急ぎ足で訪れた初冬の彩(2019.11.20~12.1)

お天気が安定して暖かな日が続いた11月の八ヶ岳南麓。しかしながらカレンダーはもうすぐ最後の1枚。これまでゆっくりとした足取りで進んでいた季節は、急に冬の訪れを告げています。

穏やかに晴れ渡った朝。

雪渓が薄くなる甲斐駒の裾野を、深い飴色になった落葉松の黄葉が染めていきます。

銀杏の黄葉と甲斐駒例年であれば11月の始めには色付く銀杏の黄葉も、2週間近く遅い彩となりました(2019.12.20)

紅葉と冠雪する甲斐駒これまで良いお天気の続いていた八ヶ岳南麓ですが、冬の始まりを告げる曇り空が続く中で、真冬並みの氷点下5℃を下回るまでに急激に冷え込んだ朝。南アルプスの山並は真っ白な雪化粧となりました。

まだ紅葉が残る谷戸の圃場の向こう、雪煙を上げる雲が晴れていきます。

中腹が帯のように白くなった八ヶ岳。

どうやら雪というより、山を覆った雲が残した霧が木々に凍り付く霧氷が降ったようです。

紅葉と冠雪する甲斐駒211月とは思えない白さとなった甲斐駒と南アルプスの山並。

遥か南の鳳凰三山まで白くなっています。

冬空と落葉松の黄葉ゆっくりとした秋の足跡を残す、黄葉する落葉松並木。

冠雪する甲斐駒と落葉松の黄葉落葉松の黄葉越しに冠雪する甲斐駒を。

ゆっくりとした足取りの秋から急に冬を迎えた朝に(2019.11.29)

紅色の八ヶ岳一気に冷え込むシーズンへと入った八ヶ岳山麓。

夕暮れになるとほんのりと紅色に染まる雪渓を望めるシーズンとなってきました(2019.11.30)

初冬の御射鹿池1寒さが少し和らいだ日曜日。

穏やかな日差しを受ける午後の奥蓼科、御射鹿池。

周囲の落葉松林はすっかりと葉を落としています。

初冬の御射鹿池3上流からの水の流れが少なくなり、とろんと緩やかに揺れる湖面には、葉を落とした落葉松の木々が映り込んでいきます。

初冬の空と白樺まだ初冬の柔らかな空の色の下、すっかりと葉を落とした白樺の木々。

初冬の御射鹿池2シーズンオフとなって静かな湖畔。

緩やかな湖面に映り込む落葉松の木々。雪と氷に湖面が閉ざされる前に訪れる穏やかな時間。

日暮れの早くなる12月。山を下ると既に傾きかけた西日を浴びる八ヶ岳の山並。

夕暮れの日射し暫くすると、落葉松林の向こうにゆっくりと夕日が沈んでいきます。

夕暮れに染まる八ヶ岳夕日を浴びて輝く八ヶ岳の雪渓。

夕暮れに空を焦がす雲振り返ると西の空に延びる雲が夕日に赤々と焦がされています。

駆け足で訪れた初冬の彩は西の空へと移っていきます。

夕暮れに沈む月夕日に染まる南アルプスへと沈んでいく、4番目の月。

少し暖かい夕暮れですが、日が沈むと気温は0℃近くに。季節は巡り、しっかりと冬がやって来た八ヶ岳山麓です。

 

 

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください