水面と新緑溢れる山里で(2019.5.8~11)

4月の末からイベント続きの日々が過ぎ去った後。

何時もの静けさを取り戻した八ヶ岳の山懐にある山里は初夏の心地になってきました。

ぐっと冷え込んだ朝ですが、GWを過ぎると標高1000mを越える圃場も水が引かれはじめます。

今年はまだ雪が多く残る甲斐駒。

山裾の落葉松林も緑に染まり始めています(2019.5.8)

少し標高の低い圃場ではいよいよ田植えが始まりました。

標高が高い場所が故の短い稲作シーズン。農家の皆様にとっては一日も無駄にできない日々が始まります(2019.5.9)

周囲の新緑も日々、緑豊かになっていきます。

新緑の圃場と甲斐駒新緑をバックに水が張られた圃場に映る甲斐駒の山並み。

緑と水のコントラストが眩しい5月の朝(2019.5.10)

週末、沸き立つ雲に覆われる甲斐駒。

好天を期待したのですが、朝から雲が空を覆い風も強く吹く昼下がり。偶然にも空には彩雲が掛かっていました。

ちょっと天気が崩れそうなので、遠出はせずに近くをお散歩。

汗ばむほどの暑さとなった午後の日射しを浴びる、南アルプスを望む圃場に広がる麦畑。まだ浅い緑に覆われています。

若い麦の穂まだ瑞々しい緑を湛える麦の穂。

標高の高いこの地で麦秋を迎えるのは1ヶ月ほど後、梅雨入り間際です。

暑さを避けて標高を上げて八ヶ岳の山懐に飛び込むと、牧草地の先には新緑の中に山桜が花を咲かせています。

牧草地沿いで花を咲かせる山桜。

牧草地の向こうには落葉松林が広がります。

新緑に染まる落葉松の小道落葉松林の中に延びる林道。

落葉松の新緑見上げると、浅い青空の下、軽やかな緑に染まる落葉松の新緑。

心地よい風が吹く中、何時までもこの景色の下を歩き続けたくなります。

八ヶ岳牧場、本場の新緑林道を進んでいくと、開けた新緑の牧草地の中に放たれた牛たち。こちらにアイコンタクトしている一頭も。

5月から10月中旬に掛けて、この場所では麓の酪農家から委託された雌牛達がのびのびと放牧されます。

更に涼を求めて、八ヶ岳西麓を横断して茅野市側、多留姫の滝へ。

新緑に包まれる滝の音に暫し、耳を傾けます。

夕暮れの圃場1午後も3時を過ぎると、八ヶ岳から真っ黒な雲が降りてきて、夕立のような雨が降った八ヶ岳南麓。

日没を迎えて、雲が取れはじめると、鮮やかな夕日と空が圃場の水面に映ります。

夕暮れの圃場日が西の山並みに沈み、空の雲が流れ去ると、山里の渚にも夕凪が訪れます。

5月も初旬で既に夏日となった週末。一雨降って、少し涼しくなってきました。

桜と落葉松の新緑新緑の緑と圃場を満たす水面の美しさを愛でれるのは5月始めの、GW明けの僅かな期間。田植えが始めると山里は次のシーズン、梅雨を前にした麦秋へと向かいます。

 

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください