実りの秋色から次の季節へ(2019.9.19~30)

山里の秋を象徴する黄金色に染まる稲穂。

9月も終わりになって来るとそろそろ刈り入れの時を迎えます。

刈り入れを前に実りの色に染まる圃場で。

雨上がり、空に広がる雲の漣と稲穂の渚(2019.9.19)

雨雲に沈む山の圃場。

刈り入れが済んだ圃場の稲藁もしっとりと雨に濡れています。

霧に沈む夕暮れ前の圃場で。

雨に濡れた稲穂の黄金色が一際、鮮やかになる時。

晴れ間が戻ってきた朝の圃場。

稲穂の渚の向こう、雲に覆われていた南アルプスの山裾はまだ緑に覆われています(2019.9.25)

稲穂の輝きが増すと共に八ヶ岳の緑は徐々に色褪せますが、今度は赤銅色の落葉松の黄葉に染まる山の彩へと移っていきます(2019.9.27)

雨上がりの朝、高い秋の青空に雲が巻く下で、はぜ掛けが進む圃場を望んで。

集落沿いの圃場で稲刈りが進む頃、秋の例祭を控えた天神社の提灯が灯されるとシーズンも終盤。

季節は10月、今度は山から里へ秋を迎えに行くシーズンがやってきます。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください