落葉松色に染まる八ヶ岳東麓(野辺山から晩秋の大河原峠へ)2019.11.4

11月の3連休。

一日中曇り空となった日曜日から引き続いて、雲が多めな月曜日。

それでも日差しが差し込む八ヶ岳の山裾。ピークを迎えた落葉松の黄葉を眺めに。

雲が多めな八ヶ岳東麓、野辺山。

落葉松色に包まれる男山の前に広がる牧草地も秋の装い。

日射しが差し込んでくると、落葉松の黄葉が輝き出します。

黄葉する落葉松に包まれる森。

昼下がりの薄日に浮かび上がる落葉松の木。

高い秋空の下、黄葉した落葉松の木が高く空へと伸びています。

周辺の山々も紅葉に包まれる八ヶ岳東麓。

谷筋を抜ける林道を下ります。

色とりどりの紅葉に染まる渓谷沿い。

日射しが差し込むと、落葉松の黄葉が輝き出します。

八ヶ岳の裾野を東に廻り込んで、標高2000mを越える大河原峠へ。

めっきり登山客の少なくなった峠の駐車場には静寂が広がります。

蓼科山を望む大河原峠。

頂上付近は勢いよく雲が流れていきます。

北側の谷筋から湧き上がる雲の群れ。

すっかり葉を落とした落葉樹たちを潜り抜けてを雲が上がってきます。

谷筋から湧き上がる雲と山から差し込む日射しが交わる中、最後の黄葉を残す落葉松たちが輝きます。

一気に雲に呑まれていく大河原峠。

暫くすると、日射しが薄くなった雲を通って抜け始めてきます。

雲に囲まれる落葉松の木々。

湧き上がってきた雲が通り抜けていくと、再び日射しが戻って落葉松の黄葉を輝かせます。

雲と日差しがせめぎ合う大河原峠。

撮影している最中にシャッターを押す指がかじかんでくる程の寒さ、車載温度計は3℃を指していました。既に晩秋から初冬に入りつつある八ヶ岳山中です。

蓼科スカイラインは標高の高い場所まで別荘地があるため通行が可能でしたが、大河原峠から蓼科、女神湖方面は通行止め。

再び折り返して佐久方面に下ります。

雲に包まれる周囲の落葉松はしっとりとした黄葉の色に染まっています。

遥か先まで山裾を覆う落葉松の黄葉。

乏しい日差しの中で黄金色に染まる落葉松たち。

日射しが分厚い雲に遮られる中、JAXAの深宇宙探査用アンテナ建築の為に切り拓かれた場所から落葉松に覆われる山腹を望みます。

JAXA美笹深宇宙探査用基地局既に火が入ったパラボラアンテナの周囲には多くの作業をされる方がいらっしゃいました。

麓に降りてから再びぐるっと八ヶ岳の裾野を北へ廻り込んで、蓼科山の東側へ。

夕方になって雲が切れ始めた、落葉松林の向こうに柔らかな夕日を受ける蓼科山の山容を望んで。

目まぐるしく空模様が変化した八ヶ岳東麓、麓の山里へも晩秋への足音が徐々に聞こえてきているようです。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください