GWの朝に、鼎談桜(2019.5.3)

今日からGWのお休みとなった朝。

いつも通りに目を覚ましても今日は仕事に行く必要が無いと思うと、朝からほんのちょっとお散歩に出てみたくなります。

畑の畔を中をくてくと歩いていくと見えて来る、信濃境、田端森新田の鼎談桜。

薄雲が広がる暖かな5月連休の朝。

鼎談桜と呼ばれるように3本の桜が佇むこの場所。

例年通り、開花のタイミングは左の木から右、そして真ん中の一本と移っていきます。真ん中の一本はまだ咲き始めです。

少し引いて、甲斐駒をバックに。

大分雪渓も少なくなってきました。

例年通りの5月の開花となると水が張られた田圃の畔には花が咲き始めます。穏やかな朝の一時。

熱心にお写真に入れ込んでいる皆様の邪魔にならないよう、そそくさと元来た道を戻って。

4月に入っても雪が降り続いた八ヶ岳もこの暖かさで雪渓がすっかり融けてしまいました。

暖かな5月の連休、鼎談桜が咲く頃になると、八ヶ岳西麓の季節は初夏へと移り変わっていきます。

 

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください