ゆっくりと凍みていく冬(2020.1.15~2.1)

例年になく暖かな日々が続くこの冬。

それでも山に雪が降ると冬であることを思い出させてくれます。

雪が止んで晴れた朝。

重たく湿った雪は八ヶ岳の山裾を白く染めていきます。

朝日に照らされて淡く雪色に染まる甲斐駒(2020.1.15)

気温が高く、地温も高いこの冬。圃場の雪はすぐ溶けてしまいますが、山裾に降った雪は暫くの間、その姿を留めていきます(2020.1.16)

天候が変わりやすく、安定した晴れの天気がなかなか訪れないこの冬。

雲間から日差しが差し込み始めた昼下がり、しっかり根雪となった甲斐駒の頂上部に積もった雪が輝いています(2020.1.24)

大雪の予報が発表された月曜日の朝。

鱗雲が広がる南アルプスを望む圃場(2020.1.27)

本格的な降雪となった八ヶ岳山麓。

予報より少ない降雪量となりましたが、それでも周囲の道路には除雪車が入り、今シーズン初めての雪かき。夜半から降り続いた雪は昼頃には雨に変わり、翌朝には路面の雪はほとんど溶けてしまいました。

雪雲が離れつつある南アルプスの上空。薄く雪に覆われた圃場の上に、鮮やかな青空が広がります(2020.1.29)

厳冬期の甲斐駒雪渓2再び新雪に覆われた甲斐駒の山頂。

凛とした朝の空気に包まれる雪渓戴く甲斐駒を望めるようになると、漸く冬も本番です(2020.1.30)

雲一つない、晴れ上がった冬の朝に。

南アルプスの山裾も雪で覆われ始めました(2020.1.31)

東沢大橋と雪の八ヶ岳宵のうちから冷え込み始めた八ヶ岳山麓。

朝を迎えると抜けるような青空が広がります。

まだまだ冷え込みは緩いですが、漸く訪れた八ヶ岳ブルー。

八ヶ岳横断道路の赤い橋(東沢大橋)から望む八ヶ岳。

雪の少ないシーズンと言われるとおり、清里までの途中の道には雪がなく、野辺山まで上がってきても圃場にはほとんど雪が残っていません。

雪の少ない野辺山と八ヶ岳例年なら行くこと自体を躊躇してしまう八ヶ岳の山裾に広がる牧草地の傍。

今年は路面には殆ど雪もなく、牧草地の雪もまばらです。

それでも目の前に広がる牧草地の上空には八ヶ岳ブルーの空が広がります。

雪の少ない野辺山と八ヶ岳3牧草地の脇に腰を下ろして暫し雪を戴く八ヶ岳の峰々に魅入る昼下がり。

午後になってくると、上空には少し雲が広がり始めました。

輝く雪渓が眩しい昼下がりの八ヶ岳。

冷え込みはそれほど厳しくなく、雪も少ないせいでしょうか、道行く車も少なく、観光客の方もまばらで静かな休日の野辺山界隈です。

用事を済ませた後、夕暮れになって再び外に出ると、夕日を浴びて雪渓が柔らかに色づく南八ヶ岳の峰々。

薄紅色に染まる蓼科山と北横岳日没を過ぎると、蓼科山と北横岳がほんのりと紅色に染まっていきます。

どっぷりと西の空に日が沈んだ後。

夕暮れと夜の帳の合間で雪渓を輝かせる八ヶ岳の峰々。

昼間は暖かな日差しが降り注ぎますが、八ヶ岳颪が冷たく感じられる夜。

カレンダーは2月となり、もうすぐ立春ですが寒さはこれから。凍みる日々が続く八ヶ岳山麓です。