桜色の夕暮れに、枝垂桜(2019.4.13)

思わぬ大雪に驚かされた今週。

落ち着かない天気が続きますが、再び晴れ渡った土曜日の午後。

尾を曳く雲が伸びる南アルプスの上空。

今週降った雪がまだ山々にたっぷりと残っています。

八ヶ岳南麓側の桜は開花しましたが、標高900mを越える県境を越えた西麓側の桜の開花はまだもう少し先。

午後の日射しを浴びる紅色の蕾をいっぱいに付けた田端の枝垂桜。

2本の桜とコブシの木が同じ場所に植えられるこの場所。

三色に染まると称される木々ですが、一番早く咲き出すのはコブシの花。既に桜の蕾の上で花を開かせています。

今週の雪で山麓近くまで残雪が残る南アルプス。

傾き始めた日差しを浴びて、桜の花はゆっくりと開花の時を待っています。

八ヶ岳南麓側に戻ると桜の花はいよいよ見頃に。

うっすらと紅色に染まる南アルプスをバックに満開の花を咲かせる枝垂桜。

夕暮れを迎えて観光客の皆様もお帰りになり静かになった神田の大糸桜。重ね続けた幾年月、今年も花を咲かせ始めました。

古の人々が農耕の無事を願って植えたとする、その季節の始まりを告げる枝垂れ桜の開花。うっすらと桜色に染まる空の下で、今年もこの姿を望めたことに感謝をしながら。

すっかり長くなった夕暮れの空の下、暫く桜の木の前で佇んでいると、目の前を観光列車、四季島が通り過ぎていきました。

桜咲き始める、穏やかな春の夕暮れ。明日は再び午後から荒れ模様の天気になるようです。

広告