緑の日々に(2018.5.11~12)

緑の日々に(2018.5.11~12)

例年になく春の訪れが早かった今年ですが、ここにきて少し足踏み。

水曜日から木曜日に掛けては、山では積もるほどに雪が降り、麓に住む我々でもストーブのお世話になるほど冷え込みました。

気温が3℃まで下がった、降雪翌日の朝。

田植えを待つ穏やかな圃場の水面に、南アルプスの山並みが映り込みます。

新緑と雪渓のコントラストが眩しい朝の甲斐駒。

標高950mとかなり標高が高いこの圃場。暫くの間水を張った後、水が温むのを待っての田植えとなります(2018.5.11)。

翌日、空は一面に雲で覆われてきました。

まだ日差しの残る昼下がりの野辺山。緑に染まる牧草地の向こうに、先日の降雪で再び雪化粧を施した八ヶ岳の稜線が伸びていきます。

標高1300mの高原地帯。海ノ口別荘地も新緑に染まりはじめました。秋の紅葉シーズンと並んで華やかに彩られるエントランス。

八ヶ岳の東側に廻り込むと、青空が見え始めました。

強い風に煽られる雲が流れていく、八千穂レイク。

標高1600mのこの場所も、周囲は緑に覆われてきました。

軽やかな新緑に包まれる森の中へ。

午後の陽射しを受けて輝き出す、八千穂高原の白樺林。

眩しい新緑に染まる白樺の木々。

新緑の軽やかな緑に包まれる森の中を辿る遊歩道を歩いていきます。

2年前の氷雪害によって一部がなぎ倒されて閑居地となってしまった白樺林。それでも、残ったミズナラの木の周りに白樺の新緑が見え始めています。

若々しい色に染まる落葉松の幼樹たち。

白樺林の中で、周囲の白樺を圧倒して枝を伸ばす一本の木。ミズナラのブナ子と名付けられています。

まだ芽吹き始めたばかりですが、遊歩道の中に置かれたベンチに座って、その姿に暫し見惚れてしまいます。

白樺の木々に包まれて花を咲かせる。トウゴクミツバツツジ。

この一本だけがいち早く花をいっぱいに咲かせていました。

午後の陽射しを浴びて咲き始めたトウゴクミツバツツジ。開花をしているのは園地の中でもほんの僅か。見頃はまだこれからです。

白樺林を抜けて、落葉松の新緑が続く小路を往きます。

日差しが戻って青空の下に伸びる、落葉松の新緑。

緑の光が差し込む落葉松の林内。

軽やかで陽射しを一杯に通し込む落葉松の若葉。

眩しい緑が森の中に溢れています。

傾き始めた午後の陽射しを一杯に受ける落葉松の新緑。

清々しい高原の風と溢れる新緑を満喫する午後。

麦草峠を越えて、八ヶ岳の西側に下って来ると、再び空は雲に覆われ始めました。

日差しが降り注ぐと少し暑いくらいの、例年より気温が高い今年。標高1000mを越える圃場でも一足先に田植えを始めた場所がありました。秋空のようなうろこ雲に包まれた夕暮れ。明日は天気が崩れそうです。

 

広告
藍の空、八ヶ岳ブルーの下で(2018.2.18)

藍の空、八ヶ岳ブルーの下で(2018.2.18)

春節を迎えた今週。

長くて寒い、八ヶ岳山麓の冬も漸く折り返し点。

寒さはまだまだ続きますが、冬の八ヶ岳が最も美しく映えるシーズンは、冷え込みが続くこの時期です。

ピークを迎えて藍色に染まる八ヶ岳ブルーの空の下、快晴になった日曜日にぐるっと一周です。

冷え込みが再び戻ってきた朝の八ヶ岳。中央線や中央道から眺められる方にとってはお馴染みの八ヶ岳を南側から望む冬の景色です。中央高速の八ヶ岳P.Aを見下ろす場所から。

粉雪に塗された八ヶ岳が美しく映えるのは、やはり朝の青空です(2018.2.14)。

午前中は八ヶ岳の東側、野辺山から清里の方向が順光になります。

東沢大橋の赤と雪を戴く八ヶ岳の前衛、権現岳のコラボレーションが楽しめます。

清里を越えて野辺山側まで廻り込むと、標高は1300mを越えてきます。

正面に主峰の赤岳と後方には横岳が望めるようになります。

高原地帯の牧場を抜けていくと、八ヶ岳を側面から一望できる場所に至ります。

冬の低い太陽が真上に上る頃、八ヶ岳の雪渓が八ヶ岳ブルーの空から浮かび上がります。

唯々、藍色の空が広がる下で、暫し風の音に身を委ねながら。

今年は降雪が多いのですが、一方で風も強く、地温も高いのでしょうか、広大な牧草地の所々に枯れた牧草が顔を覗かせています。

冬の低い太陽は、お昼を過ぎると急速に角度を低くします。

ぐっと海ノ口側に廻り込むと、傾き始めた陽射しが柔らかな表情を作り出します。

野辺山を離れて、八ヶ岳の裾野を北側を廻り込んでから、再び山懐に飛び込んでいきます。

西に傾いてきた日差しを受ける、蓼科牧場から眺める蓼科山。

昨日までの強い北風が収まって、穏やかな表情を見せてくれました。

3時を過ぎて日差しが西に傾いてきましたが、既に春節。まだ日差しが充分に残っています。

もう少し足を延ばしてみましょう。

大門峠を越えて八ヶ岳の西側に廻り込みます。

ビーナスラインから望む八ヶ岳のパノラマ。気温-9℃と地上に比べればぐっと冷え込んでいますが、風が穏やかなので寒くは感じません。

先ほどは足元から見上げていた蓼科山を今度は正面から。

標高1800mに迫る車山の肩にある、伊那丸富士見台からは、南北双方の八ヶ岳連峰の全てを俯瞰で望む事が出来ます。

そして、陽射しが西へと落ちてくると、空の色は藍色から柔らかな青へと移り変わっていきます。

夏のシーズンであればハイカーが昇るであろう車山の山頂へ至る小路も、今は小動物の足跡が残るばかり。

西日が低く山裾から照らし出すようになると、木が殆ど生えない車山の山裾が真っ白に染め上げられていきます。柔らかな夕暮れの青。

振り返ると、霧ヶ峰の向こう、西の空には既に次の雲たちがやって来ました。

5時近くなっても山の上は明るく、随分と夕暮れの訪れが遅くなってきた春節の夕暮れ。

厳冬の空を藍色に染める八ヶ岳ブルーが楽しめるのも、あと一ヶ月ばかりとなりました。

 

Frozen days1(厳冬の空色)2018.1.25~27

Frozen days1(厳冬の空色)2018.1.25~27

関東地方で久しぶりの本格的な降雪となり、記録的な最低気温となった今年の冬。

実は、八ヶ岳の山麓では雪はそれ程でもなく、寒さも例年とちょっと違うようです。

関東地方で大雪が降った後、厳しい冷え込みとなった朝ですが、強く冷たい風に冷やされているだけで、地面から忍び寄ってくる、痺れるような冷え込みとはちょっと異なるようです。

路面には凍結が無く、速やかな除雪のおかげもありドライなアスファルトの道を行き来出来る朝。西からの強い風に雲が煽られている八ヶ岳を望む圃場は、白い雪に覆われました(2018.1.25)

圃場を埋める雪も20cmを下回る程度と、それほどの積雪ではなく、落葉松に覆われる南アルプス麓の山々も、谷筋以外は黒々としています(2018.1.26)

強烈な風のせいで、気温は終日氷点下となりますが、肝心の諏訪湖の結氷はこの時点でも全面には至らず。陽射しが長くなる節分まで秒読み段階となって、地元の方も気を揉んでいます。

今シーズン一番の冷え込みとなった土曜日。

雪原に輝く八ヶ岳を望みに、野辺山まで足を延ばします。

凍てつく大地の向こうに、雄大な八ヶ岳の山並みが見えてきます。

午後の陽射しを浴びて輝く、八ヶ岳の主峰、赤岳。

午後1時の時点でも氷点下5℃と極寒の中、白銀に光る雪渓に暫し、見惚れてしまいます。

西に傾く日差しを追って八ヶ岳の西麓側に。

西側から望む南八ヶ岳の赤岳と横岳。西日に照らされると少し暖かな感じのする雪化粧です。

同じく北八ヶ岳の蓼科山と北横岳。

アイスクリームのように粉雪が降りかけられた北八ヶ岳の山々を眺めるのは、このシーズンのちょっとしたお楽しみです。

暫し待っていると、春節を前に随分長くなってきた西日が陰り始めてきます。

雪化粧を施された八ヶ岳の山々は、刻一刻と色を変えていきます。

山裾の落葉松林と雪渓がそれぞれの色に染まっていきます。

桃色に染まり始めた北八ヶ岳。

入笠山辺りから漸く杖突峠の近くまで戻ってきた夕日が沈んだ直後、八ヶ岳の雪渓は柔らかな桃色に染まります。

陽射しが完全に落ち切った後、僅かに残った夕暮れの残滓が、八ヶ岳のバックをほのかに染めていきます。

終日氷点下の真冬日となると、家から出掛けるのも億劫になりますが、そんな心を慰めてくれる、この時期にしか観れない山々の色。

雪が少なくてもぐっと冷え込むのは、八ヶ岳山麓ならではの風物詩。御神渡、今年は観られるでしょうか。

冷え込む冬の日々(2018.1.11~13)

冷え込む冬の日々(2018.1.11~13)

1月も中旬に入るといよいよ厳冬期。

これから春節の頃に掛けて、一年で一番寒いシーズンに突入します。

寒気が抜けて、雪雲が去った朝。明け方まで雪を降らせていた雲たちが高く空に舞い上がっていきます。

年始に入って、今シーズン初めて数cmの積雪となった八ヶ岳南麓ですが、少し標高を下げると、圃場にも路面にも雪がありません(1/11)

漸く気温が氷点下10度を下回った朝。

寒気が降らせた雪が残る八ヶ岳が白さを取り戻しました。

今シーズン初めての「八ヶ岳ブルー」厳冬のシーズン、到来です(1/12)

本格的に白い衣装を纏いはじめた八ヶ岳を望みに、野辺山まで上がってみましたが…こういう時にタイミングが合わず、再びの雪雲に覆われてしまいました。

野辺山界隈でも雪が少なく冷え込みが厳しいという、八ヶ岳山麓らしい冬を迎えています。

真っ白に雪化粧した権現岳と麓のスキー場。

赤岳から北側は雪雲に霞んでいます。麓はご覧の通りの雪なしですが、この時点(14時頃)で気温-2℃と、陽射しはあっても厳冬期らしい、厳しい寒さです。

再び南麓側に降りてくると、八ヶ岳高原大橋の向こうに、雪雲から光が差し込んでいます。

「天使の階段」とも呼ばれる光芒が南アルプス全体を包み込んでいました。

冬のシーズンには珍しい光景、冷たい風が吹く中、暫し足を止めて流れゆく雲と光芒を望みながら。

昨日からは、八ヶ岳山麓広域で催される真冬の一大キャンペーン「寒いほどお得キャンペーン」が始まりましたが、連日の冷え込みでいきなり50% off(朝10時の時点で、清里駅前の気温が-5℃以下)も出ている今年、諏訪湖の御神渡りを含めて、厳冬の八ヶ岳山麓をホットにしてくれる話題に事欠かないシーズンとなりそうです。

 

落葉松色の川上村の朝(2017.11.5)

連休の最終日。

ぐっと冷え込んだ朝、八ヶ岳南麓は再び青空が広がりました。

ひんやりとした朝の空気を胸いっぱいに吸い込んで、シーズン最後の落葉松の黄葉を眺めに、再び八ヶ岳の東側、川上村へと向かいます。

八ヶ岳の東麓側は昨日の夕方に降った雪の影響でしょうか、山の周囲は雲に覆われています。

抜けるような青空の向こうに八ヶ岳を望む、川上村、信州峠の麓。

朝の日差しを浴びて、圃場の落葉松も輝きます。

山の向こうまで、落葉松色に染まっています。

山を埋め尽くす落葉松の群生林。圃場の脇に立つ木々は葉を落としていますが、最後に紅葉を迎える落葉松の黄葉は今がピーク。

朝の日差しを浴びて輝く圃場の向こうに広がる、女山と落葉松の群生林。

黄金色に染まる圃場の向こうに連なる落葉松の群生林。朝の日射しを受けて輝きを増しています。

撮影中の気温はカメラを持つ手がかじかんでくる4℃。日が昇って来ると、八ヶ岳の周囲を取り巻いていた雲も取れはじめました。

黄金色に輝く落葉松色の山並み。

谷筋を渡って八ヶ岳の裾野側に移動します。

男山を正面に望む高原野菜の圃場ではシーズン終わりの収穫真っ最中。トラクターと集荷のトラックが忙しく動き回っています。

収穫の終わった圃場では次のシーズンに向けて準備が進んでいます。

降雪時期以外は植え付けと収穫が繰り返し続く高原野菜の栽培。お休みを迎えるのは一年の間でも厳冬期のほんの僅かな間だけです。

川上大橋から望む、雲の晴れた八ヶ岳。八ヶ岳の稜線へ向かって伸びる谷筋の落葉松林も色付いています。ちょっとひんやり、でも日差しが暖かい、気持ちの良い晩秋の朝です。

陽射しを一杯に浴びて黄金色に輝く落葉松林。

殆どの落葉松林は人工林なのですが、美しく整備された落葉松林が日差しを受けて輝く姿は八ヶ岳の秋を象徴するシーン。人と自然が一緒になって作り出した美しさに感謝をしつつ。

 

 

落葉松色に染まる野辺山と川上村(2017.11.3)

秋も深まる11月。

10月の天気がウソみたいに晴れ渡った11月最初の連休。

山里の紅葉はもう終盤、シーズンの終わりを告げる落葉松を眺めに、八ヶ岳の東麓へ向かいます。

枯草が目立つ牧草地の先に望む八ヶ岳。

山裾をピークを迎えた落葉松の黄葉が飾ります。

シーズン最後の収穫を待つ高原野菜が広がる圃場の先に、落葉松林と八ヶ岳を望みます。

振り返ると綺麗に整備された圃場が広がる先に、全山が落葉松に覆われた山が正面に見えてきます。さあ、あの山の懐へと進んでいきましょう。

びっしりと落葉松色に染まる山並み。南牧村から長野県の南東端、川上村へと入っていきます。

谷底に点在する小さな集落、佐久広瀬。

千曲川沿いの山並みも落葉松色に染まります。

山の頂上から河原の岸辺まで、びっしりと落葉松に包まれています。

野辺山の圃場から遠望した山、男山の山裾までやって来ました。

山の頂上部は既に落葉、麓から繋がる山裾は見事な落葉松色に染まっています。

更に歩みを進めて、男山の懐の中へ。午後の陽射しを浴びて、落葉松林が輝き出します。

輝く落葉松。

午後の陽射しを浴びる落葉松の密集林は琥珀色に輝きます。

男山を越えて谷筋に入ると、再び千曲川に出逢います。

上流には落葉松にびっしりと覆われた秩父の山並みを望ます。

今越えてきた男山の裏側を、川上村の御所平側から。見事な紅葉を魅せる山並み。

谷筋を再び登って、信州峠の入口まで上がっていきます。

標高が上がって来ると、落葉松の木々も葉を落とし始めています。

周囲の山々も落葉松色に染まります。

信州峠側から望む、川上村の山々。

再び谷筋に降りて山並みを足元から望みます。赤顔山

天狗山。既に葉を落とした山頂部と、山裾の落葉松色のコントラストが、秋晴れの下に映えます。

川上村の中心部から遠望する八ヶ岳。

ほんの僅かに移動しただけで、普段と全く違う姿を見せてくれます。

再び八ヶ岳の裾野の上に戻ってきました。

西日を浴びる男山に向かって、落葉松林が伸びていきます。

すっかり早くなってきた夕暮れ。西日に染まる落葉松は鮮やかさを増していきます。

野辺山の電波望遠鏡の周囲も落葉松色に染まっています。高い秋の空には東に向けて雲が流れていきます。

 クリアーな秋晴れの夕方。

釣瓶落としの秋の夕暮れは足早に去っていきます。

久しぶりの良いお天気を満喫できた一日。今暫く、秋を満喫できそうです。

台風一過、初冠雪、そしてまた台風(2017.10.23~28)

超大型の台風が通過した今週の始め。山に囲まれたこの地では、強い雨が降った以外は大した影響もなく、台風が過ぎ去った後には青空が望めました。

台風の残していった強い風が吹く朝。

空へと巻き上げながら、大きな弧を描く雲が山並を渡ります。水に浸かった圃場が激しい雨が降り続いたことを教えてくれます(2017/10/23)。

そして、冷たい雨が降り続いた翌日の朝。周囲の山々は雪化粧を纏いました。

少し早い冬の到来を告げる、甲斐駒の初冠雪。

振り向くと、八ヶ岳の頂上も白く冠雪しています。

朝靄の中、少し車を西に走らせると、諏訪の盆地は雲海の中。

一気に標高を上げて美濃戸口近くまで上がって来ると、漸く雲海を抜け出しました。

遥か遠く、南アルプスの山並みが諏訪の盆地に落ち込む更に向こう側に、白く冠雪した木曾の山々が望めます。

雲海の向こう、塩嶺越しに望む、北アルプスの山々。

こちらも真っ白に雪化粧をしています。これから半年余り続く、長い冬の間に眺めつづける景色を少し先取りです。

雲海を抜けると、冠雪した八ヶ岳の山々を望む事が出来ました。

北八ヶ岳の蓼科山と横岳。

紅葉する木々の向こうに望む、冠雪した天狗岳。

朝の眩しい日差しをいっぱいに受けて呼吸する、主峰、赤岳。

麓に降りてくると、雲海はすっかり晴れて、雪渓を戴き、落葉松色に染まる山裾を曳く八ヶ岳が望む事が出来ました(2017/10/26)。

そして、再び台風の襲来が予報される中、少し暖かい雨が降る週末。

山の上はすっかり次の季節に移り変わった事を実感させる、雪渓が育ち始めた、南アルプス、鳳凰三山。

小雨模様の中、雲間から望む甲斐駒も、深い雪渓を刻み始めています。

天候が悪いので山に入る事も叶わず。何時もの場所へ。今日も霧に包まれています。

小雨が降る中、深い彩に変わり始めた奥蓼科、御射鹿池。沢山の観光客の皆様がお越しになっています。

湖畔を次々に流れていく霧。

紅葉する木々を白く覆っていきます。

霧が通り過ぎると、鮮やかな深い彩の紅葉の森が水辺の向こうに広がります。

本降りの雨が湖面を叩くようになってきた午後、これから再び台風の到来を迎える八ヶ岳の山中は、静かに秋の深まりを濃くしていきます。