今月の読本(特別編)「わいるどらいふっ! 身近な生きもの観察図鑑」(一日一種 山と溪谷社)シュールな4コマ漫画に込めた自然観察への誘い

今月の読本(特別編)「わいるどらいふっ! 身近な生きもの観察図鑑」(一日一種 山と溪谷社)シュールな4コマ漫画に込めた自然観察への誘い

SNSをやっていると、知らなかった事、知っていても自分の視野が随分と狭かった事を改めて見つめ直させられる事が多々あります。

普段見慣れた生き物達、特に鳥を中心とした野生生物のちょっとした仕草や習性、観察される方々の姿などをコミカルに、時にシュールギャクを以てSNSだけではなく商業誌のイラストや漫画で発表されている一日一種さんが、ネット上に置かれたご自身のサイトやSNSで公開している作品を再編集して纏めた一冊。

7月に刊行されていたのですが、田舎故になかなか入手する事が出来ず、暫く後に地元の本屋さんでも入れて下さったらしいのですが、痛恨のニアミスで手に取る事が出来ず(お詫び申し上げます…懺悔)。刊行から2ヶ月を経て、漸く山を下りた際に本屋さんで入手する事が出来ました。

今回は本ページではほとんど扱う事が無い漫画(アニメーションは観ますが、漫画は殆ど買わないので尚更)、しかも四コマ漫画の読み切り「わいるどらいふっ! 身近な生きもの観察図鑑」(一日一種 山と溪谷社)のご紹介です。

最近ですと、本屋さんの生き物関係書籍のコーナーに別枠でちょっとユルめの生き物たちをテーマに扱ったカラフルな本達が並んでいる書棚か、雑誌/Web連載以外の単独作品が集められたハウツー系を含むコミック棚、ないしは頻繁に入れ替わるSNSで話題となった本が面陳されるコーナーに置かれるであろうこの一冊。確かに下記にご紹介するように、先月、著者の方が投稿された内容には夥しい数の「いいね」が付されていました(以前から相互フォローさせて頂いていたので反響の大きさにびっくりでしたが)。

SNSで拡散されている内容だけ見てしまうと、かなりキツいシュールギャグを全面に出しておきながら最後はお涙頂戴で落とす、所謂「バズる」内容を狙ったかのようにも思えてしまいますが、プロフィールにもありますように著者は環境部門の技術士の資格も有する専門家。専門知識を生かしたイラストレーションを自然科学関係の雑誌や会誌へ多数提供する、元野生生物調査員の方です(この辺りの背景については、山と溪谷社の編集担当の方が寄稿した記事をご覧ください)。

昨年には、専門分野である野鳥観察の知識を生かして、短期集中連載でしたがWeb漫画もリリースされており、その内容には「鳥見(バードウォッチャー)」の方々からも高い評価が与えられていたかと思います(本書にも抜粋が掲載されていますが、日本野鳥の会の会報にも連載を持たれています)。

本書も野生生物を扱った四コマ漫画が中心なのですが、春から冬へと季節を追ってその時々の観察対象となる生き物たちを対比で示しながら見分けるポイントや生態の面白さ、不思議さを捉えて描く、特に欄外や吹き出しの中に小さく書かれたポイント・注意事項に対して、コラムとして独立して掲載できる点は書籍の大きなメリット(アナフィラキシーショック、経験はしたくないですが恐ろしい話なのですよね)。その内容には著者の専門分野である野生生物への実践的な視点が充分に生かされており、少し緩めの生き物をテーマにした本とは一線を画す、野生生物観察入門としても実践的な内容を具えています(四コマ漫画にも拘わらず親会社のインプレスさんではなく、山と溪谷社さんが扱われるという点だけでも出色です)。

特にコラムで扱われる「生きもの観察入門」や、生き物や木々、草花を観察する際のポイント。オールルビ付きで丁寧な言葉づかい(4コマの台詞と比べちゃいけませんが…)で書かれた、子供の頃から身の回りの生き物への興味を持って欲しい、自然環境とはかけ離れた生活環境で育ってきたかもしれない、一緒に読まれるかも知れない親御さんにも興味を持って欲しいと願う、野生生物調査員であった著者の想いが伝わってきます。

ちょっと悪戯っぽい表題と、シュールギャグにドン引きされる方もいらっしゃるかと思いますが、正確な観察眼と知識に裏付けされた、生き物たちの姿に触れて欲しい、知って欲しいと願う著者の想いが、著者が最も得意とするスタイルを以て書籍と言う形で結実した一冊。

少し残念な事に、本屋さんで扱われるジャンルが版元さんの影響もあってでしょうか、若干不安定な感もありますが、著者を知る切っ掛けがSNSだったという方には、より馴染みのある、入手も容易な電子書籍版(Kindle)ももちろんありますので、ちょっと覗いてみて、または著者のホームページをご覧になって、ご興味を持たれたら是非ご一読を。

屋外を歩くのに心地よい季節となる秋、身近にある生き物たちの姿にちょっと触れてみませんか。

 

ほんの少し周囲を歩くだけでも、色々な生き物たちの姿が見えて来る、そんなきっかけとなる一冊として。

南八ヶ岳周辺の博物館・美術館の企画展情報(2019年秋冬版)

南八ヶ岳周辺の博物館・美術館の企画展情報(2019年秋冬版)

[2019.12.7更新]

本ページは、企画展の情報等を逃して悔しい想いを何度もしている自分の為に用意した備忘録です(地元に住んでいても情報は全然入って来ませんし、今日までで終了の企画展でも気が付けなかったものがいっぱいある…涙々)。私自身が訪れた事のある施設を中心に掲載しておりますので、かなり偏った掲載内容になっている点はご容赦ください。

情報のソースは各施設、観光案内施設やショッピングモールなどで配布されている展示会の公式パンフレット、地元新聞社、放送局による紹介、SNS等による発信内容を用いていますが、最終的な確認については各施設のホームページ掲載内容に基づきます。

なお、南八ヶ岳周辺にある各施設の概要についてお知りになりたい方は「八ヶ岳ミュージアム・リング」(八ヶ岳ミュージアム協議会)という公式サイトがありますので、そちらをご覧ください(但し、更新頻度が極めて低く、企画展などの情報もありません)。

【八ヶ岳東麓(小海、野辺山方面)】

  • 小海町高原美術館
    • 国道141号線、松原湖交差点から松原湖方面へ10分(松原湖から5分ほど)。タクシー、バスをご利用の方は小海線の小海駅から(バスの本数は僅か)。広い駐車場がありますが、お隣の日帰り温泉と共用の為、シーズン中や新海誠監督関連のイベント開催時は混雑します。12/24から4月上旬まで冬期休館です
    • 現在開催中の企画展 :
    • 過去の企画展 :北欧の灯り展(2019/9/7~2019/11/4)
      • オープニングセレモニー9/7(土)
      • 企画者による講演会9/8(日)小海町高原美術館
  • 南牧村美術館民俗資料館 
  • 国立天文台 野辺山
    • 国道141号線、JR最高地点にある看板の指示に従って小海線の側道を直進、突き当たりの踏切を渡って(右側の道)2分程。小海線、野辺山駅からは徒歩20分ほど。駐車場有
    • 現在開催中の企画展 : 4次元デジタル宇宙シアター(4D2Uシアター)12/7から3/28までの冬季上映は、年末年始以外の毎週土曜に3回、各回定員30名で先着順です

【八ヶ岳南麓(清里、長坂、大泉、白州方面)】

  • 清泉寮やまねミュージアム
    • 中央道、長坂インターから五町田の信号を左折して県道北杜八ヶ岳公園線を清里、八ヶ岳高原大橋方面へ北上、八ヶ岳高原大橋を越えて登坂車線付きの道を登った先にある「清泉寮」方面看板の指示に従って進む。国道141号線方面からは清里の交差点を越えた先の、清里トンネル東交差点を曲がり、清里トンネルを抜けた先にある同じ看板の指示に従って進む。清泉寮の向かい側にある、県立八ヶ岳自然ふれあいセンターの奥にあります。小海線、清里駅からは観光周遊バスが利用可能です。駐車場は清泉寮もしくは県立八ヶ岳自然ふれあいセンターを利用。11/1から冬季シーズンのため、開館日は金・土・日・月(及び祝日、年末年始)のみとなります
    • 現在開催中の企画展 : 開催中の企画展はありません。次回のギャラリートーク「研究員に聞け! 冬の巻」は、ヤマネの冬眠期間中となる来年2/9(日)です
  • 清里フォトアートミュージアム
    • 国道141号線、丘の公園交差点を入った先ですが、ルートがやや複雑なので、心配な方はナビへの入力ないしは、事前に地図をご用意の上で、お越しください。駐車場有。12/9から3/20まで冬期休館です
    • 現在開催中の企画展 : 山本昌男「手中一滴」展(2019/10/5~2019/12/8)
      • 出展者によるアーティスト・トーク10/26(土)
    • 過去の企画展 : ロバート・フランク展-もう一度、写真の話をしないか。(2019/6/29~2019/9/23)
      • ピーター・バラカン Live DJ「ロバート・フランクの写真・アメリカ・それから」9/21(土)
  • 北杜市考古資料館
    • 中央道、長坂インターから五町田の信号を左折して県道北杜八ヶ岳公園線を清里方面に北上、若林交差点を小淵沢方向に左折、旧大泉村役場跡の向かい側にある図書館を過ぎた先の交差点を看板の指示に従って谷戸城跡方向に左折して1分程。中央本線、長坂駅から市民バスも利用可のですが本数は僅か。駐車場はありますが10台未満
    • 現在開催中の企画展 : 「黒き星のかけら~黒曜石と八ヶ岳山麓の縄文世界~」(2019/10/26~2020/1/26)
      • ギャラリートーク : 11/2(土)、12/14(土)、1/19(土)
      • 講演会「八ヶ岳山麓の縄文遺跡を中心とした黒曜石ネットワーク」11/24(日)
    • 過去の企画展 : 共同企画展「ワンダフルジャーニー 星降る八ヶ岳山麓の縄文文化」(2019/7/6~2019/11/24)
  • 北杜市郷土資料館
    • 県道17号線七里岩ライン、長坂駅手前のガードを潜った先の交差点を白州方面へ左折、谷筋を越えた先にある「清春白樺美術館」の案内看板が出ている交差点を右折してすぐ。国道20号線方面からは台ヶ原中交差点を曲がって峠道を登り切った先にある前述の看板に従って左折してすぐ(清春白樺美術館の向かい側)。中央本線、長坂駅から市民バスも利用可能ですが本数は僅か。駐車場有、満車の場合は向かいの清春白樺美術館の駐車場も利用可能
    • 現在の企画展 :
    • 過去の企画展 : 「動物の神様」(2019/7/13~2019/10/27):終了
      • ギャラリートーク : 9/14(土):終了、10/13(日):終了
      • 講演会「御坂のニホンオオカミ頭骨と甲斐周辺の狼信仰」10/6(日)
  • 北杜市オオムラサキセンター
    • 県道17号線七里岩ライン、日野春陸橋を越えた先にあるオオムラサキセンター交差点を曲がってすぐ。中央本線、日野春駅から徒歩1分。駐車場有
    • 現在開催中の企画展 : 特別展「太古の虫たち」(2019/9/10~2019/12/27)
  • 藪内正幸美術館
    • 国道20号線、鳥原の交差点を曲がって、サントリー白州蒸留所へ。工場に入る手前の交差点を左折、200m程先にある案内看板に従って右折して1分ほど。バスは韮崎駅から国道20号線経由の下教来石行きに乗車して松原下バス停で下車、もしくは小淵沢駅から発着するサントリー白州蒸留所行きの見学バス(3月~11月の主に土曜休祝日とGW、夏休み中の運行)に乗車して工場から徒歩、いずれも15分ほど。駐車場有。12/1から3/19まで冬期休館中です
    • 現在開催中の企画展 :
    • 過去の企画展 : 2019年度後期企画展「おなじみのどうぶつたち」(2019/7/20~2019/11/30)

【八ヶ岳西麓(富士見、原村、茅野、諏訪方面)】

  • 神長官守矢史料館
    • 中央高速、諏訪インターを降りて右折、陸橋脇をビーナスライン方面に入ってすぐの荒井交差点を右折、突き当たりの高部東交差点を右折して1分ほど、高部交差点の先。中央本線、茅野駅からバスもあり(茅野駅から徒歩でも行く事は可能ですが、お勧めしません、凡そ40分)駐車場はありますが、数台に限られます
    • 今後の企画展 : 守矢文書に見る 改元・元年の古文書(2020/1/4~2/11)
  • 諏訪市博物館
    • 中央高速、諏訪インターを降りて左折、飯島交差点を諏訪大社方向に左折して5分弱、諏訪大社上社本宮正面。中央本線、上諏訪駅からバスもあり(茅野駅から徒歩で行く事も可能ですが、お勧めしません。凡そ45分)。駐車場有
    • 現在開催中の企画展 :
    • 過去の企画展 : 企画展「仏法紹隆寺-諏訪の真言道場 古刹の歴史-」(2019/9/14~2019/11/24):終了
      • 講演会「仏法紹隆寺の仏像-普賢菩薩騎象像と不動明王立像について-」10/13(日)
      • 展示説明9/15(日)、10/12(土)
  • イルフ童画館
    • 中央高速、岡谷インターから下諏訪方面へ向かい、岡谷インター東交差点を岡谷方向へ曲がって5分ほど、イフルプラザ内。中央本線、岡谷駅からは徒歩3分。駐車はイルフプラザの市営立体駐車場(5時間まで無料)へ
    • 現在開催中の企画展 : 加藤休ミ展 おいしい たのしい クレヨン画(2019/9/28~2019/12/16)
      • 読み聞かせと演奏会、サイン会10/14(月・祝日)
    • 過去の企画展 : うらしまたろう展 あんな浦島 こんな乙姫(2019/7/20~2019/9/23):終了

他にもご紹介したい施設は沢山ありますが、とりあえず此処まで。

深まる秋への入口で(2019.9.8~15)

台風の襲来により大きな被害が出た関東地方。

山々に囲まれた此処、八ヶ岳山麓では夜半に強い雨が降った程度で農作物などへの被害はありませんでしたが、台風がもたらした南からの暑い風に再び包まれる、夏のぶり返しのような日々となりました。

台風の到来を前にした日曜日の朝。

雲に覆われる甲斐駒を望む蕎麦畑。満開の蕎麦の花々が迎えてくれました。

急な暑さから逃げるように八ヶ岳の山裾を北へと向かい、野辺山へ。

まだまだ続く高原野菜のシーズン、眩しい日射しの中、レタスの葉は瑞々しい緑を湛えています。

大きく育ったキャベツたち。

台風を前にして抜けるような空の色となった昼下がりの野辺山。

レタスの栽培が多い野辺山界隈では珍しい、冬の野菜である白菜の畑。

夏場がシーズンのように思われる高原野菜ですが、温暖化の影響でしょうか、今では初雪の便りも聞こえてくる11月の始め頃まで収穫が続きます(2019.9.8)

強い風を残して去っていった台風が通り過ぎた後の圃場。

青空が顔を覗かせる中、南アルプスの上空は分厚い雲が尾を曳いています(2019.9.9)

秋らしく目まぐるしい天候の変化を続ける日々。少し涼しくなって、清々しい秋晴れとなった土曜日。甲府に降りた戻りで通りかかった白州から眺める八ヶ岳。

圃場の稲穂も、もう少しで刈り入れの時期を迎えそうです(2019.9.14)

南からの低気圧に乗って、再び熱を帯びた風が吹く日曜日。

部屋の中の蒸し暑さを逃れるように夕暮れになって外に出ると、柔らかな日差しを残して入笠山に夕日が沈んでいきます。

一杯に背を伸ばした蕎麦の花もそろそろ終わり。圃場は刈り入れのシーズンへと向かっていきます。

柔らかな夕暮れの空。

夕焼けの色も夏の赤い空から、黄色がかった空へと移り変わっていきます。

6時を過ぎるとどっぷりと暗くなる夕暮れ。

夏がぶり返したかのような気温の高い日もありますが、空の移ろいは確実に秋の深まりを教えてくれます。

来週は秋分、秋も本番です。

実りを待つ初秋の圃場で(2019.9.3~7)

暑かった夏が過ぎて朝夕は肌寒くなってきた八ヶ岳南麓の9月。

夏の日射しに育まれた作物たちも、そろそろ実りの季節を迎えます。

甲斐駒を望む朝の圃場。

雨上がりの朝、少し湿った空気を纏った圃場一杯に蕎麦の花が咲き揃います(2019.9.3)

秋を迎えて天気が目まぐるしく移り変わる中。

再び夏を思わせる眩しい日射しが差し込む朝、八ヶ岳西麓、網笠山を望む圃場も蕎麦の花に包まれます。

可憐な小さな花を付けた蕎麦の花々。陽射しを受けようと競う様に空へ向かって伸びていきます。

夜になると霧が降りて朝になると雲に包まれる南アルプスの山々。

朝になって眩しい日射しが差し込むと、雲は徐々に空へと昇っていきます。

圃場を埋める蕎麦の花々。満開となった蕎麦の花はこの後数週間すると刈り入れとなります(2019.9.6)

眩しい日射しが差し込む週末。

標高の高い原村の圃場、まだ緑が多い状態ですが、色付き、しっかりと実の入った稲穂が頭を垂れ始めています。

八ヶ岳の懐近く、小泉山の裾野に刻まれた谷戸に拓かれた棚田と圃場。

そろそろ実りの季節を迎えそうです。

振り返って八ヶ岳を見上げる圃場に並ぶ稲穂の群れ。

しっかりと田圃に根を張った稲たちはずっしりと頭を垂れしています。実りの嬉しさまであともう少し。

満開の蕎麦の花の向こうには、雲が沸き立つ霧ヶ峰の長い盾が広がります。

八ヶ岳の裾野に広がる稲穂の群れ。

眩しいほどの日射しの中、台風の余波でしょうか、時折、強い風が吹き抜けていきます。

夕暮れになって雲が出てきた西の空。

雲間と山の端の間から差し込む西日が、満開の花を咲かせる蕎麦畑を照らし出します。

再び暑くなった9月最初の週末。

明日からは台風の余波を受けて天気が悪くなる予報です。秋を迎えて実り始めた作物たちに災いが降り注がない事を願って。