浅い春色の夕暮れ(2018.3.24)

浅い春色の夕暮れ(2018.3.24)

春分を過ぎて、里は春爛漫を迎えたようですが、ここ八ヶ岳南麓はまだ冬景色の中。

それでも、昼間の気温は10℃を越えるようになって、徐々に春らしい雰囲気になってきました。

コートを家に置いて出掛ける週末の午後。

まだ牧草地には雪が残る、標高1300mの八ヶ岳農業実践大学校。

真っ白に染まる八ヶ岳の主峰、赤岳をバックに、牛たちは元気いっぱいです(こちらに気が付いて、餌くれコールの叫びと共に、追い詰められる私…)。

少し雲が多めな週末の午後。

それでも、陽射しが八ヶ岳の上に入ると、雪渓が輝き出します。

浅い青空が覗く、雲が多めな空。

春らしい暖かさに包まれます。

5時を廻って日が暮れはじめると、空は徐々に色付き始めていきます。

すっかり山裾の雪が減った、富士見の街中から望む八ヶ岳。

遠くに望む仙丈ケ岳の雪渓も、ほのかな春色に色付き始めます。

八ヶ岳の南麓側に廻り込んでいくと、山裾は雲に覆われています。

まるで初夏を思わせるような沸き立つ雲が西日に照らされる夕暮れ。季節は確実に春へと歩みを進めています。

夕暮れの柔らかな空色に浮かび上がる南アルプスの山々。

圃場は耕耘がなされて、少しずつ春を迎える準備が進んでいます。

柔らかに色付く空と甲斐駒の雪渓。

複雑な雪渓が浮かび上がる鳳凰三山。陽射しの向きが山筋と揃うこのシーズンだけは、雪渓が桃色の夕日に染められます。

春分を越えてぐっと遅くなった、まだ浅い春の夕暮れに。

広告
藍の空、八ヶ岳ブルーの下で(2018.2.18)

藍の空、八ヶ岳ブルーの下で(2018.2.18)

春節を迎えた今週。

長くて寒い、八ヶ岳山麓の冬も漸く折り返し点。

寒さはまだまだ続きますが、冬の八ヶ岳が最も美しく映えるシーズンは、冷え込みが続くこの時期です。

ピークを迎えて藍色に染まる八ヶ岳ブルーの空の下、快晴になった日曜日にぐるっと一周です。

冷え込みが再び戻ってきた朝の八ヶ岳。中央線や中央道から眺められる方にとってはお馴染みの八ヶ岳を南側から望む冬の景色です。中央高速の八ヶ岳P.Aを見下ろす場所から。

粉雪に塗された八ヶ岳が美しく映えるのは、やはり朝の青空です(2018.2.14)。

午前中は八ヶ岳の東側、野辺山から清里の方向が順光になります。

東沢大橋の赤と雪を戴く八ヶ岳の前衛、権現岳のコラボレーションが楽しめます。

清里を越えて野辺山側まで廻り込むと、標高は1300mを越えてきます。

正面に主峰の赤岳と後方には横岳が望めるようになります。

高原地帯の牧場を抜けていくと、八ヶ岳を側面から一望できる場所に至ります。

冬の低い太陽が真上に上る頃、八ヶ岳の雪渓が八ヶ岳ブルーの空から浮かび上がります。

唯々、藍色の空が広がる下で、暫し風の音に身を委ねながら。

今年は降雪が多いのですが、一方で風も強く、地温も高いのでしょうか、広大な牧草地の所々に枯れた牧草が顔を覗かせています。

冬の低い太陽は、お昼を過ぎると急速に角度を低くします。

ぐっと海ノ口側に廻り込むと、傾き始めた陽射しが柔らかな表情を作り出します。

野辺山を離れて、八ヶ岳の裾野を北側を廻り込んでから、再び山懐に飛び込んでいきます。

西に傾いてきた日差しを受ける、蓼科牧場から眺める蓼科山。

昨日までの強い北風が収まって、穏やかな表情を見せてくれました。

3時を過ぎて日差しが西に傾いてきましたが、既に春節。まだ日差しが充分に残っています。

もう少し足を延ばしてみましょう。

大門峠を越えて八ヶ岳の西側に廻り込みます。

ビーナスラインから望む八ヶ岳のパノラマ。気温-9℃と地上に比べればぐっと冷え込んでいますが、風が穏やかなので寒くは感じません。

先ほどは足元から見上げていた蓼科山を今度は正面から。

標高1800mに迫る車山の肩にある、伊那丸富士見台からは、南北双方の八ヶ岳連峰の全てを俯瞰で望む事が出来ます。

そして、陽射しが西へと落ちてくると、空の色は藍色から柔らかな青へと移り変わっていきます。

夏のシーズンであればハイカーが昇るであろう車山の山頂へ至る小路も、今は小動物の足跡が残るばかり。

西日が低く山裾から照らし出すようになると、木が殆ど生えない車山の山裾が真っ白に染め上げられていきます。柔らかな夕暮れの青。

振り返ると、霧ヶ峰の向こう、西の空には既に次の雲たちがやって来ました。

5時近くなっても山の上は明るく、随分と夕暮れの訪れが遅くなってきた春節の夕暮れ。

厳冬の空を藍色に染める八ヶ岳ブルーが楽しめるのも、あと一ヶ月ばかりとなりました。

 

Frozen days1(厳冬の空色)2018.1.25~27

Frozen days1(厳冬の空色)2018.1.25~27

関東地方で久しぶりの本格的な降雪となり、記録的な最低気温となった今年の冬。

実は、八ヶ岳の山麓では雪はそれ程でもなく、寒さも例年とちょっと違うようです。

関東地方で大雪が降った後、厳しい冷え込みとなった朝ですが、強く冷たい風に冷やされているだけで、地面から忍び寄ってくる、痺れるような冷え込みとはちょっと異なるようです。

路面には凍結が無く、速やかな除雪のおかげもありドライなアスファルトの道を行き来出来る朝。西からの強い風に雲が煽られている八ヶ岳を望む圃場は、白い雪に覆われました(2018.1.25)

圃場を埋める雪も20cmを下回る程度と、それほどの積雪ではなく、落葉松に覆われる南アルプス麓の山々も、谷筋以外は黒々としています(2018.1.26)

強烈な風のせいで、気温は終日氷点下となりますが、肝心の諏訪湖の結氷はこの時点でも全面には至らず。陽射しが長くなる節分まで秒読み段階となって、地元の方も気を揉んでいます。

今シーズン一番の冷え込みとなった土曜日。

雪原に輝く八ヶ岳を望みに、野辺山まで足を延ばします。

凍てつく大地の向こうに、雄大な八ヶ岳の山並みが見えてきます。

午後の陽射しを浴びて輝く、八ヶ岳の主峰、赤岳。

午後1時の時点でも氷点下5℃と極寒の中、白銀に光る雪渓に暫し、見惚れてしまいます。

西に傾く日差しを追って八ヶ岳の西麓側に。

西側から望む南八ヶ岳の赤岳と横岳。西日に照らされると少し暖かな感じのする雪化粧です。

同じく北八ヶ岳の蓼科山と北横岳。

アイスクリームのように粉雪が降りかけられた北八ヶ岳の山々を眺めるのは、このシーズンのちょっとしたお楽しみです。

暫し待っていると、春節を前に随分長くなってきた西日が陰り始めてきます。

雪化粧を施された八ヶ岳の山々は、刻一刻と色を変えていきます。

山裾の落葉松林と雪渓がそれぞれの色に染まっていきます。

桃色に染まり始めた北八ヶ岳。

入笠山辺りから漸く杖突峠の近くまで戻ってきた夕日が沈んだ直後、八ヶ岳の雪渓は柔らかな桃色に染まります。

陽射しが完全に落ち切った後、僅かに残った夕暮れの残滓が、八ヶ岳のバックをほのかに染めていきます。

終日氷点下の真冬日となると、家から出掛けるのも億劫になりますが、そんな心を慰めてくれる、この時期にしか観れない山々の色。

雪が少なくてもぐっと冷え込むのは、八ヶ岳山麓ならではの風物詩。御神渡、今年は観られるでしょうか。

暖かな新年の午後・霧ヶ峰(2018.1.7)

暖かな新年の午後・霧ヶ峰(2018.1.7)

寒かった年末年始。

外に出るのが億劫になるほどの強い風が吹く日々が過ぎて、漸く落ち着いた天気となった最初の日曜日。

穏やかに晴れた午後に、空を眺めながら。

八ヶ岳を正面に望む圃場では、どんど焼きの準備が進んでいます。

ちょっとユーモラスな達磨のアーチが八ヶ岳を飾っているかのようです。

連日冷え込んでいる八ヶ岳の南麓側、例年より雪が少なめです。

一気に標高を上げて、霧ヶ峰に向かいます。

 

北アルプスの山々を一望する、車山肩の富士見台からの眺め。

振り返って、蓼科山から南八ヶ岳へのパノラマを望みます。

霧ヶ峰も雪は少なく、トレッキングシューズで歩けるほどです。

八ヶ岳から釜無川/宮川の谷筋を越えて、南アルプス方向。

正面を西に向かう飛行機雲が横切っていきます。

雲間からの柔らかい冬の日射しが雪上を照らします。

雲海の向こうに、中央アルプスの山並みが連なります。

刻々と変わる雲の姿と冬の日射しを暫し追いながら。

陽射しは徐々に西の空に傾いていきます。

ぐるりと西側に廻り込んで、霧ヶ峰、池のくるみへ。

遠く望む八ヶ岳上空の雲が綾なす空。

雪原の上をたなびく雲が舞い踊ります。

八ヶ岳の西麓もやはり雪は少な目です。

穏やかで柔らかな冬の夕暮れ。

標高1700~1800m に位置するこの場所でも気温0度と暖かな一日。

明日は少し荒れ模様の天気となりそうです。

 

 

年の瀬の点描(2017.12.25~30)

年の瀬の日々。

流れ続ける時間から云えば、区切りなどというものはないのですが、それでも人それぞれに想いを馳せる時期が巡ってきました。

クリスマスの朝。寒波が流れ込む南アルプス上空は雪雲に覆われています。

沸き立つ雲の下に真っ白に染まった甲斐駒が顔を覗かせています。

朝の日射しを受けながら雪煙を上げる鳳凰三山。

この冬は風が強く寒い日が続きます。

漸く雪雲が晴れてきた朝。

グンと冷え込んだ朝の空は、クリアーな冬の碧空へと変わっていきます。

冷え込むほどに雪が少なくなるのが、八ヶ岳南麓の特徴。今年は漸く例年並みの冷え込みの中で年の瀬を迎えそうです(12/28)。

強い風が吹き続けていた年の瀬ですが、漸く風が止んで穏やかな日差しとなった晦日の土曜日。

少し長くなり始めた日没を迎えた夕暮れ。柔らかな雲たちが羽を伸ばす空の下に、ゆっくりと日差しが沈んでいきます。

夕日を受けて桃色に染まる八ヶ岳の峰々。

間もなく満月を迎える厳冬の月が高く上っていきます。

僅かに紅を注した雲が、塩嶺へと沈む夕日を追って、峰々の上に伸びていきます。

明日は大晦日。

皆様にとって、良い年でありますように。

 

冬至が明けた夕暮れに(2017.12.23)

昨日は冬至。一年で一番日射しが短い日です。

例年以上に冷え込んでいる12月、でも冬至を越えた今日は上着が要らないくらい、少し暖かな夕暮れとなりました。

西日が足早に南アルプスの向こうに沈む頃、甲斐駒の上空から、羽のような雲が舞い上がってきました。

大きく空を渦巻く様に流れ込む夕暮れの雲。遠く富士山の上空にまで掛かっています。

山の向こうに落ちる短い陽射しを追って、三日月も西へと沈んでいきます。

甲斐駒から羽を広げるように伸びる雲が、碧い色を落としていく夕暮れの空に広がっていきます。

どっぷりと杖突峠の向こうに沈んだ陽射しが残す、冬空の残照。

足元に広がる諏訪盆地の街並みに、明かりが灯りはじめます。

赤く染まる夕暮れの空。クリスマスを控えた週末の夕暮れ、街を往く人々は、足早に家路へと向かいます。

暖かいとはいえ、標高1000mを越える圃場は日が沈むとすぐに氷点下に。

明日の晩は、ホワイトクリスマスを予感させる降雪の予報が出ています。

 

穏やかな初冬の午後に、奥蓼科・御射鹿池(2017.12.3)

少し風が強めながらも穏やかな天候が続く12月初めの週末。

取り立てて予定が無い午後、FMの受信状態の良くなる(杖突峠が中継局)八ヶ岳の西麓へ向けて車を走らせつつ山下達郎のラジオ特番→サンソン聴きながら、ふらりといつもの場所に立ち寄ります。

午後の優しい日差しを受ける、奥蓼科、御射鹿池。

普通、意気込んで来る場所なのかもしれませんが、殆ど地元のような場所なので…。

冬場になると、お天気が良くても湖畔を歩く観光客の方もほんの数人。華やかさは無いですが、静かで穏やかな、一年で一番良いシーズンかもしれません。

温泉由来ともいわれる、酸性の強い水が生み出す湖面の色は、酸性を好む苔の活動が低下するこの時期にはエメラルドグリーンに染まります。

御射鹿池の名物である、湖面への木々の映り込みは薄くなりますが、すっかり落葉した落葉松の木々とのコントラストも、また素敵なシーンです。

深い緑に染まる湖面に、湖畔の落葉松を添えて。

12月に入ると山の日暮れは早く、3時を前にして既に湖面は暗く沈み始めています。

本格的な冬が到来する前の、暖かな午後の一ページ。