盛夏から風吹く晩夏へ(2019.8.13~18)

暑い日が続いた今年のお盆休み。今日が最終日の方が多いでしょうか。

酷暑から台風そして再びの暑さ。でも標高の高いこの八ヶ岳山麓はもう次の季節の足音が聞こえ始めています。

そんな日々のカットから。

八ヶ岳と美ヶ原を望む山裾に拓かれた溜池。

空の青が水面に映り込んでいきます(2019.8.13)

台風へと流れ込む風が次々と運んでくる雲たち、蓼科山の上空で渦巻く夕暮れ。

時折青空が覗く中、山裾は激しい雨が断続的に降り続きましたが、同じ諏訪地域でも盆地の底になる諏訪湖の花火大会会場は殆ど雨が降らなかったそうです(2019.8.15)

台風が過ぎ去った翌日の午後。

まだ風が残る圃場から望む、雲巻く八ヶ岳の上空。

風が止んだ夕暮れ。

台風が残していった湿った雲が柔らかな薄桃色に染まります(2019.8.16)

雲が晴れて再び厳しい暑さとなった週末。

山並の向こうに沈む、光芒を曳く夕日が雲を焦がします。

雲がゆっくりと切れて、どっぷりと日が暮れた後。

暗くなると急に急に気温が下がり始め、足元の畔端からは虫の音が響いてきます(2019.8.17)

再び雲が多めとなった日曜日の午後。

八ヶ岳の山裾は沸き立つ雲にびっしりと覆われます。西の端、蓼科山方向。

沸き立つ雲の更に上まで上昇気流が昇っていきます。

東から吹き込む風で沸き立つ雲。

南八ヶ岳は真っ白な雲に覆われていました。

西の空に広がる雲から零れる日射しが、夏の湿った空気を照らし出す午後。

すっかり高くなった青空に向かって、光と雲が重なり合って伸びていきます。

雲間から広がる光芒が射す中で。

足元に広がる圃場。風に揺れる稲穂。

結実が進み、重たくなった頭を垂れる稲穂が広がり始めると、季節はもう晩夏。

雲を沸き立たせた、ひんやりとした東風が吹く中、少し寂しい夏の終わりを感じさせる夕暮れです。

 

 

広告
長かった梅雨から盛夏へ(2019.7.16~8.10)

長かった梅雨から盛夏へ(2019.7.16~8.10)

 

長い長い梅雨が明けて、いきなりの暑さが列島を覆う今年の夏。

梅雨の間は連日の冷たい雨、明けては猛暑と写真も撮りに行くのも億劫となる中、移り変わる日々のカットを集めて。

しっとりとした朝の雑木林(2019.7.16)

梅雨の狭間、粗放となった畑で花を咲かせる、夏蕎麦の花。今年は梅雨の最中での開花となりました(2019.7.23)

暑くなった夕暮れ、八ヶ岳の裾野に沸き立つ雲。

夕暮れが迫ると、真っ白な入道雲と、夕日が青空の下で混じり合っていきます。

琥珀色の夕日に染まる雲。梅雨明けまであともう少し(2019.7.28)

月末、梅雨明けとなった朝の八ヶ岳南麓。少しウェットな鱗雲が空を覆っています。季節がもう一歩先へ進んでしまったような空模様です(2019.7.30)

眩しい日射しが戻ってきた八ヶ岳南麓。朝から暑い日でも、雑木林の中は涼しい風が抜けていきます。

暑い日が続きますが、午後のお天気は相変わらず不安定。日暮れ前に雨雲に覆われ始めた八ヶ岳の裾野。不思議な空色が広がります(2019.8.1)

強い通り雨が去った夕暮れ。八ヶ岳の上空に広がる空にゆっくりと夕闇が迫ってきます。

雲を焦がす華やかな色合いを魅せる夕暮れの空。

日射しが西の雲の中に沈んだ後、残り火のような夕日が雲間から差し込んできました(2019.8.3)

夕暮れ前の野辺山、平沢峠。朝は雲一つない青空でしたが、午後になると沸き立つ雲に覆われる八ヶ岳山麓。雲の切れ間から差し込む光芒が広大な山裾を照らし出します。

雲が広がる八ヶ岳の稜線にゆっくりと隠れていく夕暮れの日差し。

権現岳と赤岳の間に沈んでいく夏の夕日が雲を焦がします。

どっぷりと暗くなった後、八ヶ岳の向こうに沈んだ夕日からの照り返しがゆっくりと雲間に揺らめいています(2019.8.4)

夜半の雨が止んですっきりと晴れ渡った南アルプスを望む朝の圃場。

気持ちの良い夏の青空が広がります(2019.8.5)

夜半の雨の名残、雲海をたなびかせる朝の甲斐駒。

梅雨は明けましたが不安定な天候が続く8月の八ヶ岳南麓は連夜、雷雨に見舞われています(2019.8.6)

久しぶりに雨が降らなかった夕暮れ。

空を覆う滑らかな雲を夕日が照らし出しています(2019.8.7)

いっぱいの緑に包まれる水田越しに望む朝の八ヶ岳。

雨上がりの朝、時折吹き抜ける涼しい風が眩しい日射しの暑さを和らげてくれます。稲の花

水田を覗き込むと、開花が始まった稲の花。今年も盛夏を迎えた八ヶ岳南麓(ここだけトリミング済み2019.8.9)

夏らしい雲が沸き上がる、稲穂が一斉に伸びた夕暮れ前の圃場。

日射しが傾き始めると、漸く凌ぎ易くなってきます。

トウモロコシ畑越しに望む八ヶ岳。

日射しを浴びてうっすらとアイスグレイに輝く雲が東に沸き立つ雲へと合流していきます。

アイスグレイの雲の下に廻り込むと、虹のアーチが掛かっていました。東の空にびっしりと雲が沸き立っていますが、雲の色が灰色にくすまない限り、雨の心配はありません。西の空を望むと、熱波に包まれる釜の底に沈む諏訪の空と、夕暮れになって爽やかな風が吹き始める、雲の上に広がる高い高い青空のコントラスト。高原の空からは秋の足音が聞こえ始めています。

厳しい暑さを迎えた今年の夏ですが、雨上がりの晩に鳴き始めた鈴虫の音を聞くと盛夏も終盤。標高1000mに迫るここ八ヶ岳南麓の夏は足早に過ぎていきます。

梅雨空の彩(2019.6.17~7.7)

今年は連日どんよりした天気が続く、梅雨らしい梅雨時を迎えた八ヶ岳南麓。

お天気が悪いので撮影はちょっとお休み気味。それでも日々を行き交う中で望む彩を収めて。

雨交じりの夕暮れ。

暗く垂れ込める雲を赤く焦がす夕焼け。

梅雨の夕景_小海線沿い雲を染める夕焼けに照らし出される小海線のレールと圃場(2019.6.17)

梅雨の夕景_夏至の八ヶ岳雨が上がった夏至の夕暮れ。

午後7時をまわっても薄明るい、標高の高い八ヶ岳西麓。しっかりと伸びた稲の苗が伸びる圃場に夕景が映ります。梅雨の夕景_霧ヶ峰とレンゲツツジその名の通り、霧が立ち込める霧ヶ峰の裾、車山肩。

シーズンを迎えたレンゲツツジが点々と花を咲かせています。

霧の中に浮かび上がる、朱色に染まるレンゲツツジ。

茅野側の麓では薄日が射していたのですが、この後、諏訪湖方面に至るまで土砂降りの雨模様に(2019.6.23)

お天気が悪い日が続きますが、時折の晴れ間、雲の向こうに望む甲斐駒の雪渓はすっかり薄くなっていました(2019.6.25)

梅雨の夕景_南アルプス夕暮れになって雨が止んだ圃場から望む南アルプス。

切れ始めた空の雲を柔らかく染める夕日(2019.6.28)

梅雨の夕景_雲の天井が開いた後大雨となった週末。空を覆っていた分厚く広がる雲の天井が抜けると、陽射しが零れる柔らかな青空が広がり始めています。

梅雨の夕景_雲を焦がす夕暮れやがて周囲が暗くなり始めると、西の空に沈んだ陽射しが不気味なほどの朱色に雲を焦がしていきます。

子羊の物悲しげな鳴き声が雲間に響き渡る、少し背筋が寒くなる夕暮れ(2019.6.30)

梅雨の夕景_空を染める朱1雨模様が続く日々、久しぶりに午後から雨が止み、少し日射しが戻ってきた金曜日の夕暮れ。薄雲が残る八ヶ岳西麓の空を焦がす朱に染まる夕暮れ。

梅雨の夕景_空を染める朱2日射しが西の空に落ちていくと、圃場もゆっくりと暗闇へと沈んでいきます。

既に夏至を過ぎて、日射しの長さは徐々に短くなり始めていますが、全国的に観られたこの日の夕焼け、標高の高い八ヶ岳西麓では長く、長く続いていきました(2019.7.5)

再び夜半から強い雨が降り続いた日曜日。

午後になって、僅かに顔を覗かせた八ヶ岳の裾野。雨上がりの緑が更に色濃くなっていました。

カレンダーは既に7月、山里らしい少しひんやりした雨降りの日々もあと僅かです。

 

緑濃くなる新緑の中で(2019.5.17~19)

GWから暫くの時が過ぎて、日常が戻りつつある5月の中旬。

観光客の方もぐっと減った八ヶ岳山麓。新緑のシーズンも徐々に深まってきました。

里近くに広がる雑木林。雨上がりの林の中で躑躅の花が咲き始めています。

林の中に差し込む光に浮かび上がる躑躅の花。新緑の緑の中、朱色に染まる躑躅の群落が点々と広がります(2019.5.17)

雨は降らないまでも曇りがちで強い風が吹き続けた週末。

漸く日射しが戻ってきた日曜日の午後、落葉松林は新緑の色を濃くしていきます。

午後の日射しを浴びる落葉松と白樺の新緑。

少し、林の中に入ってみます。

緑が濃くなってきた落葉松と赤松が混じる森の中。

日当たりのよい落葉松林の緑はすっかり濃くなってきました。

広葉樹が混じる緑のトンネルを抜けていきます。

広葉樹と赤松がコントラストを作る午後の林の中。

鬱蒼とした林の中、でも新緑のシーズンは明るい日射しが差し込んできます。

軽やかな落葉松の緑も午後の日射しを林の中に通してくれます。

落葉松林の中で花を開く山桜。

迷路のように続く緑のトンネルを次々と抜けていきます。

午後の日射しの中、新緑に染まる落葉松林。

日射しが西に傾き始めると、林の中は新緑と影のコントラストが生まれ始めます。

緑と緑のコントラスト。明るい林の中、新緑の時だけに楽しめる輝き。

空高く雲が巻く、強い風が吹き続ける日曜日の夕暮れ。

田植えが進む圃場に綺麗に並ぶ苗を夕日が照らし出します。

天気は下り坂、そろそろ梅雨の走りを迎える八ヶ岳山麓です。

GWの朝に、鼎談桜(2019.5.3)

今日からGWのお休みとなった朝。

いつも通りに目を覚ましても今日は仕事に行く必要が無いと思うと、朝からほんのちょっとお散歩に出てみたくなります。

畑の畔を中をくてくと歩いていくと見えて来る、信濃境、田端森新田の鼎談桜。

薄雲が広がる暖かな5月連休の朝。

鼎談桜と呼ばれるように3本の桜が佇むこの場所。

例年通り、開花のタイミングは左の木から右、そして真ん中の一本と移っていきます。真ん中の一本はまだ咲き始めです。

少し引いて、甲斐駒をバックに。

大分雪渓も少なくなってきました。

例年通りの5月の開花となると水が張られた田圃の畔には花が咲き始めます。穏やかな朝の一時。

熱心にお写真に入れ込んでいる皆様の邪魔にならないよう、そそくさと元来た道を戻って。

4月に入っても雪が降り続いた八ヶ岳もこの暖かさで雪渓がすっかり融けてしまいました。

暖かな5月の連休、鼎談桜が咲く頃になると、八ヶ岳西麓の季節は初夏へと移り変わっていきます。

 

彩、移り変わる山里の春(2019.4.26~29)

ここ数年来の早く訪れる春から、時折降雪も伴う複雑な空模様が続く今年の春。

この地に居を置き始めた頃の春の歩みを少し思い出しながら、日々の空を眺める4月末の週末。

暖かい春の雨が降る朝。霧に沈む鼎談桜。

堅い蕾を少しずつ開き始める鼎談桜。こんなに遅いの?と少し驚かれるかもしれませんが、これで普通な位です。

昼には上がった雨が再び降り始めた夜の原村、深叢寺。

標高1000mを遥かに超える集落の中にある桜並木、今年も満開を迎えました。

たっぷりとした花を付けた深叢寺の夜桜。夜になって少し冷え込んできました(2019.4.26)。

冷たい雨が降り、再びストーブに火を入れるGWが始まった週末。

雨が上がった日曜日の昼前、上空を眺めると空にプリズム色の虹が掛かっていました(ここだけスマホです)。

前日に降った雪で雪渓が浮かび上がる南アルプス、甲斐駒の上空に掛かる虹。この時期としては珍しい、冷え込んだ寒気が連れてきた空に残る氷が太陽の日射しを受けて輝く、環水平アークと呼ばれる虹が昼過ぎの空で輝いていました。

夕暮れ、西の空が染まり始めると空に光の柱が立ち上がってきました。

本来であれば、厳冬期の極めて限られた条件でしか見る事が出来ないサンピラー。水が張られた圃場の先で、光の柱が立ち上がりはじめました。

空と山里の渚を貫く光の柱。

赤々とした光の柱が夕暮れの空に浮かび上がります。

ピークを過ぎて、ゆっくりと暗くなるサンピラー。

紅色に染まった夕暮れもゆっくりと夜の帳へと沈んでいきます。

山里とはいえ、滅多に見る事は出来ないサンピラー。しかも4月の末という本来であれば見る事が叶わないタイミングで偶然に訪れた空の彩。

再び訪れた夜の深叢寺。

ライトアップされた光に散り始めた花びらが浮かびます。

少しずつ葉桜となってきた深叢の桜。

花びらを落として少し寂しくなってきた夜桜。寒気が残る中、日が暮れてぐっと冷え込んできた高原の夜。寒の戻りですが、一度進み始めた季節の歯車は足早に次のシーズンへと進んでいくようです(2019.4.28)。

空から雨が落ち始めてきた連休三日目の夕暮れ。界隈では最も遅く開花を迎える信濃境、田端森新田の鼎談桜。様子を見に行くと、左の桜は花を咲かせ始めているようです。足元に広がる圃場にも水が張られました。

南アルプスをバックに咲き始めた鼎談桜。

薄暗い空の下で可憐な白い花を開く鼎談桜。今夜から本格的な降雨が続くようですが、雨が上がる頃には満開の花を咲かせるでしょうか。

移ろう空が様々な彩を伝えてくれるこの春。長いお休みがまだまだ続く方も多いかと思いますが、どうか良い連休をお過ごしください。

春色の八ヶ岳山麓、夕暮れに田端の枝垂桜を(2019.4.16~20)

春の積雪に驚かされた先週。

再び春めいてきた八ヶ岳山麓、いよいよ桜のシーズン到来です。

鮮やかな雪渓を戴く甲斐駒を望む朝の桜並木(2019.4.16)

八ヶ岳を望む火の見櫓の脇で。春の日射しで八ヶ岳の雪渓はすっかり痩せてしまいました。

民家の脇に立つ満開の桜の木と鳳凰三山。穏やかな春爛漫の朝(2019.4.18)

穏やかな週末の夕暮れ。

いっぱいの花を付けた信濃境、田端の枝垂桜。

色濃く染まる田端の枝垂桜。

そろそろ農作業が始まる圃場を足元に見て。

青空の下に浮かぶ薄紅色。

江戸時代後期からこの地で花を咲かせ続けると云われる枝垂桜。今年もたくさんの花を付けています。

夕暮れの日射しを受けて、春霞に沈む甲斐駒を望んで。

夕日を浴びる田端の枝垂桜。

三色に染まると称される2本の桜とコブシの木が同時に花を咲かせる時。

夕暮れを迎えた田端の枝垂桜。

時折吹く風に枝垂桜の枝がゆっくりと揺れています。

夕暮れの八ヶ岳西麓。周囲の桜も次々と花を咲かせています(田端森新田の鼎談桜は他の桜より1~2週間開花は遅く、まだ蕾ですので、あしからず)。

穏やかな週末、ゆっくりと夕暮れが迫ってきます。

4月も後半となって、はるか北へと移った夕暮れの日射し。圃場を照らしながらゆっくりと沈んでいきます。

残照が空を照らし出す穏やかな夕暮れ。標高1000mを越える八ヶ岳の山懐も春の心地になってきました。

静かな日曜日の朝、雲が広がる前に。2019.4.21