雪の止んだ朝に(2020.3.15)

暖かったこの冬。

雪の少なかった今シーズンですが、3月も中盤に入って急に降った「かみ雪」で白銀に染まる八ヶ岳山麓。

少し早く目が覚めた雪の止んだ翌朝。晴れ渡る空が広がりました。

日の出より少し前の北西の空。

うっすらと桃色に染まるビーナスベルトが稜線沿いに広がります。

西の空に19番目の月が輝く中、朝焼けに南アルプスの山並みが染まっていきます。

雪雲が晴れて顔を覗かせた、新雪を纏う甲斐駒を染める朝焼け。

新雪を装う北に聳える八ヶ岳も朝日に染まります。

少し西寄りに移動すると、ひんやりとした朝の空気に包まれた、雪原となった圃場の先に八ヶ岳のシルエットが映し出されます。

東から昇ってきた朝日が、新雪に染まる南アルプスを稜線いっぱいに照らし出す頃。

下弦の月がゆっくりと下っていきます。

氷点下3度まで下がった雪の止んだ朝。

八ヶ岳の上空には澄み切った青空が広がります。

日差しがたっぷりと降り注ぐ空の下、雪渓が輝く昼前の南麓側から望む八ヶ岳。

午後になると風が吹き始め、八ヶ岳の上空には雲が広がり始めてきました。

暖かな3月の日差しに照らされる新雪の山々。今夜は再び降雪の予報が出ています。

眩しい春の日差しと春の雪を繰り返しながら、八ヶ岳の山麓も少しずつ春へと歩みを進めていきます。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください