リフレインする柔らかなメロディとデジタルのウイットが物語の輪郭を透き通るように色付けていく「四月は君の嘘」オリジナルサウンドトラック

晩秋のある日。

少し早く帰宅した月曜の夜、偶然付けたTVの再放送から流れてきたメロディに耳が釘付けになって。

今から5年前の深夜に東京のキー局で放映されていたアニメーション作品。当時クラシックファンの間で話題となっていたことは知っていましたが、番組自体を見ることはなく全く以て忘れていた作品。今春のBD boxの発売と作品を手掛けた監督さんによる初監督映画作品公開を前にして始まっていた再放送で巡り合った作品。

サントラが好きな私にとって、その回のラストで流れてきたメロディが心を捉えて離さない。翌週の放送から慌てて録画を開始して、クライマックスを迎えた現在も見続けている作品のサントラの紹介です。

「四月は君の嘘」オリジナルサウンドトラックです。

ピアノを弾けなくなった天才ピアニストの少年と、彼にほのかな思いを寄せつつもその思いを屈折した形でしか伝える事が出来ない(理由は物語後半を動かす大きなテーマとなっていきます)バイオリニストの少女が織りなす恋愛ストーリーという、ちょっとベタなテーマではあるのですが、作品全体を通貫する主人公の周囲を取り巻く登場人物たちの真摯な想いと、二人の切ない思いに添えられる暗い影、それを和らげる様に組み入れられるシュールなギャク。原作を昇華するように美しい映像で描き込んだ若い監督さんとベテラン脚本家さんの構成力が存分に発揮された、大変高い評価を受けた作品です(私はまだ視聴中ですが、ネット配信などでは全話公開されています)。

そして、音楽をテーマにした作品に相応しい、美しい楽曲で綴られれるサントラですが、他の作品と少し異なるアプローチがなされています。

最近の作品では省略されることの多い、アニメーション作品のサントラに挿入されるライナーノーツ。本作は幸いなことに作曲の横山克氏と監督のイシグロキョーヘイ氏の対談という形で制作の背景がライナーノーツで語られています。

2枚組、全65曲という収録曲数ですが、楽曲は大きく4つのパターンに分かれます。サントラとして求められる作品のシーン描写を彩る楽曲、前述のシュールなギャクをウィットという形で表現するデジタルサウンド(作曲の横山克氏はピコピコにならないようにという発言をされていますが、最初に視聴したときはやはり「ピコピコ」でした)。そして、セルフアンソロジーとして捉えた方がよいのでしょうか、ボーカリストENAさんによる、サントラの楽曲をベースに作品をイメージしたボーカル曲。

後に作品内で登場人物たちが演奏したクラシック楽曲の作品集を複数枚リリースするなど、最初から制作する楽曲に対して強い思いを持って作られた作品ですが、私が惹かれたのはやはりメインテーマとなるメロディ。

アニメーション作品を見る楽しさは、絵と声であるのはもちろんかと思いますが、視認による認識力が弱い私にとっては、何よりも耳に伝わってくる音たちが印象を最初に左右するもの。ライナーノーツにも書かれているメインテーマとなる楽曲のメロディが、画面を見ずともすっと耳に入ってきたのが本作に惹かれた起点。そして、サントラの楽しさともいえる、メインテーマのメロディを生かして、様々なシーンへとその楽曲のイメージを広げていく、そのアレンジ展開の素晴らしさがアルバムいっぱいに溢れています。

おんなじメロディを何度も聞かされて楽しいの、という疑問を持たれることもあるかもしれませんが、作品のテーマに寄り添うようにその姿を美しく彩っていくことがサントラに求められる命題。少し物悲しくも美しい映像を引き立たせる、作品のテーマに通じるピアノとバイオリンを軸に演奏される、透明な楽曲たちが物語の輪郭を鮮やかに際立させていく。作品のテーマにぴたりと嵌ったメインテーマの秀逸さを、映像とシーンを引き立たせる様々なアレンジで聞く事が出来る嬉しさがこのアルバムには溢れています。

10月から始まった作品の再放送は、表題のように四月を前にして苦しくも悲しい最後を迎えようとしていますが、寄り添うメロディたちがどんな姿で物語と映像を包み込んでくれるのか、あと2回の放送を楽しみにしながら、日々その美しいメロディに浸っています。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください