今月の読本「増補版 天下無双の建築学入門」(藤森照信 ちくま文庫)縄文と諏訪の神々の落とし子、フジモリ先生が往く大地と床を天まで貫く先はキッチン?

今月の読本「増補版 天下無双の建築学入門」(藤森照信 ちくま文庫)縄文と諏訪の神々の落とし子、フジモリ先生が往く大地と床を天まで貫く先はキッチン?

信州の真ん中より少し右下、八ヶ岳の麓に湖面を開く諏訪湖を中心とした一帯は、古から伝わる様々な歴史が今も脈々と息づいている土地です。

中でも最も有名なのは、二つの国宝土偶を擁する核心の地としての縄文文化、そして御柱祭を核に据えた諏訪信仰でしょうか。

いずれも古代から続く歴史ロマンと神秘性を秘めた物語の数々。そんな環境の中でも核心中の核心、諏訪大社の上社前宮と本宮の中間点、高部で幼少から青年時代を過ごした建築家がその故郷の地に建てた一連の建築物、諏訪信仰の伝統を今に伝える神長官守矢史料館と隣接する茶室たち。その姿は佇まいまでも含めて奇妙奇天烈を通り越して、アートなのか少々ふざけた大人の遊戯なのか首を傾げてしまう方もいらっしゃるかと思います。

今回の一冊は、そんな建築群を設計した建築家(建築史家)が敢えて問う、我々が住まう建物に仕掛けられた歴史の妙を教えてくれる一冊です。

増補版 天下無双の建築学入門」(藤森照信 ちくま文庫)のご紹介です。

改めての説明は不要かと思いますが、著者は現在、江戸東京博物館の館長を務められる、ユニークな語りと視点で建築家と言うフィールドを大きく超えた活躍をされている方。専攻である近代日本の建築物調査研究の先に、文化人の密やかな楽しみであった路上観察というジャンルをその著作と活動から私たちのコミュニケーションとしてのテーマへと送り出し、気軽に触れられるまでに押し広められた方です。

軽快な語り口と、時に無邪気さすら感じる筆致を縦横に操る氏の著作には多くのファンがいらっしゃるかと思いますが、本書は筑摩書房から刊行されていた雑誌、その後、大成建設の社内報へと媒体を変えながら綴れられた、氏の専門分野である建築をテーマにした連載記事を纏めてちくま新書として刊行された一冊の文庫収蔵版。実は連載のメインテーマであった(筈の)日本の住宅史というテーマは、今回の文庫収蔵に当たって書き起こされた巻末「日本の住宅の未来はどうなる?」に少し真面目な筆致で纏め込まれているため、帯に書かれた内容を端的にチェックしたい方は、20ページ程の増補部分だけを読まれれば充分なのかもしれません。

しかしながら、本書の真骨頂はやはり本文の筆致。表紙を手掛けられる南伸坊さんのイラストが示すように、如何にもインテリ芸術家肌風の著者が、その姿の通り縄文文化と日本の建築の関係について高い志を以て思索する内容にも見えますが、さにあらず。むしろ、二頭身キャラのような滑稽な土偶のボディとおかっぱ頭のコンビネーションが見せる様に、愉しく痛快に、時に脱線しながら日本建築のポイントを暗側面を含めて鋭く突いていきます(テーマに沿った挿絵も南伸坊さんが1話ごとに描かれるという、何気に超・豪華版です)。

全39話で綴られる、建築に用いられるパーツごとに分けてその成り立ちからなぜそのように使うのと言った素人には判りにくいポイント、更には東西を含む世界の建築との比較を添えながら、日本の建築の特異性と歴史的な一般性の双方を解説していきます。連載の一部が企業の社内報だったという事情もあるかと思いますが、時にちょっと奔放過ぎるかなとも思われる筆捌きも見られる軽快なタッチで綴るその内容。特に著者の学生時代(諏訪清陵高校のOB)の武勇伝は今であれば完璧にアウト!となってしまう内容も含まれますが、自らの失敗談や史料館に使う素材集めで行き着いた、鋳物師屋に住まわれた板金屋さんによる最後の割り板の技、自分の子どもたちとの「家づくり」から考えた、家に住まう事の原点などいったエピソードも巧みに話のテーマに組み込む、著者一流の読者を楽しませる仕掛けがそこかしこに設けられています。

そして、本書の狙いである日本の建築に対する入門としての側面。著者は「マイケンチク学」になってしまったと述べられていますが、その奔放さの先に日本の建築学自体が体系構築の過程にあるという研究者としての認識、さらに日本の建築自体も長い長い歴史的な過程を経て織り込まれた、体系を意識しない体系である点を指摘します。日本の住居に特有の姿、地面から上げられた床を持つ一方、わざわざ土足を脱いでその床に上がり、床の上では履物を用いない居住形態。唯でさえも可居住面積が少ない山がちな狭い国土の筈なのに、歴史上、長々と続く平屋主体の建屋。建屋の構造と逆を行く御柱を始めとする天に届かんとする柱を空に向けて建てようとする意識、深々とした傾斜の草葺きの屋根に土を盛り花を咲かせる特異な屋上構造。

軽妙に綴られる解説を読み進めていくと、縄文の息吹を伝え、太古の信仰を内に秘めた諏訪社の社叢に挟まれる高部で育まれた著者の想いが、思想や歴史面だけではなく、実践としての神長官守矢史料館を始めとした同地に建てられた建築群、著者の建築物に込められたコンセプトの中に、鮮やかにその輪郭として浮かび上がってきます。防寒としての竪穴式住居と掘り込まれた土間と囲炉裏、草葺きの屋根。心地よい風が抜け湿気を払う避暑としての高床式住居に平面性を美しく保つプレーンな床(それ故に近代に入ってからの照明への拘りや収納下手?の原因も)。天と地上の間を覆う膨大な森林の樹冠を貫き、天まで意思を伝えんとする柱がそれを支える。

文化の辺境である極東の島国に蓄積されていった、世界の建物の歴史が辿った残滓たちが形作り、意識の根底で様式となっていった日本の建物。その姿が明治の文明開化と共にどのように「住宅」へと変化していったのかを、近代建築で用いられるパーツを頼りに後半では綴っていきます。著者の専門分野である近代建築史を下敷きに、採り入れられた洋風とそれでも残る床暮らしの奇妙な同居。その先で勃発した戦後民主化と大量な住宅供給を求められた公団住宅(「団地」という言葉の発祥も含めて)成立の途上で奇妙な邂逅を遂げる事になる、LDKの記号に込められた住宅内における中心軸の客間から「ダイニングキッチン」への大胆な移動、家の主の交代を告げる時。著者はその変遷を焚き火を囲む縄文への回帰とほんの少しの揶揄を込めて述べていきます。

研究者の方が執筆する建築学入門と聞くと、間取りや様式、小難しい哲学が延々と述べられるのではないかと身構えてしまいますが、実践を含めて愉快に綴られる本書はそのエッセンスを著者ならではの日本の建築史(マイケンチク学)から伝えながら、氏の作品の本質に迫るきっかけを与えてくれる一冊。

是非この本を手に、八ヶ岳の裾野に広がる縄文遺跡と国宝土偶たちを愛でた後、諏訪大社、そして氏の作品たちに会いに来ませんか。

普段の生活の中で、建築家と建築がどんな想いを語りかけているのか、そんな視点を与えてくれる入口として。

 

広告

水面と新緑溢れる山里で(2019.5.8~11)

4月の末からイベント続きの日々が過ぎ去った後。

何時もの静けさを取り戻した八ヶ岳の山懐にある山里は初夏の心地になってきました。

ぐっと冷え込んだ朝ですが、GWを過ぎると標高1000mを越える圃場も水が引かれはじめます。

今年はまだ雪が多く残る甲斐駒。

山裾の落葉松林も緑に染まり始めています(2019.5.8)

少し標高の低い圃場ではいよいよ田植えが始まりました。

標高が高い場所が故の短い稲作シーズン。農家の皆様にとっては一日も無駄にできない日々が始まります(2019.5.9)

周囲の新緑も日々、緑豊かになっていきます。

新緑の圃場と甲斐駒新緑をバックに水が張られた圃場に映る甲斐駒の山並み。

緑と水のコントラストが眩しい5月の朝(2019.5.10)

週末、沸き立つ雲に覆われる甲斐駒。

好天を期待したのですが、朝から雲が空を覆い風も強く吹く昼下がり。偶然にも空には彩雲が掛かっていました。

ちょっと天気が崩れそうなので、遠出はせずに近くをお散歩。

汗ばむほどの暑さとなった午後の日射しを浴びる、南アルプスを望む圃場に広がる麦畑。まだ浅い緑に覆われています。

若い麦の穂まだ瑞々しい緑を湛える麦の穂。

標高の高いこの地で麦秋を迎えるのは1ヶ月ほど後、梅雨入り間際です。

暑さを避けて標高を上げて八ヶ岳の山懐に飛び込むと、牧草地の先には新緑の中に山桜が花を咲かせています。

牧草地沿いで花を咲かせる山桜。

牧草地の向こうには落葉松林が広がります。

新緑に染まる落葉松の小道落葉松林の中に延びる林道。

落葉松の新緑見上げると、浅い青空の下、軽やかな緑に染まる落葉松の新緑。

心地よい風が吹く中、何時までもこの景色の下を歩き続けたくなります。

八ヶ岳牧場、本場の新緑林道を進んでいくと、開けた新緑の牧草地の中に放たれた牛たち。こちらにアイコンタクトしている一頭も。

5月から10月中旬に掛けて、この場所では麓の酪農家から委託された雌牛達がのびのびと放牧されます。

更に涼を求めて、八ヶ岳西麓を横断して茅野市側、多留姫の滝へ。

新緑に包まれる滝の音に暫し、耳を傾けます。

夕暮れの圃場1午後も3時を過ぎると、八ヶ岳から真っ黒な雲が降りてきて、夕立のような雨が降った八ヶ岳南麓。

日没を迎えて、雲が取れはじめると、鮮やかな夕日と空が圃場の水面に映ります。

夕暮れの圃場日が西の山並みに沈み、空の雲が流れ去ると、山里の渚にも夕凪が訪れます。

5月も初旬で既に夏日となった週末。一雨降って、少し涼しくなってきました。

桜と落葉松の新緑新緑の緑と圃場を満たす水面の美しさを愛でれるのは5月始めの、GW明けの僅かな期間。田植えが始めると山里は次のシーズン、梅雨を前にした麦秋へと向かいます。

 

まだ浅い新緑の中で(2019.5.5)

今年のGWも終盤戦。

沸き立つ雲に夕立と、季節はすっかり初夏の装いになってきました。

それでも標高の高いこの界隈はまだ春と夏の狭間、漸く緑が眩しくなる頃合いです。

まだ浅い落葉松の緑に包まれる千代田湖の湖畔。長いお休みとあって多くの皆さんが湖畔でキャンプやバーベキューを楽しんでらっしゃいます。

峠を下り、谷筋に拓かれた松倉の集落へ。

満開の鮮やかな菜の花畑の向こうに、ピンクに彩られた山肌が現れます。

落葉松の植林地が崩落したか伐り出された後に植えられたのでしょうか。躑躅が山肌を覆う様に花を咲かせています。

杖突峠から高遠に下る谷筋を越えて更に西に林道を進むと、箕輪ダムへとたどり着きます。

ダムサイトから望む下流側。午後の日射しを浴びて鮮やかな新緑を輝かす落葉松林が谷筋を覆います。

谷筋を通る林道脇に咲く山桜。

山桜は咲き始めると同時に若葉が芽吹き始めます。若草色と薄い桜色が午後の日射しに交じり合う頃。

落葉松の新緑に包まれる沢筋。ここはダムの建設と共に住む人が居なくなった場所、地理院地図にすら字名が記される事がなくなりましたが、ダム建設の見返りとして拓かれた林道の脇には人が住んでいた跡が今もくっきりと残されています。

落葉松の緑。まだ瑞々しい芽吹きの色です。

芽吹きの色に染まる落葉松林。気温が20℃を越えて少し暑いくらいですが、せせらぎの音が響く落葉松林は涼しい風が吹き抜けていきます。

 

GWの午後。静かな林の中で落葉松の花を探して(2019.5.3)

GWの午後。静かな林の中で落葉松の花を探して(2019.5.3)

例年よりずっと長い連休の皆様が沢山いらっしゃる今年のGW。

普段は人も少なく静かな八ヶ岳南麓のこの場所ですが、この時ばかりは都会が引っ越してきたかのようにコンビニやスーパーの駐車場にまで渋滞が起きる程の大混雑(夕方になるとチルド食材の棚がすっからかんになるという驚きの事態も)。こんな時は家で静かに過ごすに限るのですが、ちょっと探してみたいテーマを追いかけて、山懐へ。

午後になって雲が出てきた南アルプスの上空。

再び緑が戻ってきた牧場の周囲には落葉松林が広がります。

可愛らしい落葉松の新芽。林の中を鮮やかな黄緑色が染め上げます。

ひと冬を越して枝に残り続ける落葉松の松ぼっくり。

今日は、このシーズンしか観る事が出来ない松ぼっくりの親となる、落葉松の花を探しに落葉松林の中を巡ります。

落葉松の花、殆どの方は観た事が無いかと思いますし、私もこれだけ落葉松を撮影していて殆ど見る事が無い存在。なので、まずは何処にあるのか探し始める事暫し…松ぼっくりが落ちている木の枝をよーく見ていくと、新芽が連なる枝の途中に芽が出ていない突起がちらほらと。どうやら開く前の花芽のようです。

一旦コツが分れば後は丹念に探し続けるだけ。自然観察の楽しさを味わいながら更に探し続けると…見つけました。鉛筆よりも細い、まだ開く前の小さな小さな落葉松の花芽。下を向いているのでこれは雌花ですね。

ちょっと嬉しくなって更に探し続けると、連なって花を付ける落葉松の雌花も。5月の日射しをいっぱいに捉えようと空を向く新芽と背中合わせとなって、一緒に枝の先で揺れています。

こうなると落葉松の雄花も観たい!となる訳で、更に松ぼっくりが落ちている木の周りをウロウロする事、数十分。新芽の奥にちらっと見える小さな花が。

漸く見つけました。落葉松の雄花です。

午後の日射しの中で空を向いて花開く、落葉松の雄花。

トリミングで。

落葉松の新芽をご覧になった事がある方ならお分かりかと思いますが、落葉松の花は本当に小さく、僅かに小豆程度の大きさ。黄緑色に染まる落葉松の枝の中から探し出すのはちょっと大変ですが、青空へ向けて赤紫色の花弁を開く、落葉松の開花する姿を捉える事が出来ました。

本当は大きな落葉松の木の枝を探せばすぐに見つかるのかもしれませんが、ご承知のように落葉松は成長と共に樹冠へと枝が上って行ってしまうので(特に人工林の場合)、貧弱な私の機材ではその姿を追う事が出来ず。枝が地上近くまで降りてくる斜面に立つ落葉松の木を探すと、立派な松ぼっくりを連ねた木が。

他の枝を探すと、たわわに付いた落葉松の雌花。

これなら雄花もと、頭を持ち上がると…ありました、赤紫色に熟した立派な落葉松の雄花。立派と書きましたがこれでも一円玉の半分程度の大きさと、高さ20mを軽々と超える落葉松の木のスケールから見れば極小サイズ。

5月の青空の下、牧場に添って植えられた落葉松の人工林。

時折、ハイキングに訪れた方が通る程度の静かな林の中で、新緑を彩る緑に囲まれながらひっそりと花を咲かせる落葉松たち。

林道沿いに植えられた落葉松の軽やかな新緑に包まれる午後。

落葉松林から望む空は徐々に雲が増えてきました。

落葉松林を抜けて麓に降りると、八ヶ岳の上空はたなびく雲に覆われてきました。

八ヶ岳から入笠山方向へと尾を曳いて延びていく雲たち。

日が西に傾き始めると、山から吹き降ろす風が強くなってきました。

山の天気は変わりやすいので、急いで所用を済ませて洗濯物を取り込んだ後。空を見上げると、八ヶ岳の上空は華やかな薄紅色に染まっていました。

夕日に染められる雲と甲斐駒。上空の強い風を思わせる幾筋もの雲が伸びています。

茜色に染まる雲と、どっぷりと沈んだ夕日の向こうに伸びていく飛行機雲。

八ヶ岳山麓の界隈は、一大観光地として色々な施設や観光スポット、有名な撮影場所もたくさんありますが、ほんのちょっと歩みを止めて、木々や空に目を向けると、いつもとは違った素敵な景色に出逢えるかもしれません。

GWの朝に、鼎談桜(2019.5.3)

今日からGWのお休みとなった朝。

いつも通りに目を覚ましても今日は仕事に行く必要が無いと思うと、朝からほんのちょっとお散歩に出てみたくなります。

畑の畔を中をくてくと歩いていくと見えて来る、信濃境、田端森新田の鼎談桜。

薄雲が広がる暖かな5月連休の朝。

鼎談桜と呼ばれるように3本の桜が佇むこの場所。

例年通り、開花のタイミングは左の木から右、そして真ん中の一本と移っていきます。真ん中の一本はまだ咲き始めです。

少し引いて、甲斐駒をバックに。

大分雪渓も少なくなってきました。

例年通りの5月の開花となると水が張られた田圃の畔には花が咲き始めます。穏やかな朝の一時。

熱心にお写真に入れ込んでいる皆様の邪魔にならないよう、そそくさと元来た道を戻って。

4月に入っても雪が降り続いた八ヶ岳もこの暖かさで雪渓がすっかり融けてしまいました。

暖かな5月の連休、鼎談桜が咲く頃になると、八ヶ岳西麓の季節は初夏へと移り変わっていきます。

 

彩、移り変わる山里の春(2019.4.26~29)

ここ数年来の早く訪れる春から、時折降雪も伴う複雑な空模様が続く今年の春。

この地に居を置き始めた頃の春の歩みを少し思い出しながら、日々の空を眺める4月末の週末。

暖かい春の雨が降る朝。霧に沈む鼎談桜。

堅い蕾を少しずつ開き始める鼎談桜。こんなに遅いの?と少し驚かれるかもしれませんが、これで普通な位です。

昼には上がった雨が再び降り始めた夜の原村、深叢寺。

標高1000mを遥かに超える集落の中にある桜並木、今年も満開を迎えました。

たっぷりとした花を付けた深叢寺の夜桜。夜になって少し冷え込んできました(2019.4.26)。

冷たい雨が降り、再びストーブに火を入れるGWが始まった週末。

雨が上がった日曜日の昼前、上空を眺めると空にプリズム色の虹が掛かっていました(ここだけスマホです)。

前日に降った雪で雪渓が浮かび上がる南アルプス、甲斐駒の上空に掛かる虹。この時期としては珍しい、冷え込んだ寒気が連れてきた空に残る氷が太陽の日射しを受けて輝く、環水平アークと呼ばれる虹が昼過ぎの空で輝いていました。

夕暮れ、西の空が染まり始めると空に光の柱が立ち上がってきました。

本来であれば、厳冬期の極めて限られた条件でしか見る事が出来ないサンピラー。水が張られた圃場の先で、光の柱が立ち上がりはじめました。

空と山里の渚を貫く光の柱。

赤々とした光の柱が夕暮れの空に浮かび上がります。

ピークを過ぎて、ゆっくりと暗くなるサンピラー。

紅色に染まった夕暮れもゆっくりと夜の帳へと沈んでいきます。

山里とはいえ、滅多に見る事は出来ないサンピラー。しかも4月の末という本来であれば見る事が叶わないタイミングで偶然に訪れた空の彩。

再び訪れた夜の深叢寺。

ライトアップされた光に散り始めた花びらが浮かびます。

少しずつ葉桜となってきた深叢の桜。

花びらを落として少し寂しくなってきた夜桜。寒気が残る中、日が暮れてぐっと冷え込んできた高原の夜。寒の戻りですが、一度進み始めた季節の歯車は足早に次のシーズンへと進んでいくようです(2019.4.28)。

空から雨が落ち始めてきた連休三日目の夕暮れ。界隈では最も遅く開花を迎える信濃境、田端森新田の鼎談桜。様子を見に行くと、左の桜は花を咲かせ始めているようです。足元に広がる圃場にも水が張られました。

南アルプスをバックに咲き始めた鼎談桜。

薄暗い空の下で可憐な白い花を開く鼎談桜。今夜から本格的な降雨が続くようですが、雨が上がる頃には満開の花を咲かせるでしょうか。

移ろう空が様々な彩を伝えてくれるこの春。長いお休みがまだまだ続く方も多いかと思いますが、どうか良い連休をお過ごしください。

春色の八ヶ岳山麓、夕暮れに田端の枝垂桜を(2019.4.16~20)

春の積雪に驚かされた先週。

再び春めいてきた八ヶ岳山麓、いよいよ桜のシーズン到来です。

鮮やかな雪渓を戴く甲斐駒を望む朝の桜並木(2019.4.16)

八ヶ岳を望む火の見櫓の脇で。春の日射しで八ヶ岳の雪渓はすっかり痩せてしまいました。

民家の脇に立つ満開の桜の木と鳳凰三山。穏やかな春爛漫の朝(2019.4.18)

穏やかな週末の夕暮れ。

いっぱいの花を付けた信濃境、田端の枝垂桜。

色濃く染まる田端の枝垂桜。

そろそろ農作業が始まる圃場を足元に見て。

青空の下に浮かぶ薄紅色。

江戸時代後期からこの地で花を咲かせ続けると云われる枝垂桜。今年もたくさんの花を付けています。

夕暮れの日射しを受けて、春霞に沈む甲斐駒を望んで。

夕日を浴びる田端の枝垂桜。

三色に染まると称される2本の桜とコブシの木が同時に花を咲かせる時。

夕暮れを迎えた田端の枝垂桜。

時折吹く風に枝垂桜の枝がゆっくりと揺れています。

夕暮れの八ヶ岳西麓。周囲の桜も次々と花を咲かせています(田端森新田の鼎談桜は他の桜より1~2週間開花は遅く、まだ蕾ですので、あしからず)。

穏やかな週末、ゆっくりと夕暮れが迫ってきます。

4月も後半となって、はるか北へと移った夕暮れの日射し。圃場を照らしながらゆっくりと沈んでいきます。

残照が空を照らし出す穏やかな夕暮れ。標高1000mを越える八ヶ岳の山懐も春の心地になってきました。

静かな日曜日の朝、雲が広がる前に。2019.4.21