暖かな、暖かな新春(2020.1.1~12)

年の瀬を越えて新しい年を迎えた八ヶ岳山麓。

移り行く日々は新年であろうとも何ら変わることはないのですが、一年で最も日の短い時期を越えていくと、日差しが徐々に長くなっていくのを実感します。

日差しは長くなっても寒さが一番厳しくなるのは年を明けてからの筈なのですが、今年はどうもそのようにはいかない様子です。

凛とした空気に包まれる元旦の朝。涼やかな青空の下に伸びる、雪渓戴く甲斐駒と南アルプスの山々。

昨年よりは少し雪が残る、南麓側の八ヶ岳。

それでも年末に降った雪はあっという間に解けてしまい、少々寂しい山容となっています(2020.1.1)

緩やかに暮れていく夕暮れの空。

南の空はほんのりと赤く染まっています。

厳冬期は湿度が低く、夕暮れの空も波長が短い黄色から碧へと染まることが多いのですが、暖かなこの冬は早春のような赤みを帯びた空が多いようです(2020.1.2)

さっと雪が降った後の午後。少し足を延ばして蓼科山が望める山懐まで進むと、新雪に染まる北八ヶ岳の山々が見えてきます。

気温が暖かいためでしょうか、午後の日差しを受けて、日当たりの良い圃場では雪が解けていました。

麓のメルヘン街道沿いに広がる圃場の脇、蓼科山と北横岳を望む小さな公園に組まれたどんど焼きとお正月飾り。八ヶ岳へ向けて今年の無病息災と豊作を願うかのようです(2020.1.4)

暖かい日が続きますが、山では時折、雪が舞うようです。

雪雲が去って、美しい青空が広がる朝。新雪を纏う八ヶ岳(2020.1.9)

月が中天まで昇る、風もなく穏やかな冬の深夜。

眩しい月明かりに誘われて、雪渓輝く甲斐駒を愛でに外に出てみました。

シャッターを切る手が凍える事がないほどに暖かな夜更け(2020.1.11)

眩しく暖かな日差しが差し込む冷え込みが緩い日と、どんよりと曇った涼しい日が繰り返す落ち着かない空模様の連休。

夕暮れになって雲が切れてきた西の空を、柔らかな夕日が照らし出しています。

そろそろ1月も中旬、本来であれば乾いた蒼空の下、氷点下10度を下回る日が続く頃合いですが、この冬はどうも様子が違うようです。

年の瀬の点描(2019.12.8~31)

例年になく暖かな年末を迎えたと評される今年ですが、訪れる冬の季節。景色も冬の装いへと移り変わっていきます。

西の空を焦がす夕暮れ。日没の時間はぐっと早くなり、初夏の頃には塩嶺に沈む夕日も、この季節は諏訪盆地の南端、杖突峠へと下っていきます。

ぐっと冷え込む八ヶ岳の山懐。標高1300m超、冬の訪れを告げる八ヶ岳美術館前をメイン会場とする、原村のイルミネーション。

遙か遠くに諏訪の街明かりを望む山腹に連なる、冬の暗闇を照らし出す、ひんやりと涼しげなブルーのイルミネーションが麓のペンション街へと続いていきます(2019.12.8)

日没を過ぎて空の色が徐々に闇へと落ちていく頃。入笠山に連なるスキー場の夜間照明が暗い稜線に浮かび上がります。もうすぐ一年で一番日差しが短くなる頃(2019.12.15)

暖かい年の瀬の日々が続きましたが、それでもカレンダーは最後の1枚。スキー場や観光関係の皆様をやきもきさせていた冷え込みがようやくもたらされた月曜日の朝。雪雲を舞い上げる甲斐駒。

冬景色になった圃場の向こうに広がる、雪化粧をした南アルプスの山並み。

冬のシーズンらしい雪景色は嬉しいはずなのですが、圃場を覆うのはずっしりと湿った重たい雪。県境を越えた辺りでは積雪が20cm近くに達するこの時期にしては珍しい春先のような雪の降り方に、地元の方は首を傾げるばかりです(2019.12.23)

年の瀬へ向けて徐々に冷え込む日も増えてきた八ヶ岳山麓の山里。

暖冬の影響もあって、降った雪がすぐに解けて消えてしまう八ヶ岳の南麓側ですが、年も押し迫って漸くの雪化粧となってきました。

冷たく澄んだ空気に包まれる朝、新雪を戴く八ヶ岳の姿。まだ空の青さは浅いですが、それでも冬の訪れを実感させます。

乾いた冬の圃場越しに望む甲斐駒も、しっかりと雪渓に覆われていきます(2919.12.28)

雪雲が西から迫る夕暮れ。

昼間の青空から徐々に夜の帳に落ちる深い碧へと移り変わる中で。西麓から望む八ヶ岳はすっかり冬の装いとなっています(2019.12.29)

朝から降り始めた雪が雨へと変わった午後。圃場を覆っていた雪は解け、重たく空を覆う雲が切れると、南アルプスの山裾が見え始めます。

やがて、日没を迎えて雲海の向こうに、雪化粧した入笠山の山裾と、スキー場の夜間照明が浮かび上がります。暖かな晦日の夕暮れ(2019.12.30)

雨が上がった大晦日の明け方。

濃い霧が立ち込め、雲海に覆われた釜無川の谷筋から八ヶ岳の裾野へと登っていくと、雲海の上には再び雪化粧をした甲斐駒と鳳凰三山の山並みが見えてきました。

日の出の時刻を過ぎて朝日が雲海に差し込む暖かな大晦日の朝。

気温が10℃を上回る、信じられないような暖かさとなった大晦日ですが、寒気が流れ込んできた午後になると八ヶ岳颪が吹き始め、山々は再び雲に覆われてきました。

西の空へと日が沈んだ後、急激に冷え込む中、僅かに残る夕日が高い空の雲を染めていきます。

一巡した干支が再び子年に戻る夜。

年を重ねる毎に年々早くなっていく過ぎ去る日々を思い起こしつつ。どうか暖かくして良い年の瀬をお過ごしください。

今月の読本「日本の品種はすごい うまい植物をめぐる物語」(竹下大学 中公新書)先鋭と多様性、花卉ブリーダーが説く篤農家と育種家が手を携えて進む商品作物の未来

今月の読本「日本の品種はすごい うまい植物をめぐる物語」(竹下大学 中公新書)先鋭と多様性、花卉ブリーダーが説く篤農家と育種家が手を携えて進む商品作物の未来

本屋さんに魅力的なタイトルの作品が大挙して入荷してくる年末のシーズン。

じっくり読む時間が取れるとはいえ限られた読書時間の中、どれを読もうか何時も迷ってしまいますが、まだ仕事納め前だし、まずは軽めに新書でもと思って手に取ったこの本。軽めなその表題を裏切る印象的な一冊となりました。

日本の品種はすごい

今回は「日本の品種はすごい うまい植物をめぐる物語」(竹下大学 中公新書)をご紹介します。

副題を添えないと趣旨が判らないくらい、如何にも流行の表題の付け方ですが、更に綴られる内容はその表題からはかなり異なる印象を受けます。著者は元、大企業(キリン)の花卉育種部門を立ち上げられた方。現在は団体職員を務められていますが、社会人人生の大半を企業の「育種家」(ブリーダー)として過ごされた方。副題に表される「うまい」、即ち食用農作物(作物)のお話ともかなり離れた経歴をお持ちの方です。

花卉ブリーダーの方が何故に作物のお話をと、表題と副題を見ただけでは首を捻ってしまいますが、著者の執筆意図は明白です。その「うまい」作物たちの元を生み出す「育種家」と、商品作物として市場に送り出す事に尽力した「篤農家」達の物語を綴る事。

本書は、専門書籍以外ではかなり珍しい、農作物生産を影のように支える育種家と種苗メーカーサイドの視点で、商品としての農作物の発展を捉えていきます。

大学の研究者や公立の農業試験場関係職員の立場では忖度もあって書きにくい、作物の商品名(種苗品名)や種苗メーカーの名前をストレートに書くことを憚らない、種苗商品としての価値やその趨勢を統計資料や歴史的な記録から語りながらも一歩引いた視点で評価する事が出来る。同業者であっても育成する植物の種類が大きく離れる著者所以の視点で描かれていきます。

本書で紹介される「作物」たち。前半はジャガイモ、ナシ、リンゴ。世界的な作物と果樹、日本固有の果樹が取り上げられていきますが、何れも著者のブリーダー経験に近い分野。花卉ブリーダーに与えられる世界的な賞を受けた事もある著者ならではの、世界市場における農産品改良の歴史を見据えた視点を添えて綴られる内容は、同種の本でもなかなか語られない内容。農産物輸入自由化という外圧に抗し続ける、各地の農業試験場による効率的で収量が得られる品種への改良と、それを上回る規模とスピードで育種と配布を行う、日本のジャガイモ農業を支える柱石ともなっているカルビーの存在。江戸時代から続く果樹育成者達の品種改良への意欲は、文明開化を迎え、海外からの品種と改良技術の導入によって大きく花開く一方、研究者、育種家達が作り出した「作品」を、商品作物として作りこなして実際に収穫し、利益に結び付ける事が出来るようになるまで粘り強く向き合い続けた「篤農家」達の存在があった事を示していきます。

どんなに筋の良い品種でも、育種家と篤農家のコンビネーションによる成果が多くの生産者に受け入れられた時に初めて「農作物」に成り得る。更には彼らがどんなに良い品種だと思っていても、色味や食感、サイズと言った市場であるバイヤー、購買する人々のニーズに合わなければ「商品」として成功を収める事はない。企業ブリーダーとして育種の最前線に居た著者ならではの視点でその趨勢を綴っていきます。その上で、近年特に問題視されている農産品の原種流出に対して、日本を代表する世界的な品種となった一方、中国での生産量が日本国内の実に35倍にも達した「ふじ」を例に採り憤りを示しつつ、何故種苗法の改正が必要であるのかを論じていきます(ここで、育種家の皆様には品種交換という理論がある事を伺わせます)。

著者の専門分野の周辺に位置する前半から、後半は少し離れた作物へと移っていきます。ダイズ、カブ、ダイコン。伝統野菜としての品種や味覚、利用法を紹介する一方、前半のような育種家達、公立の農業試験場(ダイズの「エンレイ」(塩嶺ですね))の活躍の物語から、今や大企業となったタキイ、サカタといった種苗メーカーが送り出す種苗品種の話へと移っていきます。

著者が勤めていた企業がブームの後押しをした「だだちゃ豆」の栽培拡大。僅かにしか収穫されない「丹波黒大豆」に対して県外で大量に生産される同系品種たち。そして、僅か数%の生産にまで縮小した「三浦大根」に取って代った、西からの刺客「青首大根」普及の理由と、それでも満足しない、コンビニという名の巨大バイヤーの意向に合わせた「青くならない」青首大根の開発。伝統野菜と称される品種の中にも、数多くの品種が代替としてのF1品種へ入れ替わっている事を明示します(諏訪の伝統野菜、上野大根も、F1品種化する事で一定規模の品質/収量を確保している点は否定する事は出来ません。詳しくは本書も参考文献として用いている「地域を照らす伝統作物」(川辺書林)もご参照ください)。

商品であることと同義的に農家にとっての収入源たる農作物について廻る厳しい課題。安定した収量とブレの少ない品質、害虫への抵抗力と早生化の強い要望。時代と共に移り変わっていく顧客の嗜好、栽培する側の労力や収入、地力の維持。このお話に差し掛かると、当然のようにF1品種(雑種強勢)による種苗品種化の話へ進む事になるのですが、ここで少し興味深い点が著者が雑種強勢(F1)の農業分野における最初の適用例として養蚕と外山亀太郎を取り上げる点。養蚕に多少ご興味のある方であればご存知かと思いますが、著者は意外にも植物研究者達がその事を軽視しているのではないかとの指摘を添えています。

そして、F1品種を語る際に避けて通れない事象について、著者は二つの点を指摘します。まず、F1品種が在来品種を駆逐してしまうのではないかという疑念について、雑種強勢を生み出すためにはその親となる世代の多様性と精緻な育種技術こそが大事であり、在来品種の遺伝多様性の重要度を最も理解しているのはむしろ育種家達であると断言します。その上で、F1品種に嫌悪感を示す方々に対して、商品作物の価値を論じえない「アンチ」なだけだと評してしまいます。もし本書の副題を伝手に、伝統作物、品種への思いや育種政策に対する何らかの反論が描かれていると考えられて手に取られた方には失望を通り越して不満を呈されるかもしれない著述ですが、その原因が著者が指摘する在来品種がF1品種に駆逐される事へ危機感を感じているのではなく、著者が明らかにしているように、F1品種が精緻な栽培技術と豊富な原種のコレクションなくして作り出す事が出来ない、それ故に種苗を管理し提供する主体が公から民へと移る事に強い不安を感じているのではないかと…閑話休題

種苗家、種苗メーカーという主に作物の品種を作り出す側の視点で描かれてきた本書ですが、最後の1章はかなり様相が異なります。野菜という範疇にも捉えにくい「ワサビ」。伝統的な生産地においても、累代の篤農家であっても御し得る事が極めて困難、いえ、未だ作物として安定的な品種となっていないのではないかとの疑念を滲ませながらその推移を綴る著者。実際に現地の農家の方との話しを織り交ぜながら、その気難しさと不安定な品質理由について判っている範囲での技術的な見解を示していきます。その中で、著者の専門分野であるクローン育成苗を利用して農業分野外から参入した「海の見えるワサビ園」話の先に乱立したワサビクローン苗ビジネスの実態を添えて、農業生産者と商品作物に何が求められるかを冷静に見つめていきます。

著者の経験がふんだんに生かされた本書は、単なる美味しい作物の物語に留まらず、広くアグリビジネス、種苗ビジネスの一端を伝える内容を中軸に織り込んだ、新書という一般の読者に読まれる本としては極めて珍しい一冊。年々美味しくなる果物、野菜たちの裏側にある、ビジネスとしての商品作物創出という過酷な世界の中で、種苗家と農業を支え続ける人々が紡ぎ出すもう一つの物語を教えてくれるようです。

急ぎ足で訪れた初冬の彩(2019.11.20~12.1)

お天気が安定して暖かな日が続いた11月の八ヶ岳南麓。しかしながらカレンダーはもうすぐ最後の1枚。これまでゆっくりとした足取りで進んでいた季節は、急に冬の訪れを告げています。

穏やかに晴れ渡った朝。

雪渓が薄くなる甲斐駒の裾野を、深い飴色になった落葉松の黄葉が染めていきます。

銀杏の黄葉と甲斐駒例年であれば11月の始めには色付く銀杏の黄葉も、2週間近く遅い彩となりました(2019.12.20)

紅葉と冠雪する甲斐駒これまで良いお天気の続いていた八ヶ岳南麓ですが、冬の始まりを告げる曇り空が続く中で、真冬並みの氷点下5℃を下回るまでに急激に冷え込んだ朝。南アルプスの山並は真っ白な雪化粧となりました。

まだ紅葉が残る谷戸の圃場の向こう、雪煙を上げる雲が晴れていきます。

中腹が帯のように白くなった八ヶ岳。

どうやら雪というより、山を覆った雲が残した霧が木々に凍り付く霧氷が降ったようです。

紅葉と冠雪する甲斐駒211月とは思えない白さとなった甲斐駒と南アルプスの山並。

遥か南の鳳凰三山まで白くなっています。

冬空と落葉松の黄葉ゆっくりとした秋の足跡を残す、黄葉する落葉松並木。

冠雪する甲斐駒と落葉松の黄葉落葉松の黄葉越しに冠雪する甲斐駒を。

ゆっくりとした足取りの秋から急に冬を迎えた朝に(2019.11.29)

紅色の八ヶ岳一気に冷え込むシーズンへと入った八ヶ岳山麓。

夕暮れになるとほんのりと紅色に染まる雪渓を望めるシーズンとなってきました(2019.11.30)

初冬の御射鹿池1寒さが少し和らいだ日曜日。

穏やかな日差しを受ける午後の奥蓼科、御射鹿池。

周囲の落葉松林はすっかりと葉を落としています。

初冬の御射鹿池3上流からの水の流れが少なくなり、とろんと緩やかに揺れる湖面には、葉を落とした落葉松の木々が映り込んでいきます。

初冬の空と白樺まだ初冬の柔らかな空の色の下、すっかりと葉を落とした白樺の木々。

初冬の御射鹿池2シーズンオフとなって静かな湖畔。

緩やかな湖面に映り込む落葉松の木々。雪と氷に湖面が閉ざされる前に訪れる穏やかな時間。

日暮れの早くなる12月。山を下ると既に傾きかけた西日を浴びる八ヶ岳の山並。

夕暮れの日射し暫くすると、落葉松林の向こうにゆっくりと夕日が沈んでいきます。

夕暮れに染まる八ヶ岳夕日を浴びて輝く八ヶ岳の雪渓。

夕暮れに空を焦がす雲振り返ると西の空に延びる雲が夕日に赤々と焦がされています。

駆け足で訪れた初冬の彩は西の空へと移っていきます。

夕暮れに沈む月夕日に染まる南アルプスへと沈んでいく、4番目の月。

少し暖かい夕暮れですが、日が沈むと気温は0℃近くに。季節は巡り、しっかりと冬がやって来た八ヶ岳山麓です。

 

 

落葉松色深まる晩秋の八ヶ岳西麓(2019.11.12~17)

冷え込む事も多くなってきた11月中盤。

秋の歩みがゆっくりとした今年ですが、それでも山里の秋は深まってきています。

冠雪した晩秋の八ヶ岳再び雪が降った八ヶ岳山頂部。

朝になって雲が晴れた後、山頂部は白く冠雪していました(2019.11.12)

湧き上がる釜無川沿いの雲海冬の訪れを告げる、八ヶ岳から吹き下ろす強い風と雨。

雨交じりの朝、釜無川沿いに延びる雲海から雲が沸き上がっています。

釜無川から昇るダブルレインボー日射しが差し込んでい来ると、釜無川沿いから鮮やかな虹が立ち上がってきました。

うっすらともう一重の虹が掛かる、ダブルレインボー(2019.11.14)

週末を迎えて、眩しいほどの日射しが降り注ぐ昼下がり。

南アルプスの山裾を埋める落葉松もぐっと濃く色付いてきました(2019.11.15)

刈り入れが終わった圃場越しに望む朝の八ヶ岳。

落葉松色に染まる山裾もぐっと色濃くなっています。

刈り取られた蕎麦畑と雲巻く南アルプス赤く染まる刈り取られた蕎麦畑。朝から風が強く、南アルプスの上空は雲が巻いています。

落葉松林と南アルプス車が行き交う道から深く入った小邑にある、江戸時代から続く屋敷跡から望む南アルプス。

周囲に植えられた落葉松も色濃くなっています。

南アルプスの落葉松黄葉刈り入れの終わった圃場の先に広がる南アルプスの山並。

尾根筋に当たる日射しが晩秋の落葉松を照らし出します。

釜無川から望む落葉松の黄葉八ヶ岳の裾野、七里岩から釜無川沿いに下っていくと、目の前を黄葉に包まれた山並が迫ってきます。

銀杏の黄葉と八ヶ岳釜無川を対岸に渡って山道を進むと、八ヶ岳を遠望する事が出来ます。

広大な裾野を西側に延ばす八ヶ岳山麓。裾野は濃い落葉松色に染まっています。

ススキの向こうに並ぶ山裾の落葉松。

八ヶ岳の遠望と落葉松林釜無川が南アルプスの山懐へと別れた後、更に北へと小さな集落を進んでいくと、落葉松林越しに八ヶ岳の全景を見渡す事が出来ます。

牧草地の落葉松林午後の日射しを浴びると牧草地沿いの小路。

稜線沿いの落葉松林牧草地越しの稜線に沿って植えられた落葉松と交互に延びる落葉樹たちの黄葉。

落葉松の黄葉に染まる八ヶ岳西麓びっしりと植えられた落葉松の黄葉に染まる八ヶ岳の裾野。普段は見上げるような八ヶ岳も、釜無川の対岸側から望むと、深々とした落葉松林に包まれる全容が見えてきます。

落葉松色に染まる入笠山振り返って、落葉松の黄葉に包まれる入笠山の麓。

僅かに見えていますが、既に頂上付近ではスキー場の人工降雪が始まっています。

稜線から民家ぎりぎりまで落葉松林が迫る入笠山側の麓。

午後の日射しを浴びる、黄葉した落葉松の木。

遥か遠く、釜無川の谷筋の向こうに仙丈ケ岳のシルエットが映ります。

落葉松色の渓谷から仙丈ケ岳深い渓谷となった釜無川の上流部。

深々とした渓谷の更に向こう側までびっしりと落葉松が植えられた山裾の更に先に仙丈ケ岳を望みます。

夕暮れの八ヶ岳と落葉松夕暮れが近づく八ヶ岳西麓。

ぐっと色濃くなる落葉松が西日を浴びています。

紅色に染まる八ヶ岳の落葉松黄葉日没を迎えた夕暮れ。

南アルプスの山際に日が沈む直前、山裾を覆う落葉松の黄葉はうっすらと紅色に染まります。

落葉松の黄葉が色濃くなる夕暮れの一瞬に起きる彩。

紅色に染まる八ヶ岳の落葉松黄葉21分も経たないうちに、日射しは西へと去り、山裾の落葉松林は夕暮れの中へと沈んでいきます。

空の青が夜の闇へと落ちていく晩秋の夕暮れ。

11月も後半戦。ゆっくりと暮れていく八ヶ岳山麓の秋ですが、日が暮れると気温はあっという間に5℃を下回ります。落葉松の色付きが濃くなると、そろそろ冬の足音が聞こえて来そうです。

落葉松色に染まる八ヶ岳西麓の一日(2019.11.8~9)

例年よりかなり遅い秋の足取り。

11月に入って漸く秋らしい穏やかな空模様が終日続く様になってきました。

少し暖かくなった夜明け前の空。

空がゆっくり明るくなり始める頃、風が吹き始め、雲が尾を曳いていきます。

うっすらと赤みを帯びる、日の出前の甲斐駒と麓の山並み。

11月になってぐっと遅くなった夜明けを迎えた東の空。

風に流された雲が、ほんのりと桃色に染まります。

朝焼けとなった朝、山裾を赤く染め始める甲斐駒。

日の出から10分ほど経った後、甲斐駒の山肌を覆う落葉松の黄葉を赤々と染める朝焼け。

早朝の急な出勤途中、日が昇り始めるほんの僅かな時間に(2019.11.8)

良いお天気が続く土曜日の昼下がり。

西へと廻り始めた日射しで赤銅色に染まる、落葉松に覆われる八ヶ岳の裾野。

八ヶ岳山中でも落葉松の密度が非常に高い西麓の西岳と網笠山周辺。

びっしりと山肌を埋める落葉松の木々が黄葉に染まります。

午後の日射しをいっぱいに浴びる立場川沿いの落葉松林。

やはり例年よりかなり遅めの黄葉、まだ緑を残す木が多く見られます。

日当たりのよい道路沿いの高台に並ぶ落葉松達は綺麗な黄葉を魅せてくれます。

一気に標高を上げて1400m程の八ヶ岳牧場裏側へ。

高い空、まだ緑を湛える牧草地沿いに落葉松並木が続きます。

眩しい西日に浮かび上がる甲斐駒のシルエットと黄金色の光を通す落葉松の黄葉。

既に晩秋11月ですが、白樺も僅かに黄葉する葉を残しています。

高く広がる秋空の下、色付く落葉松の黄葉を眺めながら八ヶ岳の山腹を進んでいきます。

黄葉する落葉松林を中腹まで一気に突き抜けている防火帯越しに望む八ヶ岳。

八ヶ岳を象徴するかのような秋の色です。

山腹を西へと進む中、振り返ると落葉松達が傾きかけた西日に照らされて輝き始めます。

再び西麓まで戻ると、夕日を浴びてオレンジ色に染まる落葉松林を望む事が出来ます。

柔らかな夕暮れの空の下、圃場に並ぶ稲わら越しにゆっくりと暮れていく夕空の移り変わりを暫し眺めながら。

秋らしい良いお天気が続く今週は明日も快晴の予報。

実に8月以来とも云われている週末両日の好天の中、八ヶ岳山麓を包み込む落葉松達の黄葉はもう暫く続きそうです。

落葉松色に染まる八ヶ岳東麓(野辺山から晩秋の大河原峠へ)2019.11.4

11月の3連休。

一日中曇り空となった日曜日から引き続いて、雲が多めな月曜日。

それでも日差しが差し込む八ヶ岳の山裾。ピークを迎えた落葉松の黄葉を眺めに。

雲が多めな八ヶ岳東麓、野辺山。

落葉松色に包まれる男山の前に広がる牧草地も秋の装い。

日射しが差し込んでくると、落葉松の黄葉が輝き出します。

黄葉する落葉松に包まれる森。

昼下がりの薄日に浮かび上がる落葉松の木。

高い秋空の下、黄葉した落葉松の木が高く空へと伸びています。

周辺の山々も紅葉に包まれる八ヶ岳東麓。

谷筋を抜ける林道を下ります。

色とりどりの紅葉に染まる渓谷沿い。

日射しが差し込むと、落葉松の黄葉が輝き出します。

八ヶ岳の裾野を東に廻り込んで、標高2000mを越える大河原峠へ。

めっきり登山客の少なくなった峠の駐車場には静寂が広がります。

蓼科山を望む大河原峠。

頂上付近は勢いよく雲が流れていきます。

北側の谷筋から湧き上がる雲の群れ。

すっかり葉を落とした落葉樹たちを潜り抜けてを雲が上がってきます。

谷筋から湧き上がる雲と山から差し込む日射しが交わる中、最後の黄葉を残す落葉松たちが輝きます。

一気に雲に呑まれていく大河原峠。

暫くすると、日射しが薄くなった雲を通って抜け始めてきます。

雲に囲まれる落葉松の木々。

湧き上がってきた雲が通り抜けていくと、再び日射しが戻って落葉松の黄葉を輝かせます。

雲と日差しがせめぎ合う大河原峠。

撮影している最中にシャッターを押す指がかじかんでくる程の寒さ、車載温度計は3℃を指していました。既に晩秋から初冬に入りつつある八ヶ岳山中です。

蓼科スカイラインは標高の高い場所まで別荘地があるため通行が可能でしたが、大河原峠から蓼科、女神湖方面は通行止め。

再び折り返して佐久方面に下ります。

雲に包まれる周囲の落葉松はしっとりとした黄葉の色に染まっています。

遥か先まで山裾を覆う落葉松の黄葉。

乏しい日差しの中で黄金色に染まる落葉松たち。

日射しが分厚い雲に遮られる中、JAXAの深宇宙探査用アンテナ建築の為に切り拓かれた場所から落葉松に覆われる山腹を望みます。

JAXA美笹深宇宙探査用基地局既に火が入ったパラボラアンテナの周囲には多くの作業をされる方がいらっしゃいました。

麓に降りてから再びぐるっと八ヶ岳の裾野を北へ廻り込んで、蓼科山の東側へ。

夕方になって雲が切れ始めた、落葉松林の向こうに柔らかな夕日を受ける蓼科山の山容を望んで。

目まぐるしく空模様が変化した八ヶ岳東麓、麓の山里へも晩秋への足音が徐々に聞こえてきているようです。