厳寒の2月(2019.2.1~2.10)

雪の少ない暖冬が叫ばれる今シーズン。

諏訪湖は全面結氷に至らず、八ヶ岳山麓も殆ど雪が降らない日々が続いていましたが、それでも2月の初旬は最も冷え込むシーズン。

今シーズン初めての本格的な降雪となった後、新雪を纏った朝の八ヶ岳。

キンと冷え込んだ冷たい風が吹き抜ける白銀の圃場の向こうに山頂部分に雪煙を上げて聳える、正に八ヶ岳ブルーを感じさせる姿を魅せてくれました。

新雪に包まれた圃場の向こうに稜線を伸ばす、甲斐駒と鳳凰三山。

頬を刺し指先が切れる程の冷たい風すらも忘れさせる、清々しい冬の朝のワンシーン(2019.2.1)。

厳冬期らしい美しい雪原が広がるのはほんの一時、やはり暖冬なのでしょうか、翌日になると雨交じりの霙で里の雪はすっかり融けてしまい、夕暮れに照らされる八ヶ岳の雪渓も薄くなってしまいました(2019.2.2)。

2月に入ってからお天気が安定しなくなった、八ヶ岳山麓。

連夜の雪雲の通過で夜半に雪が舞った後の朝。山頂部分だけ新雪を被る八ヶ岳。麓はご覧の様に全く雪がありません(2019.2.8)。

連休中も安定しない天気が続く八ヶ岳界隈。空はどんよりですが、山の方では降雪が続いているようで、蓼科山と北横岳は真っ白な冬化粧を纏うようになってきました。

東京の方では雪が舞ったとの知らせを聞きながら、落ち着かない空を見上げて。厳冬から次のシーズンへ、そろそろ季節の移り変わる頃合いを感じさせる厳寒の山里です。どうか暖かくしてお過ごしください。

広告
年の瀬を越えて(2018.12.30~2019.1.2)

年の瀬を越えて(2018.12.30~2019.1.2)

遅れていた本格的な寒さがやってきて、年の瀬らしい冷え込みとなった年末。

今年はカレンダーの関係からゆったりした年の瀬を迎えました。

殆ど雪がない、南麓側の長坂町から望む夕暮れの八ヶ岳(2018.12.30)。

寒気がもたらした雲が抜けて午後になるとすっきりと晴れ渡った、大晦日の八ヶ岳西麓。

夕暮れを迎えた八ヶ岳。

すっかり葉を落とした落葉松林に包まれる山裾が夕日を浴びて赤銅色に染まります。

西日が落ちていく南アルプスの山並み。一つの年が巡ります(2018.12.31)。

元旦の朝、すっきりと晴れ渡った空の下に稜線を広げる甲斐駒。

雪が少ない今シーズンの八ヶ岳ですが、年末に訪れた寒波が東麓側の赤岳を雪山へと装わせてくれました(2019.1.1)。

実家への墓参から戻ってきた翌日の夕暮れ。

朝に舞った雪が路肩に吹き寄せられている小淵沢駅に立ち戻ると、雄大な八ヶ岳の夕景が迎えてくれます。

夕暮れの雲に照らされる甲斐駒の雪渓。小淵沢駅の屋上デッキからは、八ヶ岳と南アルプスの山並みの双方を眺める事が出来ます。

少し雪化粧をした夕暮れの八ヶ岳、日没を迎えて雪渓は淡い紅色に染まります。暮れていく新年二日目の空。

再びこの場所で、今年も歩みを続けていきます。

初冬の点描(2018.11.24)

初冬の点描(2018.11.24)

好天に恵まれた11月終盤の3連休。

八ヶ岳山麓の紅葉は既に終わり、季節は初冬へと進んでいきます。

既に山上の道路は冬季閉鎖、特に出掛ける予定もない土曜日の午後、お散歩がてらに撮った何枚かを。

すっかり葉を落とした落葉松林に囲まれる、奥蓼科、御射鹿池。

農閑期となるこの時期、農業用ため池としての役割も一休みで流れの少なくなる池の水は驚くほど澄んでいます。

穏やかな湖面の水面に映り込む、落葉した落葉松の木々。

湖面が凍結して雪で覆われる厳冬期を前にした、初冬の鏡像。

夕暮れの諏訪湖。

大きく南へと遷った初冬の夕日が、穏やかな湖面に差し込んできます。

暫く湖畔で佇んでいると、杖突峠の向こうに沈んだ夕日が雲を焦がし始め、真っ赤に染まる雲の羽を羽ばたかせ西の空へと飛び去っていきました。

日暮れを過ぎた後、所用を済ませて八ヶ岳の懐深く、原村の八ヶ岳美術館前を通ると、冬の一大イベント、星空のイルミネーションが始まっていました。

連休中日の土曜日、イベントが開催されていたようで、美術館の駐車場も周囲の路上も車が溢れ、普段は静かなこの場所もちょっと賑やかな夜を迎えていました。

午後7時を前にして気温は既に1℃を下回る、初冬らしい冷え込みとなった夜。地上より半月早い山の季節は、徐々に本格的な冬へと進んでいきます。

初冬を迎えた霧ヶ峰の午後(2018.11.23)

紅葉のシーズンも終わり、日に日に寒さが増してきた11月の後半。

氷点下まで冷え込んだ朝。周囲の木々が葉を落とす中、朝日を浴びて最後の輝きをみせる銀杏の紅葉(2018.11.21)。

漸くの冷え込みで、雪化粧を纏いはじめた八ヶ岳の峰々。

風は強いですがそれでも日差しは暖かく、気温7度とぽかぽか陽気に誘われて、少し山の方へ。

車山の肩、富士見台から望む雪化粧をした八ヶ岳の峰々。

落ち着いた色彩に包まれる、日差し溢れる初冬の午後。

蓼科山も北横岳も山頂付近は綺麗に雪化粧となりました。

少し湿り気の残る西の空。

雲の帯が上空を駆っていきます。

初冬の草原の向こうに延びる、南八ヶ岳の峰々。

ひんやりした風が吹き抜けていきます。

視界いっぱいに広がる霧ヶ峰の草原。

水平に山並みの上を伸びていく雲と、添うように西へと下っていく飛行機雲。

池のくるみを見下ろす台地の上から。日が傾き始めると、枯草が輝き出します。

日射しが西の空へと遠ざかっていく、夕暮れ時。

南アルプスの山々を飾る雪渓が夕日に輝き出します。

手前に見える雪煙は富士見パノラマスキー場の人工降雪でしょうか。

夕日を受けて柔らかな色合いに包まれる八ヶ岳の峰々。

夕暮れの空を駆け往く、雲の羽。

時刻は4:30、霧ヶ峰の向こうへと夕日が足早に立ち去っていきます。

一瞬、茜が射した霧ヶ峰の草原と柔らかな八ヶ岳の空。

霧ヶ峰の山裾側に廻り込むと、黄金色に輝く夕日が落葉松林の向こうに沈んでいきます。

西日がどっぷりと沈んだ後、桃色に染まる蓼科山。夕日が残した残照が雲を染める夕暮れ。里では暖かな日差しも、標高の高いこの場所では、日が沈むと気温は氷点下に。

季節の進みは少し遅れているようですが、それでも冬の足音は着実に近づいているようです。

 

秋色の八ヶ岳西麓から御射鹿池へ(2018.10.21)

10月も半ばになって、漸く秋らしい空模様がやって来た八ヶ岳山麓。

八ヶ岳山麓に広がる圃場の稲刈りもほぼ終わりに。

漸くの晴れ間、圃場に並ぶ稲穂のはざ掛けにとっても嬉しい日射し(2018.10.17)。

それでも天気が安定しない今年の秋。

夏の午後のような激しい夕立が過ぎた後、急激に冷え込んだ日曜日。

久方ぶりの雲一つない青空が広がりました。

最後の稲刈りが進む八ヶ岳西麓。

立沢大橋の向こうに望む八ヶ岳の西麓、西岳の裾野は中腹まで落葉松色に染まりはじめました。

八ヶ岳の懐深くにある、原村の八ヶ岳自然文化園、まるやち湖。

園内の紅葉も進んでいますが、落葉松の黄葉はまだ始まっていません。

午後の陽射しを浴びる奥蓼科、御射鹿池。

大変多くの観光客の方がいらっしゃっており、湖畔の遊歩道は大混雑。

少しずつ移動しながら。

午後3時、すっかり短くなった秋の日射し。湖面には既に影が落ち込んでいます。

青空と紅葉が映り込む湖面。

湖畔の白樺の黄葉は終わりかけ、広葉樹たちの紅葉はピークを迎えています。

周囲の山々に立ち並ぶ落葉松の黄葉はまだまばら。

今年は特に黄葉が遅い落葉松。湖畔が一面の黄金色に染まるまでには今暫く時間が必要なようです。

余りの人の多さに驚きながら、渓谷沿いの静かな森の中へ。

西日を浴びて輝き出す、秋色に足を止めます。

秋色に染まるモミジの紅葉。八ヶ岳の山中は紅葉真っ盛りです。

西日を浴びる八ヶ岳西麓。

雲一つない青空が夕方まで続きます。

夕暮れを迎え始めた八ヶ岳西麓。

西岳の裾野を彩る落葉松が輝き出す頃。

もう暫くすると、八ヶ岳西麓は裾野の街並みまで落葉松色に染め上げられます。

桃色に染まる八ヶ岳の空の向こうに十三夜の月が昇る夕暮れ。

日没を迎えるとぐっと冷え込んできた山麓。明日の朝は今朝よりさらに冷え込んで5℃を割り込む予報が出ています。

深まる秋、どうか暖かくしてお過ごしください。

沸き立つ雲の中、蓼科・大河原峠の秋(2018.10.7)

立て続けの台風の接近で、大荒れの天候が予想されたこの週末。

幸い、八ヶ岳周辺は進路から大きく外れたため、連休二日目となった日曜日は朝から陽射しに恵まれました。

陽射しには恵まれましたが、まるでカレンダーが巻き戻されてしまったかのような暑さとなりました。

それでも季節は秋、色が落ち始めた野辺山の牧草地の先に聳える八ヶ岳の山腹も紅葉が進んできています。

雲が多めながら、眩しいくらいの日差しが降り注ぐ野辺山の高原野菜畑。

今シーズン最後の植え付けとなる苗が連なる圃場の上空には、エナメルの青空が広がります。

秋空を泳ぐ雲たち。

台風の余波で強い風が吹く八ヶ岳周辺。

山裾を東側に廻り込むと、山の上からガスが降りてきました。

蓼科山の懐、大河原峠に上る蓼科スカイラインの脇で建設が進む、次世代の深宇宙探査を担う新しい宇宙通信アンテナ(この度、正式に「美笹深宇宙探査用地上局」と命名されました)。来年の完成に向けて、遂にパラボラアンテナ主鏡の取り付け作業が始まりました。はやぶさ2と仲間たちを地球から強力にサポートする直径64mの口径を誇る「うすだくん」こと、一つ谷向こうに位置する臼田深宇宙探査用地上局から役割を引き継ぐことになる新しいパラボラアンテナ。臼田や野辺山の64mを見慣れた目には10m小さくなった主鏡はフレーム構造に対して随分小振りに感じますが、その間のテクノロジーの進化はハンデをきっとカバーできるはず。最初の運用は厳冬期の2019年12月、はやぶさ2を無事地球まで連れて帰るための運用から試験投入される予定です。

更に蓼科スカイラインを登って、春日渓谷が望める場所へ。

周囲の木々は既に黄葉を迎えています。

山から下って来たガスが掛かる春日渓谷の黄葉。

雲が切れると、鮮やかな色合いを見せてくれます。

標高1800m強のこの場所。モミジも真っ赤に紅葉しています。

雲の切れ間から光が差し込む春日渓谷。

雲間に沈む紅葉の渓谷。雲に追い立てられるように再び移動します。

標高2093m。大河原峠まで登ってきました。

真っ白な雲に覆われる中、黄葉する木々が顔を覗かせています。

上空を雲に覆われた蓼科山の山頂。

全山を黄金色に染め上げる落葉松の黄葉は、まだ始まったばかりです。

暫く留まっていると、山裾を覆う雲が晴れてきました。

眩しい陽射しが戻り始めた蓼科山の山中。

山の天気は刻一刻と変わっていきます。

沸き立つ谷筋の雲が消えて、大河原峠、蓼科山の山頂がクリアに望めるようになりました。

峠を越えて茅野側に戻って来ると、降り注ぐ眩しい陽射し。

山裾の緑と、枯れた色を見せる山頂部のコントラストが付き始めた八ヶ岳の山並みに取り巻く雲たち。

晩夏のような暑さとなった日差し溢れる秋の日曜日。

圃場では刈り入れを待つ稲穂たちが鮮やかな黄金色に輝きます。

静かな秋の朝、御射鹿池(2018.10.4)

荒れた天気が繰り返し週末の天候になかなか恵まれない、今年の秋。

それでも山から秋は下ってきています。

夜明け前にふと目が覚めた10月初めの朝。眠気を少し払いながら何時もの場所に訪れてみます。

日の出の少し前に到着した、奥蓼科、御射鹿池。

薄暗い湖面に、色付き始めた木々がうっすらと映ります。

湖面にも木々にも光が差し込む前。フラットな湖面に沈む紅葉が始まった湖畔の木々。

明けて来る空に色を取り戻し始めた湖畔の木々達。

白樺の葉はすっかり黄色く色付き、ツタウルシの紅葉は既にピークを迎えています。

少しずつ明るくなる湖畔。木々が浮かび上がりはじめます。

穏やかな朝の湖畔。風はなくとも水面は緩やかに流れていきます。

空が明るくなり、湖畔が夜明けの色から朝の色に移り変わる頃。

今朝は曇り空。

落葉松の黄葉はまだまだですが、山の上の方でも紅葉が始まっています。

明るくなってきた空を眺めつつ、帰路に就きます。

八ヶ岳山麓の紅葉シーズンはまだ初旬、平日の夜明け前と言う事もあり、日が昇るまで湖畔は誰もおらず、光と水面の移り変わりに合わせて独りシャッターを切り続ける早朝。久しく忘れていた、この静かな場所に浸り込む感触を暫し思い出しながら。

Panasonic Lumix DMC-GM5 / Lumix G 42.5mm f1.7(最後の1枚だけ LEICA DG Summilux 15mm f1.7)

全てJPEG撮って出しです。