の青空の下、白く染まった八ヶ岳の峰々。

西に傾き始めた日差しを受ける北八ヶ岳の峰々。

蓼科山もここしばらくの寒気の流れ込みで、すっかり白くなりました。

日没を迎えて風が凪いだ八ヶ岳の山並み。

雲一つない空、今日も美しい夕焼けとなりました。

ゆっくりと沈んでいく厳冬の夕暮れ。

雪渓を染めていた夕日が西の空に沈むと、空はほのかに桃色に染まります。

1月も下旬となると日差しはすっかり長くなり、5時を過ぎてもまだ明るい西の空。

人工降雪機がフル稼働する富士見パノラマスキー場の照明が入笠山のシルエットから浮かび上がります。

漸くの厳冬の日々となりましたが、今年は天候が不安定。

明日の晩は再び雪が舞いそうです。

 

広告