鮮やかな五月晴れの空の下で(2020.5.12~17)

GWも終わり、日常が戻りつつある中。

昼間の気温はぐっと上がりますが、朝晩は涼しい今年は、例年以上に鮮やかな五月晴れの空を届けてくれます。

田植えを待つ圃場の上空で尾を曳く雲。

甲斐駒の雪渓は日中の暑さから急速に薄くなっていきます。

稲の苗が並び始めた夕暮れの圃場。

5月も半ばになって気温も湿度も高くなった西の空は、艶やかな色を魅せてくれます(2020.5.12)

雨上がりの朝。

抜けるような青空の下、青々とした穂を延ばす麦畑と南アルプスの山並み。

気温が上がる前の朝のひと時、凪を迎えた圃場の水面。

落葉松の新緑で裾野を染める八ヶ岳が映り込んでいます。

青空の中に下弦の月が沈んでいく南アルプスの上空。

今年は長く、冠雪した山並みが望めます。

山里に訪れる夕凪。

八ヶ岳のシルエット共に、うっすらと夕日に染まる空と雲が圃場の水面に映り込んでいきます(2020.5.14)

曇り空の朝。

零れ日が差し込む雑木林の中、濃い朱色に染まるレンゲツツジの花が咲き始めました(2020.5.15)

週末、降り続いた強い雨が上がって朝から眩しい日差しが降り注ぐ日曜日。

自宅から10分ほど、標高1000mを超える八ヶ岳山麓の牧場地帯を覆う落葉松林もすっかりと緑に覆われていました。

カッコウと鶯の歌声が交互に響き、初夏の訪れを告げるエゾハルゼミ達の鳴き声がコーラスを奏でる落葉松林。

眩しい日差しが凌げる林の中は心地よい風が吹き抜けていきます。

高く聳える落葉松の木々の中を貫く林道。

眩しい昼下がり。

落葉松林の向こうに覗く、ぐっと薄くなった甲斐駒の雪渓。

林道を抜けた先に広がる空閑地から振り返ると、西の空はすっきりとした青空が広がっています。

眩しい緑に包まれる牧草地と落葉松林の向こうに延びる、南アルプスの稜線。

新緑の落葉松林を貫く防火帯の向こうに聳える、八ヶ岳連峰の最南端、権現岳。

僅かに谷筋に雪渓が残るばかりとなっています。

気温が高くなった午後、爽やかな青空の向こう側から雲が沸き始めました。

鮮やかな五月晴れの空の下に、夏を思わせる雲が沸き立つ山裾に広がる牧草地。

午後になると空は徐々に雲に覆われ始めました。

明日からは再びの雨の予報。鮮やかな五月晴れの季節から、そろそろ梅雨の走りを迎える、八ヶ岳南麓です。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください