長かった梅雨から盛夏へ(2019.7.16~8.10)

 

長い長い梅雨が明けて、いきなりの暑さが列島を覆う今年の夏。

梅雨の間は連日の冷たい雨、明けては猛暑と写真も撮りに行くのも億劫となる中、移り変わる日々のカットを集めて。

しっとりとした朝の雑木林(2019.7.16)

梅雨の狭間、粗放となった畑で花を咲かせる、夏蕎麦の花。今年は梅雨の最中での開花となりました(2019.7.23)

暑くなった夕暮れ、八ヶ岳の裾野に沸き立つ雲。

夕暮れが迫ると、真っ白な入道雲と、夕日が青空の下で混じり合っていきます。

琥珀色の夕日に染まる雲。梅雨明けまであともう少し(2019.7.28)

月末、梅雨明けとなった朝の八ヶ岳南麓。少しウェットな鱗雲が空を覆っています。季節がもう一歩先へ進んでしまったような空模様です(2019.7.30)

眩しい日射しが戻ってきた八ヶ岳南麓。朝から暑い日でも、雑木林の中は涼しい風が抜けていきます。

暑い日が続きますが、午後のお天気は相変わらず不安定。日暮れ前に雨雲に覆われ始めた八ヶ岳の裾野。不思議な空色が広がります(2019.8.1)

強い通り雨が去った夕暮れ。八ヶ岳の上空に広がる空にゆっくりと夕闇が迫ってきます。

雲を焦がす華やかな色合いを魅せる夕暮れの空。

日射しが西の雲の中に沈んだ後、残り火のような夕日が雲間から差し込んできました(2019.8.3)

夕暮れ前の野辺山、平沢峠。朝は雲一つない青空でしたが、午後になると沸き立つ雲に覆われる八ヶ岳山麓。雲の切れ間から差し込む光芒が広大な山裾を照らし出します。

雲が広がる八ヶ岳の稜線にゆっくりと隠れていく夕暮れの日差し。

権現岳と赤岳の間に沈んでいく夏の夕日が雲を焦がします。

どっぷりと暗くなった後、八ヶ岳の向こうに沈んだ夕日からの照り返しがゆっくりと雲間に揺らめいています(2019.8.4)

夜半の雨が止んですっきりと晴れ渡った南アルプスを望む朝の圃場。

気持ちの良い夏の青空が広がります(2019.8.5)

夜半の雨の名残、雲海をたなびかせる朝の甲斐駒。

梅雨は明けましたが不安定な天候が続く8月の八ヶ岳南麓は連夜、雷雨に見舞われています(2019.8.6)

久しぶりに雨が降らなかった夕暮れ。

空を覆う滑らかな雲を夕日が照らし出しています(2019.8.7)

いっぱいの緑に包まれる水田越しに望む朝の八ヶ岳。

雨上がりの朝、時折吹き抜ける涼しい風が眩しい日射しの暑さを和らげてくれます。稲の花

水田を覗き込むと、開花が始まった稲の花。今年も盛夏を迎えた八ヶ岳南麓(ここだけトリミング済み2019.8.9)

夏らしい雲が沸き上がる、稲穂が一斉に伸びた夕暮れ前の圃場。

日射しが傾き始めると、漸く凌ぎ易くなってきます。

トウモロコシ畑越しに望む八ヶ岳。

日射しを浴びてうっすらとアイスグレイに輝く雲が東に沸き立つ雲へと合流していきます。

アイスグレイの雲の下に廻り込むと、虹のアーチが掛かっていました。東の空にびっしりと雲が沸き立っていますが、雲の色が灰色にくすまない限り、雨の心配はありません。西の空を望むと、熱波に包まれる釜の底に沈む諏訪の空と、夕暮れになって爽やかな風が吹き始める、雲の上に広がる高い高い青空のコントラスト。高原の空からは秋の足音が聞こえ始めています。

厳しい暑さを迎えた今年の夏ですが、雨上がりの晩に鳴き始めた鈴虫の音を聞くと盛夏も終盤。標高1000mに迫るここ八ヶ岳南麓の夏は足早に過ぎていきます。

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください